【ファルコンステークス2017予想】穴馬はラニカイサンデー!

      2017/03/21

grade3-race-trophy-illustration

3/18(土)中京競馬場で行われますファルコンステークス2017の予想をお届けします。

さて、今週は桶狭間の真実が解き明かされる戦国のスピード決戦ですね!

このレースは中京の芝1400メートルが舞台となるわけですけれども、5/7開催予定のNHKマイルC(G1・東京芝1600m)を目標に東西の3歳短距離馬たちが桶狭間の古戦場に突撃して参りました。

2012年より距離1400mで施行されています ファルコンステークス ですが、私が競馬を始めたころ(1996年)は燃えよドラゴンズでおなじみの中日スポーツ賞4歳Sというレース名で距離1200メートルで行われていました。

短距離戦で時期的にもダービーを終えた6月開催だったせいか、あんまり過去の勝ち馬が思い出せない割かし地味なレースだったと思います。

それでも今見返すと毎年と言っていいくらい二ケタ人気馬がド派手な花火を打ち上げる名物レースであり、ベースケな穴馬券師にとってはまさに腕の見せ所!果たして私が下すファルコンステークス2017の予想とはいったい!?

スポンサーリンク


攻略ポイント

舞台は中京の芝1400メートル。Aコース(内柵を最内に設置)を使用します。

chukyo-turfcourse-1400m-illustration

スタートから最初のコーナー(3角)まで515.5メートルと長く緩やかな上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。

コーナーの入口が緩やかなカーブとなっているので減速せずに入れますが、出口に近づくほどカーブがキツくなるので4コーナー出口では外に膨らむ馬も多く見られるのが特徴的。

そのため外を走らされる馬は他馬と接触するロスなども計算しておかなければなりません。

最後の直線は412.5メートルと長く、高低差2メートルの急坂が設けられております。ゴール手前の残り240メートル地点からは平坦となっていて、そこからが本当の底力勝負になると言っても過言ではありません。

枠順の有利不利は発走から最初のコーナーまで十分に距離があるのでないです。

ただ、以前は外枠・差し追い込み有利なイメージもあったのですが、メンバーによってレース展開もガラッと変わってくるので、○○が有利とか、○○は苦戦傾向とかそういうのは簡単に決めつけられませんし無視して結構だと思います。

ファルコンステークスは今の条件(新装された2012年から1400mに変更)になってからまだ歴史が浅いです。それも良馬場で競馬ができたのは2回だけですからね。

2歳や3歳戦は展開うんぬん完成度・能力的なモノを見抜く要素が大事なので、各馬の前走・前々走の映像をテープが擦り切れるまで鑑賞して、自分だけの穴馬を探し出したりすることこそが競馬予想の醍醐味でもありオススメです!

ファルコンステークスを攻略するポイントとして、最強好きなボクが考えた注意書きは以下の4点

    1. 前傾ラップ
    2. 底力勝負
    3. 軽い馬場より重い馬場(時計が掛かる馬場)での好走実績
    4. 能力が足りれば千二の馬でも問題なし

この4点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

おわり

 

予想確定

それでは今週も張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎ 前走も好内容のアノ馬!

本命はこの馬です → A. 人気ブログランキングへ(デスティニーソング)

当ブログの紹介文に馬名を記入しましたので、どうしても気になる方は確認してみてください。

軸馬とした理由は、これまで重めの馬場を使われてきたことには非常に好感が持てますし、これまで芝のレースで【2‐1‐1‐1】と全て掲示板内(5着内)に入っている堅実ぶり。

持ち味の先行力としぶとさは今回のメンツでも引けを取らないと思いますので、この馬から勝負することに決めました。

ただ現状は千二がベストかもしれませんが2走前の今回と同じ条件、横綱競馬で押し切ろうかという寸前にゴール前で差されてしまったのですが内容は素晴らしかったですからね。

そのぶん次戦を勝利する好内容だったということでありまして、その前走は先行馬には厳しいペースを持続力のある末脚で勝ち取りました。

そういったことからメンツ的に能力の高さは明確で条件も合っていますから、自分の力さえ出し切れば馬券圏内に来てくれるんじゃないかと思っています

 

