【コスモス賞2016予想】◎サトノアリシアが連を外すことは考えられない

      2017/07/03

今日は8月13日(土)札幌競馬場で開催されますコスモス賞の予想をお届けします。このレースは2歳限定のオープン特別で、9/3に行われます札幌2歳ステークスの前哨戦でございます!2011年にはG16勝の輝かしい成績を残したゴールドシップも勝利したレースですけれど、毎年JRA所属馬の参戦が少ないのでホッカイドウ競馬所属馬が出馬表の半数以上を占めるのもまたこのレースの特徴でもあります。

JRAは6~9月の函館・札幌開催にて特別指定交流競走を設けておりますので自然に道営所属馬が多く集まるのです。今年は4頭の中央馬に対し6頭の道営馬が全国にその名を轟かせようと挑んできました!

ホッカイドウ競馬と言えば2歳戦の宝庫ですね!やはり中央競馬よりも2ヶ月早い4月にデビュー戦が行われますので完成度の高さは見逃せません。今回のメンバーにコスモバルクのような名馬が存在するのか非常に気になるところ。そこで『歌って踊れる競馬予想師』の異名を持つわたくしでありますが、少しでも皆さんにリッチな生活を送ってほしいという意味合いも込めまして今回も道産子魂をぶち込んだ予想をさせていただきます!

コース解説

まずは札幌芝1800メートルを簡単に説明しておきますね。※Aコース(内柵を最内に設置)を使用です。

札幌芝1800m
スタートから最初のコーナーまでの距離が約185メートルと短いため先行争いが激しくなることがあります。1~2コーナー、3~4コーナーは角度の緩いカーブ。最後の直線は約266メートルとなっています。

札幌競馬場は全体的に丸め込まれた構造設計になっております。道中は多少の勾配こそありますが、高低差が低いのでほぼ平坦のイメージでよろしいかと思います。同じ洋芝コースでも函館競馬場の方がアップダウンが激しいです。

コーナーを4つ回る小回りコースで直線も短いことから先行馬にとって有利ではありますが、スタート後のコーナーまでの距離が短いためにポジションの奪い合いで速いペースになることもあります。道中もコーナーの半径が大きいので流れが緩みにくい傾向にあります。

コスモス賞に関しましては基本的に逃げ先行馬を軸にされて問題ないでしょう。中団以降から競馬する馬なら長くいい脚を繰り出せるタイプに注意です。道営馬も多数参戦いたしますが、1995年以降は勝利できていないので中央勢中心の考えでOKだと思います。

ちなみに札幌競馬場は洋芝のみ使用されております。寒冷地対策として使用されている洋芝は野芝より芝の根付きなど構造的な理由で馬場が軟らかく時計がかかりパワーが必要となります。

予想確定

独断と偏見と妄想の隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください!

ポジション
逃げ⑨サトノアリシア
先行①ベッティング⑤ブラックプール⑥ニシノキララコ
中団②エイシンクローバー④マイネルザウバア⑧アートオブダムール
後方③ヘッチエ⑦バンドオンザラン⑩ライフライン

 
今回は道営馬も入り乱れて表にまとめるのが非常に苦しい展開となったわけですが、一応このような隊列になるのではないでしょうか。
やっぱパワー要するダート戦でしのぎを削ってきた道営勢より中央勢の方がスピードがありそうです。そういったことから逃げるのはサトノアリシアと予想しました。
まあ自然と外からハナに立っちゃうと思いますが、ペースはスローで先行決着になりそうな雰囲気がありますね。

それではお待ちかね!小さなリスクで大きく儲けるコスモス賞2016の予想はこうなりましたけど。

◎は加速力が合格点のアノ馬!

本命はこの馬にしました。 D ⇒ サトノアリシア

デビュー戦は2歳のコースレコードを大幅更新の逃げたタガノアシュラに付き合って敗れたわけですが、相手は札幌2歳ステークスの主役級の馬ですからね。相手はかなり強かったですし、あの敗戦は度外視してよろしいでしょう。

前走は好位で運んで直線を迎えると前2頭の狭いスペースをこじ開けて抜け出し、ゴール前は流す余裕で勝利しました。道中はフワフワとまだ遊びがある走りをしてますが、ラスト1ハロンは合格点を与えていい加速力を見せていましたので本命に選びました。ぶっちゃけこのメンバーを相手に連を外すことは考えにくいです。

完成度の高いマイネル軍団

スクリーンヒーロー産駒の マイネルザウバア を対抗としました。前走のデビュー戦は最内枠でしたが向正面で外に持ち出すと勝負所の3~4角で一気の捲り。直線は抜群の手応えで早めに先頭に立ち、内から2着馬も懸命に脚を伸ばしますが全くものともせず押し切ったレースでした。

まあゴールドシップもそうでしたが序盤は後方からの競馬になったようにスタートの悪さが気になるところでありますけど、その分いい脚を長く使える武器はここでも注意ではないかと。2歳戦では完成度の高さがウリのマイネル軍団でございますし十分敬意を払っておく必要があると思います。

【まとめ】印と買い目

◎ 9 サトノアリシア
○ 4 マイネルザウバア
▲ 8 アートオブダムール
△ 6 ニシノキララコ

【三連複】09 - 04,06,08(合計3点)

というわけで馬券は◎サトノアリシアから印を打った3頭への、三連複軸1頭流しで勝負します!発走時刻は14時50分です!

ちなみに札幌10Rですのでお間違いのないようご注意ですよ(●´ω`●)

以上、コスモス賞の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

着順馬名斤量騎手タイム着差人気
1着8枠9番サトノアリシア(牝2)54kg池添1:49.41番人気
2着4枠4番マイネルザウバア(牡2)54kg柴田大1:49.4クビ差2番人気
3着2枠2番エイシンクローバー(牝2)54kg服部茂1:50.46馬身9番人気

 

予想結果

◎ 9 サトノアリシア 1人気1着
○ 4 マイネルザウバア 2人気2着
▲ 8 アートオブダムール 6人気6着
△ 6 ニシノキララコ 3人気10着

サトノアリシアが一瞬のキレ味で勝利!

1番人気でしたけど本命のサトノアリシアが勝ってくれましたー!
私の隊列予想とは違って中団からの競馬でしたが、若干掛かり気味であったにしろ直線は一瞬の切れ味で抜け出しました。まだ遊びのある走りをしているので伸びしろがあると思います。池添騎手も先を見据えて教育的な競馬をしてくれましたし、次戦の札幌2歳ステークスはデビュー戦で千切られたタガノアシュラとの再戦が非常に楽しみです!

マイネルザウバアが渋太く2着

2着は対抗のマイネルザウバアでした。今回も出足がつかなく後方からの競馬となりましたが、外から早めに進出して直線はサトノとマッチレース。最後は相手の根性が上回ったかたちでしたが、距離ロスがありながらも渋太く食らい付いていた内容は決して悲観するものではございませんよ!

3着は道営のエイシンクローバー

穴をあけたのは道営のエイシンクローバーでした。ぶっちゃけ、これまでのレース内容を見てなかったのもありますが、初ダートに加え距離も長いかなという印象で相手に拾えなかったです…。激走の要因は平均ペースで先行した馬が崩れたことにより、道中内でじっと脚を溜められたことが最後の伸びにつながったと思います。

 - 特別戦, 競馬予想
 -