【クローバー賞2016予想】◎ビービーアルボーレの道営魂!

      2017/06/25

8/21(日)札幌競馬場で行われますクローバー賞の予想をお届けします。このレースは2歳限定のオープン特別で、9/3札幌2歳ステークスの参考資料として重要なレースになります。そして特別指定交流競走でもございますので、中央競馬所属馬と地方競馬所属馬の総力戦も見ものです!

今年は8頭立てのレースとなりますが中央所属馬はブラックオニキス、ユアスイスイの2頭だけです。これは過去10年間で最も少ない頭数でございますので、予想する方は一筋縄ではいかぬ一戦になりそう…。

そんな中で気を吐くのが川崎競馬から参戦のトラストでございます!その走りはまさに怪物級と評判になっている馬ですけれども、ここも圧勝するようなら競馬がまた一段と盛り上がってくることでしょう!

しかし油断は禁物ですよー。完成度の高さではホッカイドウ競馬(5頭参戦)の馬も侮れませんからね!今回は少頭数でありますが旨味がギュッと詰まったメンバー構成ですので『歌って踊れる競馬予想師』の異名を持つわたくしにとってクローバー賞はまさに腕の見せどころ!

誰もがうっとりするほど華麗な馬券テクニックで札幌ラーメンを美味しくいただきたいと思います!さあ皆さんも一緒にぶっちゃけ競馬で道産子になりましょう!

スポンサーリンク


札幌芝1500mコース解説

まずは、札幌芝1500メートルのコースを簡単に説明しておきますね。※今週からCコース(Aコースから3メートル外に内柵を設置)使用です。

札幌芝1500m
札幌競馬場は全体的に丸め込まれた構造設計になっております。道中は多少の勾配こそありますが、高低差が低いのでほぼ平坦のイメージでよろしいかと思います。同じ洋芝コースでも函館競馬場の方がアップダウンが激しいです。1500メートルのレースはここ札幌のみで行われます。

スタートは1コーナーのポケット地点で向正面の直線に合流するまでの距離は170メートル。3~4コーナーは角度の緩いカーブで、ゴール前の直線は約266メートルと函館に続く短い直線となっております。

最初のコーナーまで距離が短いため先行争いが激しくなることが多く、コーナーも大きいので流れが緩みにくい傾向にあります。従って持久力勝負になることが予測できますので、内をロスなく立ち回ってこられる先行馬を中心に馬券を組み立てる考えがベターだと思います。

ちなみに札幌競馬場は洋芝のみ使用されております。寒冷地対策として使用されている洋芝は野芝より芝の根付きなど構造的な理由で馬場が軟らかく時計がかかりパワーが必要となります。

予想確定

独断と偏見と妄想の隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください!

ポジション
逃げ⑧トラスト
先行④コスモアリオーゾ⑥ビービーアルボーレ
中団②ブラックオニキス⑤ユアスイスイ
後方①イーグルパス③レインハート⑦タイセイプロスパー

 
逃げるのはトラストと予想しました。後入れの枠ですし、これまでも短い距離を使われてきましたのでその勢いで積極的に進めるのではないでしょうかね。

まあコスモアリオーゾの逃げも普通に考えられますが、岡田総帥は柴田大知騎手と丹内騎手にどのような命令を下すのでしょうか…不気味です。果たして幸運の四つ葉を掴み取るのはどの馬か!?

それではお待ちかね!小さなリスクで大きく儲けるクローバー賞2016の予想はこうなりましたけど。

本命は道営のアノ馬!

本命はこの馬にしました。 E ⇒ ビービーアルボーレ

前走は好位の外追走から4コーナー早めに前に並びかけ、直線で一旦は離されかけますがそこから渋太く盛り返して2着に踏ん張ったレースでした。内からキレのある勝ち馬に交わされましたが、私的に内容は合格ラインでした。それに先日行われましたコスモス賞3着のエイシンクローバーを寄せ付けていませんでしたからね。

まあ道営馬ということでこれまでダートしか走ったことがなく芝替わりでどうかですが、父も母も芝のレースで頑張っていましたので血統的にも走れる下地が揃っているんでね。

それに明日は雨の影響で馬場も相当重くなると考えられますので、ダートで力を蓄えたパワーが生かされるのではないかと言うことで本命にしました。お父さんのビービーガルダンはこのレース2着に敗れてしまいましたが、道悪馬場ならしっかり父のリベンジを果たしてくれるとともに、道営魂をいかんなく発揮してくれると思います!

圧勝しておかしくない期待馬!

