有馬記念2018儲ける買い方!

クリスマスツリー

早速ですけど有馬記念の最終コーナー手前からの展開予想をオリジナル目線で妄想していきます。

最後の直線が短いので逃げるキセキレイデオロが早めに捕らえにいきます。

もちろんオジュウチョウサンクリンチャーも前に取り付いていこうとしますけれど、

スピードが若干足りないので途中からついて行けなくなるでしょう(ピーカンでパンパンの良馬場ならね)

ここで現在(12/18)の予想オッズ上位陣の顔ぶれをチェックしていただきたいです。

有馬記念2018予想オッズ
人気馬名騎手オッズ
1レイデオロルメール2.2
2キセキ川田4.0
3シュヴァルグランボウマン8.2
4モズカッチャンMデムーロ8.7
5ブラストワンピース池添11.3
6ミッキーロケットマーフィー15.0
7オジュウチョウサン武豊15.2
8サトノダイヤモンドアブドゥラ20.8

直線はキセキ・レイデオロ両馬がっぷりよつからの叩き合い。

この2頭のマッチレースでゴールを迎えるのではないかと思います。

あとは3着争い(もしくは2着)の攻防がレースの焦点となってきますね。

もうここら辺はジョッキーの腕の差が出ると思うんですよ…。

ということでワタスが注目する伏兵馬!

シュヴァルグラン
モズカッチャン
ミッキーロケット
サトノダイヤモンド

上記の馬をどう絡めてメリークリスマス!に持ち込むか?

2500メートルの戦いですからコースロスなく走れる内枠がメチャクチャ有利です。

そういったことからも、まず枠順が決まってから考えてみてもイイでしょう!

つまり、有馬記念で儲ける買い方に関してこのレースに限り3連複じゃあ夢がないので

3連単の少点数買いが有効なのかもしれません。

まあレース当日までじっくり考えて行きたいと思っちょります!

で、次は買わなくていいと思う馬を挙げて参りましょうか。

有馬記念2018こない馬

ここからは自分的には頑張ってほしいのだけど、馬券圏内に入ってこないだろうなとみた馬たちをピックアップしてみました。

皆さまにとっては余計な買い目が省けると思いますし!

ただし、雨が降ったりして重~不良馬場で行われるようなら来ちゃう可能性もあるので、レース当日の天候と馬場状態には注意しておいてね。

オジュウチョウサン

雨の極悪馬場で漁夫の利がないかぎり厳しいでしょう。

だけど、JRAからすると思いっきし人気商品ですからね。

どうせ枠順1枠か2枠に入るよう仕立てちゃうんでしょ?

レース当日は馬場造園課によるメチャクチャ時計が掛かる仕様にしちゃうんでしょ?

とは言っても、連勝街道に土がついてほしくない気持ちがありますし、
この馬はホンマによく頑張ってきたので頭が下がる思いで一杯です!

ただ、1000万クラスの条件戦ながらG1ばりの盛り上がりを見せた南武特別。

その陰でゴール入線後に下馬していたタケルラムセス。

あとで知ったのですが、
まさか斃死だったとは悲しすぎます・・・

スマートレイアー

真っ白でかわいい牝馬なんですけども、
もういくつ寝ると9歳という年齢に加えて今年はいいところがなかったですからね。
馬券圏内は厳しいでしょう。

ベイビーステップ

前走(1000万下)は前々で運ぶも勝負どころでマクりが入り、抵抗できなかったのが残念なところ。

けっこうな格下の身ですし、この経験を今後に生かせればでしょう!

まあ出走できるのか分かりませんけど…。

プラチナムバレット

前走ハナを奪って楽なペースで逃げてた割には4コーナーを迎える前からズルズルと下がっていっちゃいました。

メンタル面の問題もありそうで苦しいでしょうし、スマートレイアーとのきょうだい対決というかグランプリでのツーショットを見てみたいですね!

ハッピーグリン

前走ジャパンC(7着)は思ってた以上に頑張りました。
ただ、反動もあると思うのでね。

今回もまた善戦できれば御の字といったところでしょう!

サクラアンプルール

一瞬のキレ味が武器で、
去年の有馬の直線の不利や
日経賞3着などが相重なっていかにも穴っぽく見えますけれども、
パンパンの良馬場なら1円もいらないでしょう。

激走条件は内枠に入り渋った馬場なら。

リッジマン

マラソンレース3,600メートルを走ったあとでの中2週ケイバですからさすがにキツイでしょう。

ま、重賞ウイナーということで
地力でどうにかなるのかもしれませんけど、底は見せちゃっていますからね…。

それに、馬券圏内に入ってくるほどのスピード能力が足りないのでは?とみています。

マカヒキ

闘争心が消えてしまったのと、
以前のクラシックを賑わせていた当時のキレ味が戻ってきません。

頑張っても掲示板までだと思います。

パフォーマプロミス

前走アルゼンチン共和国杯は楽な展開をモノにしたけれど、
次戦に向けて反動が残るような勝利にみえました。

今回はCデムーロが騎乗しますけれど、ここではいらないとみています。

ミッキースワロー

ジャパンカップ5着も終い勝負にかけて上がってこれた内容で、
G1ホースが相手ではワンパンチ足らないのが現状です。

もう少しガツン!とくるようなね、
末脚の持続力を操り出せるよう成長を待ちたいです。

そのため渋った馬場ならチャンスがあるかもしれません!

ということで、最後に現時点の穴馬を発表いたします。

有馬記念2018枠順&展開次第の穴馬

まず内寄りの枠に入り、ペース次第では激走の可能性が残されている3頭をざっと挙げておきます。

クリンチャーはスタミナ消耗戦になれば。

サウンズオブアースもそうですが、こちらはさすがに厳しいかな…。

ブラストワンピースは1600~2000mの馬。スローの上がり勝負ならば。

まとめ

てなわけで、12.23に行われるグランプリレース有馬記念。

ワタス的には良馬場ならくる馬・こない馬がハッキリしているので、
儲けを出すなら三連複より三連単かなと思っています。

それも少ない点数でね。

今のところの要注意馬は以下の2頭。

モズカッチャン

ミッキーロケット

このどちらか1頭がレイデオロ&キセキに割って入ってくるとみています!

暮れの大一番。
腹くくってビシッと仕留めましょうか!

以上、有馬記念2018の儲け方でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

天候:曇 芝:稍重 3連複:4,910円
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着4枠8番ブラストワンピース(牡3)55kg池添2:32.23人気
2着6枠12番レイデオロ(牡4)57kgルメール2:32.2クビ1人気
3着8枠15番シュヴァルグラン(牡6)57kgボウマン2:32.41 1/49人気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です