【ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想】本命はヒーズインラブ!

恋愛で悩んでいる様子

3/31(土)中山競馬場で行われますダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想をお届けします。

本命は格下だけども上がり馬に要注意なハンデ戦ということでヒーズインラブにしました。

今週から中山(芝1600m外)はBコース替わり。レース展開としてはマルターズアポジーがダッシュよく逃げるかたちになると思いますが、ヨシトミ騎手は後続に脚を使わせるようなペースを打って出るのでしょうか!?

狙いどころは中団やや前め辺りのポジショニング。
我輩の◎がそのポジションにぴったりフィットしてくれりゃあ有り難いんじゃが、いずれにしてもココで力が足りるかどうか。果たして結果は!?

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想

中山芝1600mのコース  

それでは今週も張り切ってヤッちゃいますよ。ドル箱重賞の異名を持つ中山マイル戦。小さなリスクで大きく儲ける私のダービー卿CT2018はこうなりました!

ヒーズインラブ

このたび重賞初挑戦となりますがヒーズインラブを本命にいたしました。ま、ハンデ戦ですからね。勢いのある上がり馬に最も注意が必要なので狙わせていただきました。

特に我輩は前走内容に目をつけました。阪神で行われた1600万条件の武庫川ステークス。道中は中団のインで脚をタメて、直線は外目に出して粘るクリアザトラックをゴール寸前で捕らえたレースでしたけど。

まあ最後は3頭の接戦のかたちとなり辛勝に映るかもしれませんが、内容としてしは目一杯の競馬ではなかったですからね。もちろんエンジンの掛かりがやや鈍く感じるもんですから、直線の短い中山コースで届くのかという不安があります。それに4コーナーでゴチャゴチャしやすい競馬場ですからね。

だけど、トップスピードの質だけならここでも無視しない方がいいのかなと。欲を言えば、もう少し重心を低くして走りに柔らかみ出てくるようだとキレ味が増してくるような感じもします。

これまで中山1600メートルは【2‐1‐1‐1】と合っています。できたらシュタルケ騎手とか中山競馬を知り尽くしてる北村宏司に乗ってほしかったのですが、そこのところはイケメンジョッキーの藤岡康太で我慢します。

あ、もちろん私モーホーではございませんよ~w

まあ接戦をモノにした前走内容こそ我輩の穴ズボ的お得意パターンであるのだが、ぶっちゃけ前に行きたい馬が多く後方からの競馬となるかもしれません。果たして上位争いに食い込んでこれるのでしょうか!?

ハンデ(55kg)も1キロほど背負わされた感もあって、こうして記事を書いてると段々と不安になってきちゃったのですが、出遅れることなくレースの流れに乗っていけたなら終いには来てくれるような…。そんな妄想を抱いておりますけど、彼は恋しちゃってるんです。うふふ

相手はグレーターロンドンなど

他にも相手には中山巧者のアデイインザライフですかね。去年の新潟記念以来となった前走ニューイヤーSはコンマ3秒差の7着。大外枠(10頭立て)からのレースでしたが4角も大外を回って直線は一瞬来る感じを見せるも、さすがに長期休み明けの影響か末脚が弾けなかったですね。

中団に押し上げて直線も見せ場をつくっただけに、一度使われての巻き返しが期待できそうです。だが、前走けっこう頑張っていたので今回ポカがあっても不思議はない。

立ち回りの巧さが光るレッドアンシェル。京都金杯3着から少し間隔は開いたが内枠を活かしての優勝争いは十分可能。あとは調教助手の「いかにも休み明けという感じ」というコメントを信用してよいのかどうかだろうね。それでもメンツ的に3着ならあるとみている。鞍上は戸崎。

グレーターロンドンの前走1番人気に祭り上げられた東京新聞杯9着は、人気と枠順とテン乗り川田が戦犯では?大外枠から中途半端な競馬をしちゃいましたから。府中は得意とはいえ好位から横綱相撲のような競馬はできませんでしたけれど、勝ったリスグラシューから0.4秒差とそこまで負けてはいなかったです。

やっぱ最後方から直線一気の競馬が合うんでしょう。中山マイル戦はそういった騎乗スタイルがハマりやすい舞台ですし、手のうち入れてる田辺に戻るのなら巻き返しがあってよかろうもん。まあ、こういう脚質でジョッキーも案外とチキンハートなので人気し過ぎなければいいけど、そこんとこは土曜日のG3だし平常心で乗れるのかな。

マイルは3戦3連対のテオドール。前走・白富士Sは力んでしまっての5着。そういったことから距離短縮で変わり身に注意でしょう。重賞初挑戦となるけど前に行けてしぶといタイプ。穴馬か!?

去年のダービー卿チャレンジトロフィー(1着)で本命だったロジチャリス。ただ最近は低迷期で、まだ6歳とはいえ年とったぶんピークが過ぎた感じもあるか?今回はブリンカーを着用するようですし、前々で集中した走りができれば地力の残り目があってもいいと思うのだが…

そしてトップハンデ58キロも、自慢の飛ばし逃げ(この馬自身はマイペース)がサク裂するのかマルターズアポジーまで押さえておきます。

印と買い目

◎ 09 ヒーズインラブ
○ 13 マルターズアポジー
▲ 04 グレーターロンドン
△ 01 アデイインザライフ
△ 02 レッドアンシェル
△ 06 テオドール
△ 10 ロジチャリス

3連複1頭軸 相手6頭ながし

◎-○▲△-○▲△(計15点)

以上、ダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

レース結果

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着5枠9番ヒーズインラブ(牡5)55kg藤岡康1:32.24番人気
2着2枠3番キャンベルジュニア(牡6)55kg石橋1:32.31/26番人気
3着8枠15番ストーミーシー(牡5)54kg大野1:32.43/49番人気
4着3枠6番テオドール(牡5)54kg吉田隼1:32.61 1/45番人気
5着2枠4番グレーターロンドン(牡6)56.5kg田辺1:32.71/21番人気

予想結果

◎ヒーズインラブ 1着(4人気)
○マルターズアポジー 9着(3人気)
▲グレーターロンドン 5着(1人気)
△アデイインザライフ 10着(8人気)
△レッドアンシェル 7着(2人気)
△テオドール 4着(5人気)
△ロジチャリス 12着(12人気)

-1500円