【函館スプリントステークス2016】ファントムロードは隠れ洋芝巧者

      2016/11/25

G3race-trophy-illustration

6/19(日)函館競馬場で行われる函館スプリントステークスの予想をお届けします。

このレースはサマースプリントシリーズの対象レースでございまして、今年も北から南へと熱き夏の戦いが繰り広げられます。

まず最初に口火を切るのが函館のビッグイベントでおなじみの函館スプリントSでございます!

スプリントとは短距離戦を意味する言葉でありまして競馬の世界でも最速のお馬さんを決めるレースなのです。もちろん人気になるお馬さんが速いのは確かでございますが、人間の陸上競技と違って競馬は16頭・18頭ものお馬さんたちがお団子のようにくっついて競走いたしますので必ずと言っていいほど有利不利がつきまとうのです。そのためいくら持ち時計が速い馬でも勝つとは限りませんし2,3着にくるとも限りません。

その証拠にこの3年の間は、メンバー中で最も速いと予想された1~2番人気のお馬さんがことごとく馬郡の中に沈んでいってます。あの世界の強豪が集まる香港のスプリントレースを2連覇したロードカナロアだってこのレースを勝てなかったのです。

そういったことから、競馬は持ちタイムだけでは計り知れない勝負の不思議があることを皆さんに伝えたいと同時に『歌って踊れる競馬予想師』の異名を持つオレにとって函館スプリントステークスはまさに腕の見せどころだと言っても過言ではないでしょう!

函館芝1200mコース解説

まずは函館芝1200メートルのコースを軽く説明しておきますね。ちなみにAコースを使用です(内柵を最内に設置)

hakodate-turfcourse-1200m
スタートから緩やかな上り勾配が3コーナー途中まで続き、頂上に達したあとは直線に向けて下っていきます。そのあとはゴールまで平坦となっています。

最初のコーナーまでの距離が489.1メートルと長いのでレース序盤から不利になるような枠はありません。

最後の直線は262メートルしかありません。これは中央競馬の中でも最も短い直線なので、後ろから行く馬は先行馬よりも早仕掛けが要求されます。

それに4コーナーでは馬群の外を通らされるぶん大きなロスに繋がることを馬券を買う身としては覚悟をしておかなければなりません。内を突いたとしてもゴチャついて抜け出せない不利もありますしね。そういったことからも基本的に小回りコースは逃げ先行馬が有利なんだと考えられます。

しかし函館スプリントステークスで穴を開けるのは外枠の追い込み馬です。スタートから上り坂になっているため序盤から速いペースにはなり辛いですが、もしも先行争いが激しくなった場合には前崩れの展開になる可能性が高いので差し追い込み馬の台頭に注意です。これらの馬が馬券に絡むと配当は跳ね上がります。

ちなみに函館・札幌競馬場は洋芝のみ使用されております。寒冷地対策として使用されている洋芝は野芝より芝の根付きなど構造的な理由で馬場が軟らかく時計がかかりパワーが必要となります。

そういったことからも、野芝でスピード面が劣る馬が洋芝で一変する姿を過去に何度も見てきましたので洋芝巧者には注意しておいてください。

簡単に洋芝巧者の見つけ方はというと、各馬の過去の戦績を見つめてください。まあ強い馬はどこのコースでも強いのですが、以前函館・札幌で差のないレースをしていた人気の盲点となった馬がきっといるはずです。

それと欧州血統です。ヨーロッパの競馬場は日本の馬場と違い芝が深くまるで自然の中を走っているような馬場コンディションなので相当なスタミナとパワーを身につけています。そういったヨーロピアンの血を受け継いだ産駒にもココでは注意が必要だと思います。

あと、クロフネ産駒も洋芝の相性がいいので資金に余裕があるなら抑えておきたいところです。

予想

それではお待ちかね!小さなリスクで大きく儲ける函館スプリントステークス2016の予想はこうなりましたけど。

◎アースソニック

本命は去年の2着馬アースソニック。このレースは今回で3年連続の出走となるが、一昨年は6着も勝ち馬とのタイム差はコンマ3秒しかなかった。そういったことからも、近走はいいところがないけど舞台が函館なら変わり身があって不思議ないだろう。

父でもあるクロフネはアメリカ産で、その産駒は芝・ダートを問わず活躍する傾向が見られる。基本的にはパワーを生かせる舞台が得意だ。とくに函館や札幌などの洋芝コースと相性がよく好成績を残している。ちなみに去年の3着馬レンイングランドもクロフネ産駒だった。今回も出走するセイコーライコウにしても2年連続の4着と人気よりも上の着順に来ているので、クロフネ産駒は洋芝コースで力を余すことなく発揮するのが特徴的だと言える。

前走の春雷Sは3番人気に押されたが結果は9着だった。展開的にも暖急のない一貫したペースで中団よりも前で進めた馬が上位を独占したレース。アースソニックはスタートで後手を踏んでレースの流れに乗れなかった。それに直線の脚色からも前走のG1高松宮記念(メイチ仕上げ)を使った反動も出たと思う。

ひと息入れた今回は前回の58キロから2キロ減の56キロで走れる。函館コースも相性がいいので終いの末脚が生きる流れなら一発ある。

☆ファントムロード

準オープンから勝ち上がったばかりのファントムロードだが隠れ洋芝巧者な感じを受けるので穴馬として押さえることにした。

まあ過去3戦洋芝では【0-0-0-3】と3戦すべて着外ではあるが、そのうち2戦は掲示板に入っているので洋芝がまったく合わないはずがない。フジキセキ産駒も意外と洋芝と相性がいいのだ。

姉はビーナスライン。2006年の函館SSを13番人気で勝利した洋芝巧者だった。偉大な姉に弟も続くか。

印と買い目

◎13 アースソニック
○14 ローレルベローチェ
▲ 3 シュウジ
☆15 ファントムロード
△ 4 オデュッセウス
△ 9 アクティブミノル
△12 ティーハーフ

【三連複】13 - 03,04,09,12,14,15(合計15点)

というわけで馬券は◎アースソニックから印を打った馬に、三連複の軸1頭流しで攻めます!発走は15時25分です!

 
以上、函館スプリントステークスの予想でした。
どうもありがとうございました。

 

予想結果

◎13 アースソニック 11人気9着
○14 ローレルベローチェ 6人気13着
▲ 3 シュウジ 2人気2着
☆15 ファントムロード 13人気11着
△ 4 オデュッセウス 5人気7着
△ 9 アクティブミノル 3人気4着
△12 ティーハーフ 4人気12着

 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞
 -