相手は道悪馬場もスイスイ走ってきそうなユアスイスイ、総帥絡みで展開のカギ握るコスモアリオーゾまで印を抑えます。

対抗はやはりスクリーンヒーロー産駒のトラストでしょ。マイネル軍団の総帥が所有する期待の2歳馬ですよね!既にあの英国ダービーも登録済みのようですし期待が高まる一方です。果たして芝のレースでどんな走りを見せてくれるのでしょうか!?

前回の川崎競馬場で行われた若草特別は内からハナを奪うと、4コーナーではスピードの違いで後続が付いてこれず直線も大きく差を広げてゴールイン!の競馬でした。手綱を取った森泰斗騎手は『この時期の2歳馬でこれだけの馬に乗ったことないです』と興奮気味に絶賛コメントを寄せていました。そういったことからも計り知れない能力を秘めていることには間違いないかもしれませんね。

調教師も『芝の適性も間違いなくある!』と、自信満々に仰っておりますので初芝でも心配する必要なさそうです。なにしろ同日に行われます札幌記念に出走のモーリスと同じ父を持つのも強運の巡り合せ。デビュー2連勝の内容はいずれもワンサイド!そうなるとミーハー馬券師のワタクシは期待せずにはいられません!

ただあんまり陣営がラッパを吹きすぎると変な呪いというか重圧が伸し掛かっちゃうので印は対抗に留めましたが、もしもこれが本物なら圧勝してもおかしくない期待馬なので注目して観戦します!

【まとめ】印と買い目

◎ 6 ビービーアルボーレ
○ 8 トラスト
▲ 5 ユアスイスイ
△ 4 コスモアリオーゾ

【三連複】06 - 04,05,08(合計3点)

というわけで馬券は◎ビービーアルボーレから印を打った馬に、三連複の軸1頭流しで勝負します!注目の発走時刻は14時35分です!

ちなみに札幌9Rですのでお間違いのないようご注意ですよ(●´ω`●)

以上、クローバー賞の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果と反省会

着順馬名斤量騎手タイム着差人気
1着2枠2番ブラックオニキス(牡2)54kg城戸1:31.43番人気
2着8枠8番トラスト(牡2)54kg柴田大1:31.61馬身 1/4差1番人気
3着3枠3番レインハート(牡2)54kg石川倭1:31.81馬身 1/4差5番人気
4着4枠7番タイセイプロスパー(牡2)54kg宮崎光1:32.01馬身 1/2差7番人気
5着5枠5番ユアスイスイ(牝2)54kg福永1:32.13/4差2番人気

 

予想結果

◎ 6 ビービーアルボーレ 4番人気6着
○ 8 トラスト 1番人気2着
▲ 5 ユアスイスイ 2番人気5着
△ 4 コスモアリオーゾ 6番人気8着

ブラックオニキスがロスなく運んで勝利!

勝ったのは中央所属のブラックオニキス。道中はインでロスなく運び直線も内の狭いところから抜け出してのゴールでした。
まあ今回ご覧のように無印にさせて頂いたわけです。その理由としては鞍上が4年目の城戸騎手ということで、まだ一つもオープンのレースを勝利してなかったこと。それと前走が楽逃げの勝利だったので人気で嫌うならココかなと思い印を外したのですが失敗でしたね…。ここは全8頭中6頭が地方所属馬だったこともあり、ユアスイスイにしても未勝利馬ですからね。ブラックオニキスは唯一の中央勝ち馬ですから力のレベルが違ったということでしょう。

評判のトラストは案外の内容だった…

怪物級と評判だったトラストが2着に敗れることに…。敗因はスタートの出遅れでしょう。外枠でしたしスッとポジションを取り切れなかったことは誤算でした。結局道中は外を回され掛かりながらの追走でしたからね。勝負所では外から早めに進出開始しましたが直線は伸び一息といった感じで弾けませんでした。それでも初めての芝での走りは悪くありませんでしたし、出遅れさえなかったら勝ち切っていた可能性もありますのでね。ただレース内容としては時計的にも遅く、褒められるようなレベルではなかったので注目していた割には期待外れでした。

ビービーアルボーレは力が足りず…

私の◎ビービーアルボーレは2番手からの絶好のポジションだったのですが直線は伸びきれませんでした。父ビービーガルダンで、母リーガルアミューズも芝で走っていた馬だったので今回初芝も問題ないと思い、先行力も魅力で本命に選んだのですが、それ以前に力の方が全然足りなかったですね。反省です。

反省会まとめ

この機会をきっかけに来年は何が何でも中央競馬で勝利がある馬が軸にします!それも内をロスなく回ってこられる先行馬です。来年のクローバー賞は今回のリベンジを果たします!

 

スポンサーリンク


 

 - 特別戦の予想, 競馬予想
 -