京王杯2歳ステークスの予想

      2017/11/11

G2のトロフィー

本日も都合により手短にG2京王杯2歳ステークス2017の予想をお伝えします。

このレースは東京芝1400メートルを舞台に繰り広げられる、2歳若駒たちのスピード性能を競い合う注目の一戦!

◎エントシャイデン
デビューは新潟マイル戦。スタートが悪かったが二の脚で中団につけ、4コーナー外を回ってラストプリマドンナとの追い比べを制した。
直線の攻防では差し返す根性もあったが鋭いキレ味に目を奪われた。
今回の課題はスタートと府中の坂をこなせるかどうか。
初戦の走りからまだ完成途上の段階に見えたがスローのキレ味勝負なら。

○タワーオブロンドン
ここまで3戦3連対で、ルメールが『次のロードカナロアです』と絶賛するほど惚れ込んだ逸材。
この馬もスタートに課題を抱え、今回初めての左回り、乾いたパンパン馬場での速い上がりに対応できるかどうかがカギ。
ただし、ききょうSで見せた瞬発力はなかなかの威力。
仕掛けが遅れて脚を余らさなければ。

てなわけで、馬券のヒモは無理に印つけませんし絞ったりもしません。

上記の本命・対抗馬を三連複の2頭軸として相手は全馬にながしてみます。

【3連複2頭軸総ながし】
1 ⇒ 9 ⇒ 残り全頭
(合計9点)


結果:◎エントシャイデン7着 ○タワーオブロンドン1着
三連複1‐6‐8 ハズレ

 - 競馬予想, 重賞
 -