【中京記念2016予想オッズ】今が旬の注目馬と穴馬も紹介!

      2017/07/02

本日は中京記念の予想オッズから人気所の見解をやって、記事の最後では注目馬と穴馬をお届けしたいと思います。

このレースはサマーマイルシリーズの一発目とあって今後のシリーズチャンピオンを占う意味でも非常に重要で興味深い重賞競走でございます。

しかし、過去の傾向からもハンデ戦らしく人気馬への過信は禁物と言っていいくらい飛びまくっています。本日もわたくしのオリジナル目線で、実際に危険な人気馬が存在するのかじっくりと検証してみます。梅雨が明けて暑い日が続きますが今日も張り切って参りましょう!

現在のオッズ

まずは現時点(7/20)の予想オッズはこのようになっています。

ダッシングブレイズ 56 ルメール 3.2
トウショウドラフタ 54 田辺 5.0
タガノエスプレッソ 55 Mデムーロ 7.1
ダノンリバティ 56 武豊 7.5
ピークトラム 56 小牧 8.0
ケントオー 56 和田 8.0
ガリバルディ 55 福永 12.7
マイネルアウラート 56 松山 15.6
スマートオリオン 57.5 武幸 20.8
アルマディヴァン 53 幸 29.0
ダローネガ 55 藤岡康 45.9
タガノエトワール 53 酒井 53.8
ダンスアミーガ 53 デュプレシス 65.7
カレンケカリーナ 53 鮫島駿 81.9
ウインガニオン 52 高倉 96.5
カオスモス 56 松若 110.4
ワキノブレイブ 56 ホワイト 133.9
サカジロロイヤル 54 国分優 677.1

なお18頭が登録していますがフルゲートは16頭です。獲得賞金下位のカオスモスウインガニオンの2頭は除外候補となっております。

予想オッズ1番人気は、本来ならばイエスタカスという馬名だったかもしれないダッシングブレイズです。それに続くのが千四のG1新設を切に願うトウショウドラフタ、呪縛から解放されたタガノエスプレッソ、芝ダート二刀流のダノンリバティ、混戦に強いピークトラム、道悪巧者のケントオーです。今日はこの6頭をピックアップしてお送りいたします!

人気馬の見解

それでは中京記念の予想オッズから人気どころの見解を、毎日忙しすぎるあなたのためにも2分でわかるように書いていきますので最後まで読んで頂けたらと思います。

ダッシングブレイズ

キトゥンズジョイ産駒でアメリカ生まれのダッシングブレイズ。前走の京王杯SC(4着)は大外枠だったことから道中は外々を走らされたことと、勝負所はモタつき気味でなかなかエンジンが始動してくれなかったことが敗因。手綱を取った浜中騎手も大ケガから復帰したばかりのレースで慎重な騎乗が目についたが、ゴール前はしっかり伸びてきていたので今回につながる競馬はできていたと思う。

まあいろいろお騒がせな馬ではあるが持ち味は何ともいっても柔らかなフォームから繰り出されるキレッキレの末脚。中京のマイル戦は過去に2戦して2着が2回ある。ただスローペースからの決め手勝負を得意としているだけに、前傾ラップの多いこのレースで脚をためることができるかポイントになりそう。

トウショウドラフタ

アンライバルド産駒のトウショウドラフタ。前走のNHKマイルカップは道中後方のインでロスなく立ち回り、直線は馬郡の中を縫うようにして伸びてきたが5着まで。ただ最後は展開が向いての追い上げなので、千六の距離は若干長いこの馬にとって直線勝負にかける着拾いの競馬だった。

マイル戦は過去3戦して【0-0-0-3】と、まだ3着内がなく今回も厳しいレースになりそう。ただ道中のペースと位置取り次第では上位入選してもおかしくないスピードと切れ味を持っているので、全てがうまく噛み合うようならチャンスがあってもいいだろう。この馬も理想はスローの決め手勝負だね。

