カペラステークス2017の予想

   

G3のトロフィー

都合により手短にG3カペラステークス2017の予想をお伝えします。

このレースは競馬の達人がこよなく愛する中山ダートの1200メートルを舞台に行われます。

◎ドラゴンゲート
速いペースで逃げて直線も二枚腰が利くスピードスター。2走前のNST賞では休み明けのブルミラコロを完封している。
前走の室町Sは3番手追走から伸び切れず凡走(7着)してしまったが、菊花賞前日の田んぼ馬場で度外視できる。
もちろん良馬場ならスピード負けはしないと思うけど、『中山は好相性だが、さすがに重賞では相手が強い』と陣営の低姿勢なコメントがちと気になるところか…

○ブルドッグボス
浦和に移籍して4戦すべて3着内の堅実派。前走JBCスプリント(G1)は、後ろからの競馬になってしまったが僅差の3着に突っ込んできていた。
去年の千葉Sは脚抜きのいい馬場ではあったが1分9秒5のタイムで優勝している。
鞍上はカペラSを2連覇しているウチパク。調教師も『おとなし過ぎた夏場に比べて気合の入り方も違います』と、中身に関して申し分なしと言えそうだ。

てなわけで、馬券のヒモは無理に印つけませんし絞ったりもしません。

上記の⑩ドラゴンゲート⑧ブルドッグボスを三連複の2頭軸として相手は全馬に流してイッてみます!

【3連複2頭軸総ながし】
8 ⇒ 10 ⇒ 残り全頭
(合計14点)

≪結果≫
本命⑩ドラゴンゲート 4着(11番人気)
対抗⑧ブルドッグボス 3着(2番人気)
三連複:⑧‐⑮‐⑯ ハズレ

 - 競馬予想, 重賞
 -