【アイビスサマーダッシュ2016予想オッズ】ネロはベスト条件

      2017/06/26

今日は7月31日(日)に開催されますアイビスサマーダッシュの予想オッズから人気所の見解をわたくしのオリジナル目線で書いていきたいと思います。そして最後に馬券の収支を上げる穴馬も紹介させていただきますので是非お見逃しなくー!

さあ今週から待ちに待った新潟競馬が始まりますね!新潟と言えばまず初めに何を想像されますか?コシヒカリ?上杉謙信?日本文理?
わたくしはアイビスSDが一番最初に出てきましたー笑。
何故かというと日本にひとつしかない直線コースで行われるレースですからインパクトがマックスなのでございます!そういうことで本日は究極のスピードを競い合う直線競馬をハリキッテ占って参りましょう!

スポンサーリンク


現在のオッズ

現時点(7/27)の予想オッズはこのようになっています。

ベルカント 55 Mデムーロ 2.3
ネロ 56 内田博 3.1
プリンセスムーン 54 北村友 4.2
アットウィル 56 蛯名 11.1
アースソニック 56 石橋脩 13.2
ハッシュ 54 蛯名 19.5
ローズミラクル 56 吉田隼 20.7
マイネルエテルネル 56 柴田大 37.4
フレイムヘイロー 56 木幡巧 52.1
ヤマニンプチガトー 54 村田 60.1
ブライトチェリー 54 杉原 91.9
サトノデプロマット 56 柴田善 106.3
メランコリア 54 ○○ 181.9
ヤサカオディール 54 的場勇 259.4
ファンデルワールス 56 西田 272.9
コパノリスボン 53 ○○ 309.9
アスコットシチー 56 ○○ 348.3
サンクタリリアス 54 江田照 425.2

フルゲートは18頭なので登録馬はみんな出走できます。なお、ハッシュは31日の佐世保S、アスコットシチーは8月21日のNST賞、コパノリスボンは自己条件へ向かうことになりました。また詳しい情報が入りしだいお知らせいたします。

さて、予想オッズの1番人気は連覇を狙う快速娘ベルカントです。それに続くのが栗東坂路の申し子ネロ、現役屈指の千直巧者プリンセスムーン、久々に重賞の舞台で勇姿を披露するアットウィル、当レース2年連続3着のアースソニックとなっております。今日はこの5頭をピックアップしてお送りいたします!

人気馬の見解

それではアイビスサマーダッシュの予想オッズから人気どころの見解をコンパクトにまとめてみますので最後まで読んで頂けたらと思います。

ベルカント

サクラバクシンオー産駒のベルカント。ドバイ遠征明けの前走CBC賞は好ダッシュを決めると後続を引き付けるようにスローに落としたペースで逃げました。直線も内ラチ沿いでしぶとく粘っていたのですがゴール前で脚色が鈍り3着となってしまいました。

この馬は右にモタれる癖があるので左回りの中京コースは決して信頼しづらい状況だったと思います。実際2014年は1番人気に支持されたのですがコーナーワークがぎこちなく5着に敗れましたからね。今回もコーナリングが怪しく多少のロスがありましたが何とか地力を示して3着を確保しました。

ベルカントの好走パターンは比較的ラチに近い枠に入ったときです。ラチというのはコースの両端にある柵のことでございますが、前回の4枠5番はギリギリの範囲でした。去年勝利したアイビスサマーダッシュも外ラチ沿いの8枠でしたので、取捨てのポイントはできるだけラチに近い枠に入れるかどうかの枠順にかかっていると思います。

今年は連覇を狙うわけですが、やっぱスタートダッシュが速いので絶好のポジションを取れるのは有利だと思います。斤量面に関しても去年の54kgから55kgと1kg増えただけなので問題ないでしょう。あとは直線競馬なので外寄りの7,8枠に入りたいところです。

ネロ

ヨハネスブルグ産駒のネロ。前走の韋駄天Sは好位で流れに乗りラストも脚を使っていたのですが、外からプリンセスムーンの抜け出しを食らい2着までの競馬となってしまいました。ただ勝った馬のハンデは53kgに対し、こちらはトップハンデの57.5kgを背負っていましたのでそのぶんの差も若干あったかもしれません。

ネロといえば栗東坂路で猛時計を弾きだす快速馬ですよね!今回も調教が非常に気になるところですが、本日(7/27)行われた最終追い切りは4ハロン59.4-14.7と馬なりで軽めの調整にとどめています。雨の影響で馬場が悪かったですし、先週の日曜日に4ハロン48秒2の猛時計を叩き出しているので状態としては悪くないと思います。最終追いは新潟への輸送がありますので無理して好時計を出す必要はなくサラッと流す感じで十分です。好仕上がりと見てよろしいでしょう。

