【函館2歳ステークス2016予想オッズ】モンドキャンノに勝負気配あり!

      2016/11/27

horse-illustration

今日は函館2歳ステークスの予想オッズから人気所の見解と高配当を演じるであろう穴馬をオリジナル目線でお届けします。

このレースは2014年に生を受けた馬たちによる戦いというか、ちびっ子たちの運動会のようなものでもありますけどJRAが主催する今年一発目の2歳限定の重賞レースでございます。

まだキャリアが少ない謎のベールに包まれた若駒戦なので予想の方も大変苦労なさると思いますが、果たして人気はどのようになっているのでしょうか?それでは本日も張り切って参りましょう!

予想オッズ

現時点(7/19)の函館2歳ステークス2016予想オッズはこのようになっています!

モンドキャンノ 54 戸崎 1.9
バリンジャー 54 浜中 4.8
ドゥモワゼル 54 池添 7.5
レヴァンテライオン 54 三浦 9.9
ルイ 54 ○○ 15.1
ロイヤルメジャー 54 加藤祥 15.5
ザベストエバー 54 石川 15.6
フクノクオリア 54 横山和 28.4
ガーシュウィン 54 勝浦 32.4
ネコワールド 54 吉田隼 37.5
メローブリーズ 54 古川 38.5
ポッドジーニー 54 松岡 65.9
バンドオンザラン 54 桑村 66.1
タイムトリップ 54 丸山 66.5
ラーナアズーラ 54 柴山 76.0
ラッシュアウト 54 原田 104.8
ピンクドッグウッド 54 宮崎光 201.9
マコトパパヴェロ 54 菱田 215.9

なお18頭が登録しておりますがフルゲートは16頭ですので、抽選対象(2/3)となる未勝利戦上がりのドゥモワゼル、フクノクオリア、ラッシュアウトの3頭のうち2頭が出走可能となります。ちなみにルイは除外対象でございます。

追記:マコトパパヴェロは歩様の乱れのため回避するようです。

さて今の1番人気は究極のスプリント血統とも言えるモンドキャンノ。それに続くのが燃える闘魂バリンジャー、脚質に幅が出たドゥモワゼル、前走はミラクルのような勝利だったレヴァンテライオンです。今日はこの4頭をピックアップしてお送りいたします!

人気馬の見解

それでは函館2歳ステークスの予想オッズから人気どころの見解を、忙しいあなたのためにもおよそ2分でわかるようにまとめてみますので最後まで読んで頂けたらと思います。

モンドキャンノ

キンシャサノキセキ産駒のモンドキャンノ。前走のデビュー戦は2,3番手の外を追走。直線に入っても楽な手応えで逃げたドゥモワゼルを外から差し切った。レースはスローペースで前有利の展開ではあったが、1頭大人びた競馬で余力を残しながらの勝ち方だった。

負かした2,3着馬が次走でアッサリと勝利を上げてることからモンドキャンノの価値は上がる一方で、レース当日も1番人気でほぼ確定だろう。とにかく好位で抑えて直線で抜け出す競馬を難なくこなせたことは今回に繋がると思うし、引き続き戸崎騎手が騎乗するということで勝負気配がみえみえのような気がする。

バリンジャー

ステイゴールド産駒のバリンジャー。福島メイクデビューは道中好位追走から4コーナーで他馬と激しい肉弾戦になる。しかし狭い間を割って抜け出すと、外から先に先頭に立ったベリーグレートを内から叩き合いで制しあとは余裕残しの態勢でゴールを駆け抜けた。

この馬も初戦で好位から抜け出す競馬ができたのは収穫だったのではないだろうか。ただ福島からの臨戦過程は【0-0-1-8】と、これまでのデータでは苦戦傾向にある。それに手綱を取った戸崎騎手はモンドキャンノに騎乗することから、この馬の能力に多少の不安も感じる。しかし、キャリア1戦の若駒なのでまだ隠し持ったギアがあるかもしれない。初戦で見せた闘争心を武器に一泡吹かせることができるか注目したい。

ドゥモワゼル

ショウナンカンプ産駒のドゥモワゼル。前走の未勝利戦は出負けスタートで後方からになるが3コーナーでは外から早めに仕掛けてポジションを上げていく。直線は外から一気に抜け出しを図り後続を突き放した。新馬戦は逃げて2着に粘る競馬だったが、後方からマクる競馬で結果を出せたのはこれまた収穫だろう。

今回は抽選対象なので出走できるのかどうか現時点で分からないが、出走できたなら新馬戦でやっつけられたモンドキャンノと再び対戦する。着差はコンマ2秒差しか離されてないわけだが、時計以上に力差があったようにも感じた。ただ、出負けしてハナを取りにいったぶん序盤で余計な脚を使っていたのもあるので、スムーズな競馬ができていたなら際どい勝負を演じていた可能性もある。とにかくスタートに難があるので、そこさえ上手くクリアできたら好勝負しても不思議ないくらいのポテンシャルを持っている。

レヴァンテライオン

パイオニアオブザナイル産駒でアメリカ生まれのレヴァンテライオン。前回のデビュー戦は好スタートを切るが最初のコーナーでは3番手を追走。直線に入ると前が壁で追い出しが遅れるロスがあったが、外に進路を向けると先に抜け出したエスケークラウンを目標に抜群な伸び脚で大逆転劇場を演じた。

雨降りのレースで時計は遅かったが、追われてからの反応と伸び脚にはエグいモノを感じ鳥肌が立った。ここでも通用するだけのレベルには十分あるだろう。

【まとめ】注目馬と穴馬

と言うことで函館2歳ステークスの予想オッズから人気順に自分なりの見解を書かせていただきました。当日になればガラッと人気も変わるかもしれませんが、私が馬券の中心と見ているのはモンドキャンノです。やっぱ前走で対戦したドゥモワゼルやフクノクオリアなんかも強いと思うのですが、それらをアッサリと退けて見せたのですからね!そう考えると今の完成度の高さが十分にうかがい知れると思いますし、鞍上も好調の戸崎騎手ですから無様な競馬は考えにくいですね!

さて、今日はもう1頭『穴馬』を紹介します。

それはこの馬です。B ⇒ ラーナアズーラ

Bの初戦は目立つ時計ではありませんが、これは少頭数のレースだったので仕方ないでしょ。しかしながらゴール前で見せたスピードはなかなか破壊力がある突き抜けでしたので気になります。前回のレースはこの舞台に向けて内容の濃い公開調教だったのではないでしょうか(●´ω`●)

 
以上、函館2歳ステークス予想オッズでした。
どうもありがとうございました。

 

 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - レース展望
 -