タガノエスプレッソ

ブラックタイド産駒のタガノエスプレッソ。降級となった前走の豊明S(中京芝1600m)は序盤からどの馬も前に行く気がなく、鞍上のミルコデムーロ騎手がしびれを切らせてハナを奪う。道中はゆったりとしたペースで運び、直線に入っても後続の追い上げがなくそのまま押し切っての勝利だった。

これが2014年のデイリー杯2歳S以来の勝利となったわけだが鞍上の好判断が効いたので、完全に復活したと過信しない方がいいだろう。ただ近走のオープンクラスでの低迷ぶりにはすべて菱田騎手が関わっていたので、今回も一流ジョッキーが手綱を握るなら注意が必要になってくる。もちろん相手は強化されるがマイル戦はベストなだけに侮れない。前回逃げたことによって引っ掛からなければの注文はつくが…。

ダノンリバティ

キングカメハメハ産駒のダノンリバティ。前回のマイラーズカップは外枠から終始外々を走らされて直線も伸び切れず12着に敗れたわけだが、京都は開幕週で内を立ち回った馬が上位を独占したレースだったので度外視可能だろう。

今回は3ヶ月の休み明けになる。中京も最終開催ということで、ダート戦で培ったパワーと息の長い末脚は魅力的。ただマイル重賞はさすがにぬるいペースにならないと思うのでぶっちゃけ厳しい。

ピークトラム

チチカステナンゴ産駒のピークトラム。約3ヶ月前になるが前走の谷川岳Sは好位の外追走から直線は馬場の真ん中をしっかり伸びてきての勝利だった。持ち味は相手関係に合わせて前からでも後ろからでもポジションを自在に操れるレースセンスだろう。

去年は1600万クラスで冴えない日々が続いていたのだが、今年の2月に橋口弘次郎師が定年されてからは馬が妙に調子を上げてきた感じがする。もともと堅実さがウリだったので、混戦になればなるほど玄人受けする味わい深い働きをやってのけてくれるのではないか。

ケントオー

ダンスインザダーク産駒のケントオー。前走の米子Sは雨が降りしきる重馬場で行われたレースだったが、好ダッシュを決めて道中好位のイン追走から直線はバラけた内を突いて一気に後続を突き放した。この圧勝劇にはぶっちゃけ驚かされたわけだが、他馬が苦しむぶん渋った馬場の恩恵もあったか。ちなみに鞍上の和田騎手はこの日4勝2着2回と大暴れしていた。

前走は道悪馬場だったにしろ一瞬にして見せた切れ味はこの馬の武器になる。あとはそれを生かすためにも内枠に入ってラチ沿いをじっくりと運びたいところだろう。

【米子ステークス2016予想】ケントオー

【まとめ】注目馬と穴馬

いかがだったでしょうか?本日の中京記念ネタとして、予想オッズから人気順に自分なりの見解を書かせていただきました。当日になればガラッと人気も変わるかもしれませんが、わたくしが一応注目している馬はピークトラムです。最近はなんだか本格化が漂いますし、この手のタイプは小牧騎手がホントに合うんですよね!そういったことからも、前走から一息入りましたが注目の一頭だと思いましたので挙げてみました。

残りの人気馬はやはり展開やら枠やらで馬券外にぶっ飛ぶ要素がありますので、ワタクシとしては信頼しきれないです。まあ、ヒモでは何頭か抑えるでしょうけど…。

さて、最後になりましたが穴馬も紹介させていただきます!

それはこの馬です。C ⇒ タガノエトワール

Cは適性距離に戻る今が最高の買い時ではないかと。3走前には強い相手に差のない競馬ができていますので、今回も同じハンデなら掲示板…。いや、もっと上に来れてもいいのではと思います(●´ω`●)

以上、中京記念の予想オッズでした。
どうもありがとうございました。

 - レース展望
 -