訂正:すみません、ネロの最終追い切りは7/28に栗東坂路で行われ4F 50.5 - 12.1秒(馬なり)でした。

今回のアイビスSDは初めての出走となりますが、新潟の千直は過去4戦して【2-2-0-0】とすべて連対している相性のいい舞台です。スピードの持続力が持ち味で小脚が使えるぶんこういったレースが合うのでしょうね。千二の重賞ではワンパンチが足りないところがありますが、得意の直線競馬なら自慢の先行力でどこまで食らい付くのか注目です。

プリンセスムーン

アドマイヤムーン産駒のプリンセスムーン。昇級戦となった前走の韋駄天Sは序盤中団あたりから進めて、ラストの平坦地点に突入すると馬郡を縫うように伸びてきて前を行くネロを捕らえて突き放したレースでした。これで新潟千直は【3-2-0-0】と、まだ底を見せておらず驚異的な適性を示しております。

前回のレースはハンデの恩恵があったにしろ余裕な勝ち方に見えました。今回は54kgということで前回から1kg重くなっただけですから大して響かないでしょうね。あとはスタートで遅れるところがあるので不安はそこだけだと思います。馬郡に包まれてでゴチャつきさえなければ今の勢いを武器にしっかり伸びてくるのではないでしょうか。データ的に見ても軽量の牝馬が強いレースなのでチャンスがあると思います。

アットウィル

アドマイヤムーン産駒のアットウィル。昇級戦となった前走のバーデンバーデンカップは好ダッシュから好位の外を追走。直線は一瞬早め抜け出しの勝ちパターンかと思われましたが伸びが甘く4着に敗れたレースでした。近走は1600万クラスでくすぶっていたのですが、7戦連続3着内という安定感を買われて今回1番人気に支持されたわけだと思います。しかし最後の粘りが見られなかったですね…。まあ敗因を挙げるとすれば、大外枠でしたし道中も外々を走らされましたからラストはそのぶん疲れちゃいましたかね。

今回は2013年のNHKマイルカップ(15着)以来の重賞でございます。直線競馬はこれが初めてとなりますが、スタートのダッシュ力がありますので絶好のポジションを取れる強みがあります。それと、前走後に蛯名騎手が『極端な競馬をした方がいい』とコメントされておりましたのでちょっと不気味ですね。

極端な競馬とは前ポツンをするのか後ろポツンをする気なのでしょうか?まあどんな戦略を練っているのか関係者になってみないと分かりませんけども、もしかしたら抜群の適性を見い出す可能性もあります。現役屈指の千直巧者プリンセスムーンとお父さんが同じですしね!ここは未知の魅力に託すしかないでしょう。

アースソニック

クロフネ産駒のアースソニック。前走の函館スプリントSは9着に敗れたわけですが、道中は内に潜り込めず中団の外を回され続けたのが敗因でしょう。それに開幕週でレコード決着となり先行した馬が優位の状況でしたからね。見せ場はありませんでしたが今後に響くような絶望的な負け方ではなかったので改めて見直したいところです。

なにしろアイビスサマーダッシュは2年連続で3着に突っ込んできておりますし、新潟の千直は過去4戦【0-0-4-0】と、すべて3着にすべりこんでいる勝負強さは見逃せません。そういったことからも巻き返しの起爆剤があるので、高校野球のように3年連続3回目の出場となる今回もスムーズな追い出しが利くようなら出番があるのではないかと思います。

【まとめ】要注意馬と穴馬

いかがだったでしょうか?現時点の予想オッズから人気順に自分なりの見解を書かせていただきました。まあビッシュ(フローラSの◎)がオークスで3着に巻き返したあたりから気付いてしまったのですが、前回わたくしが本命にして着外に凡走した馬が次回で巻き返すパターンが非常に目立ちます。直近ではアルバートドック(エプソムCの◎)と、ダコール(新潟大賞典の◎)が七夕賞でワンツーを決めました。函館記念ではケイティープライド(巴賞の◎)が2着に来ました。

と言うことは、函館スプリントステークスを本命軸馬で勝負したのがアースソニックでしたので後は皆さんもうお分かりですよね!要注意ですよ!

また巡って来たこの波に乗るか乗らないかはあなた次第でございますが、馬券の収支を上げるためにも必ず相手に押さえておきたいのが人気薄の馬です!
最後にアイビスサマーダッシュの穴馬を紹介させていただきます。

それはこの馬です。B ⇒ サンクタリリアス

※7/29追記:自己条件へ向かうのか分かりませんが出走を回避しております(*´ω`)

Bは格下でありますけど直線競馬では差のないレースができています。スタートが速くないので後方からの競馬になると思いますが毎回ジリジリとしぶとく来ています。それに馬込みを躊躇しない強いハートが持ち味だと思いますので、ゴール前が混戦になるようでしたらチャンスがあるなと感じましたので今回紹介させていただきました。

このレースは特殊な舞台なので、格下の身でもボルテージが最高潮に達したときの食い込みに注意したいです。

以上、アイビスサマーダッシュ予想オッズでした。
どうもありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - レース展望
 -