【エリザベス女王杯2016】シングウィズジョイが番手から抜け出す!

豪華なティアラ

11/13(日)京都競馬場で行われますエリザベス女王杯の予想をお届けします。さて、女の戦い秋の女王決定戦が淀の舞台で開催されます!

過去の傾向では人気上位で収まるレースですけど、今年はちょっと波乱のムードが漂っているような気がしないでもないような。

とくに離し逃げの縦長隊列になりやすい名物競走なので、ワタス的には2009年のあの名場面が頭をよぎってしまいます!

エリザベス女王杯の予想

果たしてディフェンディングチャンピオンのマリアライトが2連覇を飾るのか!?

それとも3年前の覇者メイショウマンボの復活劇があるのか!?

もしかしたら世紀の大番狂わせがあっても驚けません。それでは早速牝馬の頂上決戦エリザベス女王杯2016の予想をやっていきます。

シングウィズジョイ

本命はシングウィズジョイにしました。前走の府中牝馬ステークスは7着でしたが、7ヶ月ぶりの実戦を叩いての一発に期待したいと思います。

もともと叩き良化型のタイプですからね。

現在人気こそありませんが重賞2勝の実力馬。番手から抜け出す競馬が得意ですけど、前が楽なペースならルメールマジックで粘り込んでも不思議ありません。

クイーンズリング

対抗はクイーンズリングでよかろうもん。去年のエリザベス女王杯(8着)は4コーナー手前で仕掛けが遅れる不利があり、直線も前が壁で進路がない状況でしたが終わってみれば勝ち馬マリアライトとはコンマ3秒差。着差ほど大きく負けていませんでした。

今回も内枠に入ったので中団あたりで脚をためていけると思いますので、スムーズな競馬ができれば逆転可能でしょ。

やっぱ前走の府中牝馬ステークスが強い内容での勝利でしたので、そういった勢いも買いました。

プリメラアスール

穴馬はプリメラアスールでしょうか。以前は返し馬で暴走するなど気性面でヤンチャなところがあって本来の力をなかなか発揮できずにいたわけですが、4歳となった今年は精神面の成長が光り安定した走りを見せるようになってきました。

まだ準オープンの身で真っ向勝負では厳しいですけど、前々で競馬ができる武器がありますので展開次第では残り目があってもおかしくありません。

相手はマキシマムドパリなど

他にも相手には、鋭い決め手を持っている前走カシオペアステークスの勝ち馬ヒルノマテーラ、京都コースは【1-0-4-0】と相性がいい去年の秋華賞3着馬マキシマムドパリ、いい脚が長く続く中山牝馬ステークスの勝ち馬シュンドルボン

そして、脚質は自在も脚を溜めて運んだ方が威力がありそうな福永騎乗のシャルールまで抑えておきます。

印と買い目

◎⑨シングウィズジョイ
○③クイーンズリング
☆⑬プリメラアスール
△④ヒルノマテーラ
△⑦マキシマムドパリ
△⑩シュンドルボン
△⑭シャルール

【三連複】 09- 03 - 04,07,10,13,14(合計5点)

ということで、今回も3連複の2頭軸で攻めます。
本命シングウィズジョイに対抗のクイーンズリングを軸にして、あとは印を打った5頭への流し馬券で勝負します。女王決定戦(秋)の発走時刻は15時40分です!

以上、エリザベス女王杯2016の予想でした。
どうもありがとうございました。

氷の女王 【エリザベス女王杯2016予想オッズ】クイーンズリングの前走は強い!

追記:レース結果

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着2枠3番クイーンズリング(牝4)56kgMデムーロ2:12.93番人気
2着5枠9番シングウィズジョイ(牝4)56kgルメール2:12.9クビ12番人気
3着1枠1番ミッキークイーン(牝4)56kg浜中2:13.11 1/42番人気

予想結果
◎⑨シングウィズジョイ 2着(12人気)
○③クイーンズリング 1着(3人気)
☆⑬プリメラアスール 5着(14人気)
△④ヒルノマテーラ 13着(8人気)
△⑦マキシマムドパリ 9着(7人気)
△⑩シュンドルボン 6着(6人気)
△⑭シャルール 15着(11人気)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です