【アルゼンチン共和国杯2017予想】穴馬はマイネルサージュ!

      2017/11/11

アルゼンチンの国旗

11/5(日)東京競馬場で行われますG2アルゼンチン共和国杯2017の予想をお届けします。

日本とアルゼンチンのフレンドシップデー!
府中の芝2500メートルを舞台に繰り広げられるハンデキャップマッチですね。

荒れるハンデ戦ですけれど、ジャパンCや有馬記念を見据えて挑んでくる有力馬のがっぷりよつ競馬がさく裂するレースだけに人気薄の台頭はあるのでしょうか!?

そこで馬券的ハッピーゾーンに食い込んでおかしくない穴馬を見つけたので皆様にもご紹介したいと思います。

ズバリ言うわよ!

らったったー♪マイネルサージュいかがでしょうか?

ぶっちゃけ気持ちに対する折り合いのつけ方が難しいタイプでありますけど、馬名のサージュは賢人くん。果たして、あのイケメン俳優も注目する私が下したアルゼンチン共和国杯の予想とはいったい!?

予想確定

東京芝2500m

舞台となります東京芝2500メートルに関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

※ Bコース(内から3m外に柵を設置)を使用します。

それでは本日もよろしくお願いします。小さなリスクで大きく儲けるアルゼンチン共和国杯の予想はこうなりました!

マイネルサージュ

スタート次第ですけど先行できれば残り目も十分な マイネルサージュ を本命にしました。今の若干時計のかかる馬場もこの馬には合っている感じで、前走(オールカマー)が大きな不利を食らった消化不良のレースになっただけに穴の匂いがぷんぷん漂う。

東京コースは【2‐1‐0‐2】と悪くなく、去年の今ごろなんか条件の身だったけど充実した走りを見せていましたからね。

ま、春に行われた 日経賞(8着)のときもマイネルサージュを穴馬で推奨しましたけれども、高い持続性能を持っている馬で追っていい脚を長く使える

ただ、折り合い難があるだけにチグハグな競馬を強いられちゃうのは事実で、今回もどうなるのか分かりませんけど気分よく走れた場合は一発穴をあけても不思議はない。広いコースの長距離戦なので内枠の恩恵もあるはず。

現在12人気。もはやこれは究極のギャンブルですけども、久々に能力全開なところを期待してみたい。

 

アルバート

相手はトップハンデとなる58.5キロを背負うG2・G3長距離戦の鬼アルバートで仕方ない。ま、斤量に関しては許容範囲だと思いますし、短距離戦ではないので良馬場ならそれほど響かないと思います。去年2着の舞台ですし。

唯一の不安点は陣営の『急仕上げ』コメントと、鞍上のシュタルケ騎手が余計なことしないかぐらいでしょう。

まぁ、前走 オールカマー(7着)のときでも三連複の軸で狙ったわけですが、この馬もマイネルサージュと同じように4コーナー勝負どころで外に大きく振られた不利が痛かったですね。ゴチャゴチャすることが多い中山コースの4角はいつもヒヤヒヤさせられるんですよ。

そういったことからも前回の敗戦は度外視可能。府中の芝コースは【4‐1‐2‐3】と、10戦して3つしか連を外してない得意の距離。

キタサンブラックが勝った今年のG1天皇賞春でも5着に入ったように長距離戦では欠かせない存在。

前回のうっぷんを晴らすようなキレッキレの末脚で突っ込んでくるとみています。

 

買い目

ということで、本命穴馬は②マイネルサージュ、相手は長距離砲⑪アルバートですけど、連下は無理に印つけませんし絞ったりもしません。

【3連複2頭軸総ながし】
2 ⇒ 11 ⇒ 残り全頭
(合計14点)


結果:◎マイネルサージュ11着 ○アルバート4着
三連複1‐4‐7 ハズレ

三連複2頭軸の相手は総流しでいきます!
注目のスターホース養成レース。発走時刻は15時35分です。

以上、アルゼンチン共和国杯2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 - 競馬予想, 重賞
 -