【フィリーズレビュー2017予想】穴馬はステラルージュ!

      2017/07/03

3/12(日)阪神競馬場で行われますフィリーズレビュー2017の予想をお届けします。

さて、今週も仁川は3歳牝馬が主役の G1桜花賞 トライアル(上位3頭に優先出走権)が実施されますね!

怪物ソウルスターリングに挑戦状を叩きつける馬はどの馬なのか!?

ただあまり期待を抱くのもどうかと思いますので先にぶっちゃけますけど、当レースの好走馬は桜花賞では苦戦を強いられています。

理由として考えられるのは、スプリント色が強い血統馬が多く参戦。もう一つは、繊細な牝馬にとって少しでもローテーション的にゆとりが持てる チューリップ賞 がベストといったところではないでしょうかね。

とはいえ、あなたが私が思い描いたストーリー、見たかったシーンがこの フィリーズレビュー にあります。

ここで好成績を収めた少女たちは、のちにどこかで自分が持っている能力をフルに発揮する機会が訪れるでしょう。

もう身体がお母さんになりたがるときがやって来る日までしっかり応援してあげたいですね。果たして私が下すフィリーズレビュー2017の予想とはいったい!?

攻略ポイント

阪神芝1400m

舞台は阪神芝1400メートルの内回り。Aコース(内柵を最内に設置)を使用します。

コースレイアウトに関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

野芝と洋芝をブレンドさせた仕様なので芝が長く稍時計がかかる舞台設定です。

そのため人気薄の逃げ先行馬も残っちゃったりしますが前傾ラップになりやすい形状ですし、タフな馬場ですからゴール前はバテる先行馬も多く、決め手を持った差し追い込み馬の台頭がよくあります。

あとは2歳時の北海道シリーズ洋芝コースが得意だった馬や、ダート実績馬にもぴったりフィットする舞台なのでその辺りにも警戒しておきたいと思います。

フィリーズレビューを攻略するポイントとして、最強好きなボクが考えた注意書きは以下の3点

  • ピーカンの良馬場でも芝は重い
  • ペース速めで直線は内から外から差し決着が多いが、先行馬(スピード能力)も粘ったりする
  • 洋芝巧者・ダート実績馬に注意

この3点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

おわり

 

予想確定

お待たせしましたね。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎スピード能力はかなりのアノ馬!

本命はこの馬です → B. 人気ブログランキングへ(レーヌミノル)

当ブログの紹介文に馬名を記入しましたので、どうしても気になる方は確認してみてください。

軸馬に選んだ理由は、やはりスピード能力がここでは一枚も二枚も上だと思えるからです

ま、前走は4着に敗れましたが桜花賞を見据えた真冬の始動戦ということで軽めの調整だったのと、芝が枯れ果てた馬場の悪いところを走ってましたから外からのキレ味に屈するかたちの競馬となりました。

事前にそういう結果もありあえるだろうと妄想して軸にできませんでしたが、今回ばかりは舞台が好条件なので信頼度は高いと思っています。

将来的には中山のスプリンターズステークス(G1)で好勝負できる才能を持っていますから、ここできっちりと中央場の重賞タイトルを獲って早熟型の短距離馬というレッテルを払いのけておきたいところでしょう。

 

☆ステラルージュ

穴馬はステラルージュで仕方なし。デビューから2戦目の未勝利戦を勝ち上がったアドマイヤオーラ産駒ですけど、前走(中京芝1400m)は馬郡の中から目を見張るような伸び脚で差し切ったレースでした。

展開的に決め手が必要な場面となったのですが、4コーナー後方から馬郡の切れ目を抜けてきた末脚と根性を無視するわけにはいかないでしょう。

2番手からの競馬で前を捉えきれずの2着だったデビュー戦とは違って、前走はスタート地点で他の馬とぶつかったのでしょうか?いきなり後手を踏んで後方からの競馬になりましたのでね。

出遅れてよかった結果オーライの可能性もありますけれども、まぁその辺は高倉騎手もキョウヘイで味を占めちゃいましたかね。

とはいえステラルージュにキレる脚が発見できただけでも今後に繋がる収穫だったわけであり、速いピッチで駆け上がってくるフォームなので身体への負担が軽く収まるのは競走馬としては非常に理想的。

そのキビキビとした立ち振る舞いはまさに今回の内回りコースで有利に働いたりしますし、ここまで2戦すべて力の要る馬場で好走しています。

そういったことから格下の身のステラルージュにとってフィリーズレビューの舞台は申し分ないわけですから、このまま人気が薄ければ100円でも押さえておいて損はない馬だということです。

ま、今回だけに限らず長期的な視点でね。

 

相手はジューヌエコールなど

他にも相手には、カンパニー産駒のフラウティスタ。1番人気に推された前走は直線でスムーズさ欠き、鞍上無理せずの7着。パンパンの良馬場で見直し可能。

デイリー杯2歳Sの覇者ジューヌエコール。前回の 阪神ジュベナイルフィリーズ(11着)は4コーナーで他馬とぶつかり戦意喪失。しまいの決め手を持っているだけに2戦2勝の千四で改めて。

デビューからダートで2戦2勝のタガノカトレア。今回は初めての芝レースで重賞と条件は厳しくなるが、これまで脚抜きのいい馬場を勝ち上がってきた内容から決して芝が駄目とは言い切れない。道中ためれば鋭い末脚を繰り出せるだけに、阪急杯で高配当を演出したナガラオリオンをやってのけるのはこの馬か!?

ヤマカツエースを兄に持つハービンジャー産駒のヤマカツグレース。4ヶ月ぶりのレースとなるが ファンタジーステークス(9着)では2番人気に指示された素質馬。道中引っ掛かる癖があるだけに、馬混みで前の馬を壁にして運べる真ん中あたりの枠は好都合。ペースが速くなるフィリーズレビューは決め手を発揮できるかも。

過去には3連闘での小倉2歳ステークスや、G1朝日杯フューチュリティステークスに挑戦するなど若くして波瀾万丈な競走生活を送っている、千二がベストだが千四も守備範囲のビーカーリーまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎B. 人気ブログランキングへ(レーヌミノル)
○ 6 ジューヌエコール
▲ 7 タガノカトレア
☆ 3 ステラルージュ
△ 4 フラウティスタ
△11 ヤマカツグレース
△14 ビーカーリー

【三連複】 ◎ → 03,04,06,07,11,14(合計15点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。スピード能力が高いアノ本命馬から、穴馬ステラルージュなど印を打った6頭への流し馬券です。

まるで天使のような清純派アイドル発掘レースの発走時刻は15時35分です!

以上、フィリーズレビュー2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着8枠16番カラクレナイ(牝3)54kgMデムーロ1:21.02番人気
2着7枠15番レーヌミノル(牝3)54kg浜中1:21.11/21番人気
3着7枠13番ゴールドケープ(牝3)54kg丸山1:21.31 1/46番人気
4着3枠6番ジューヌエコール(牝3)54kg北村友1:21.623番人気
5着6枠11番ヤマカツグレース(牝3)54kg国分優1:21.81 1/411番人気
天候:晴 芝:良

 

◎15 レーヌミノル 2着(1人気)
○ 6 ジューヌエコール 4着(3人気)
▲ 7 タガノカトレア 14着(4人気)
☆ 3 ステラルージュ 9着(9人気)
△ 4 フラウティスタ 6着(8人気)
△11 ヤマカツグレース 5着(11人気)
△14 ビーカーリー 8着(14人気)

スポンサーリンク

おすすめ記事

1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞予想
 -