☆ ラニカイサンデー

穴馬はラニカイサンデーで仕方なし。理由は前走(中京芝1400m)未勝利戦でしたが、スタート好ダッシュで道中は好位の外を追走。直線は馬場のド真ん中から抜け出してくる横綱相撲でしたからね。

デビューから勝ち切るまでに8戦を消化しましたが、今回のような混戦のレースは経験豊富な人気薄が高配当をおしゃれに演出するのもよくあること。

同枠にラニカイシチーという同じ冠名(オーナーは違う)を配置したところもJRAの粋な計らいでありまして、これは『何を意味するのか検証してみゃー』と問いかけているのです。

もしかすると天国の海ということでラニカイ同士のハワイアン決着に約3万人の大観衆がわき、我々もついにセレブの仲間入りとなる可能性があるわけですからね。

ラニカイサンデーといえば、やはりスタートの脚が速いので楽にポジションを取れるのは大きな武器

そういえば、ここのところピーカンな天気が続いておりますし来週は電撃のスプリントG1が開催されますよね。青空が広がる春の陽気に包まれた今の馬場なら持ち味の先行力で穴をあけても不思議ありません。

これまでの戦績を見てもダート戦と道悪馬場以外ならすべて3着内に来ている優れモノ。

以前には新潟2歳チャンピオンで阪神Jf5着の ヴゼットジョリー や、今回人気になる朝日杯3着馬ボンセルヴィーソらと差のない競馬ができており、現時点2ケタ人気と完全に盲点となっている感じがいたします。

そういったことから黄金馬券を演出する下地は揃っていますので、ファルコンステークス2017の穴馬はラニカイサンデーを推奨します

 

相手はボンセルヴィーソなど

他にも相手には、デビューから2戦2勝のジャッキー。ここも先行力を持った酔拳型の走りがさく裂するのでしょうか!?

2走前の同舞台なずな賞勝ちがあるジョーストリクトリアーリントンC は5着に敗れましたが距離が1ハロン(200m)長かったか?全2勝を挙げている千四で巻き返し注意。

去年のデイリー杯2歳S2着、G1朝日杯FS3着の実績があるボンセルヴィーソ。ゴール前の凌ぎあい勝負なら実績馬だけに地力を見せつけそうです。

この世代最初の勝ち星をあげ、2戦目の ダリア賞(2歳OP)2着があるマイネルバールマン。戦績が示すとおり距離千四がベストの条件で、前走クロッカスSは タイムトリップ にコンマ1秒差。ファルコンステークスは父 ジョーカプチーノ も勝利したゆかりの地だが、バリスタ(バールマン)にも世界のコーヒー協会が注目だ!

前走の春菜賞(東京芝1400m)は最低人気(16人気)で勝利という、ビッグサプライズを演出したライズスクリューまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎A. 人気ブログランキングへ(デスティニーソング)
○10 ボンセルヴィーソ
▲ 4 ジョーストリクトリ
☆ 1 ラニカイサンデー
△ 3 ジャッキー
△13 マイネルバールマン
△15 ライズスクリュー

【三連複】 ◎ → 01,03,04,10,13,15(合計15点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。前走好内容のアノ本命馬から、穴馬ラニカイサンデーなど印を打った6頭への流し馬券です。

今年も人気薄の奇襲攻撃があるのでしょうか!?注目の発走時刻は15時35分の予定です!

以上、ファルコンステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着5枠9番コウソクストレート(牡3)56kg戸崎1:21.13番人気
2着5枠10番ボンセルヴィーソ(牡3)56kg松山1:21.1クビ2番人気
3着3枠5番メイソンジュニア(牡3)56kg菱田1:21.2クビ6番人気
4着6枠11番ダイイチターミナル(牡3)56kg大野1:21.31/212番人気
5着4枠8番デスティニーソング(牝3)54kg鮫島駿1:21.51 1/410番人気
天候:曇 芝:良

 

◎ 8 デスティニーソング 5着(10人気)
○10 ボンセルヴィーソ 2着(2人気)
▲ 4 ジョーストリクトリ 6着(4人気)
☆ 1 ラニカイサンデー 9着(9人気)
△ 3 ジャッキー 12着(5人気)
△13 マイネルバールマン 10着(7人気)
△15 ライズスクリュー 13着(11人気)

 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞
 -