【阪神牝馬ステークス2017予想】穴馬はクロコスミア!

春のモグラさん

4/8(土)阪神競馬場で行われます阪神牝馬ステークス2017の予想をお届けします。

去年から距離1600メートルに変更され、これまで以上に本番のヴィクトリアマイルと深い関わりをもつレースになるのでしょうね!

しかも、あす行われる競馬の桜子ちゃんを決める大会と同じ舞台設定でございます。

中間に降った雨の影響で先週から馬場状態が様変わりしている可能性がありますが、直線はグリーンベルトがどこにあるかなど、ジョッキーたちによる手探りを入れながらの騎乗戦闘練習は阪神牝馬Sならではの醍醐味だと思っちょります!

阪神牝馬Sの予想

阪神芝1600m(外)のコース  

仁川のマイル戦(芝1600m)は基本スローペースの瞬発力勝負。したがって、末脚に威力を持つ人気のディープインパクト産駒が馬券の中心とみてよろしいのではないかと思います。

最後の直線もタフな設定にくわえ別定戦でありますから、今後も力通りの決着になっていくのかもしれませんね。

ぼくが考えた阪神牝馬Sの攻略ポイント
  • スローの直線勝負になりやすく、馬券の中心は人気のディープインパクト産駒
  • 相手は近走に重賞で好走経験ある馬たちを中心にして良さそうだが、条件戦を勝ち上がった馬も含めて人気順にセレクトして問題ないだろう
  • 利益を出すためには相手選びや買い目を絞るなどの工夫が必要

さて、今回が引退レースとなるメイショウマンボなど豪華な重賞実績馬がそろう乙女の心を持った牝馬たちの戦い!
果たしてワタスが下した阪神牝馬ステークスの予想とは!?

ミッキークイーン

本命は人気のディープ産駒ミッキークイーンで仕方ないよね。去年の阪神牝馬ステークスは2着に敗れたが、敗因は明け3歳時のクイーンC(2着)以来となるマイル戦に加え4ヶ月ぶりの休み明け。追走に手こずる場面があり、直線も馬郡の中でスピードに乗るまで時間を要したのが堪えていた。

今年も同じような臨戦で、休み明けは一段と反応が鈍いところがこの馬のウイークポイント。

ただし、関節の痛みに悩まされ続けた以前のような刺激を加えないトレーニングとは違い、この中間はシッカリと負荷をかけた調教をこなしてきている。そのぶん休み明けのトボけるような仕草はいくらかマシになると思う。

これまで全12戦、ジャパンCと有馬記念を除いて全て上がり3位内の末脚を繰り出している。

どんな展開になろうが追われて確り伸びてくるところがミッキークイーンのいいところ

牝馬限定戦なら【3‐5‐1‐0】と馬券圏内を外さない安定感。まさに打ってつけの舞台ですね!

クロコスミア

穴馬はクロコスミアでしょうか。3走前のローズステークスは雨の影響で時計がかかる馬場を2着に粘り込んだ。直線うしろから猛追してきたオークス馬のシンハライトに勝利目前で交わされてしまったが、強い相手にギリギリまで我々をドキドキさせたくれた内容は評価していい。

今回も馬場が重くなれば他馬の切れ味が削がれるぶん残り目の可能性がある

道中は馬込みでタメてもキレる脚をもっている馬ですが、メンバー的に見ても末脚勝負になると若干分が悪い。

クロコスミアは持ち前のダッシュ力でレースの主導権をにぎり、4コーナー手前からジワリとリードを広げて他馬の脚を使わせるような戦略が理想的だと思う。

前回のターコイズステークス(14着)は道中緩めず逃げて直線は追い込み馬に有利な展開をお膳立てしていた。

今回は休み明けの上に同型ウエスタンレベッカとの兼ね合いがカギになるが、松若の乗り方次第で粘り込める。

てなわけで、阪神牝馬ステークスの穴馬はクロコスミアを推奨します。

クイーンズリング

去年のエリザベス女王杯など重賞4勝の実力馬クイーンズリング。阪神のマイル戦は桜花賞4着や米子S2着がある。ともに渋った重たい馬場だった。

今回は香港C(9着)以来となる約4ヶ月ぶりのレースになるが、海外遠征が呼び水になるメンタル破壊がなければ。

トーセンビクトリー

中山牝馬S勝利で超良血馬がとうとう目覚めたかのトーセンビクトリー。道中引っかかるところがあった馬だが、前走はきちんと折り合いが付いてたのは収穫だったか。

1600メートルはこれまで2戦してともに着外。若干距離が足りない可能性もあるが、天才ジョッキーのユタカちゃんマジックに注意でしょうね。

ジュールポレール

今回の阪神牝馬ステークスが重賞初挑戦となるジュールポレール。2走前の衣笠特別(1着)ではアドマイヤリードの鬼脚を封じ込んでいる。

4歳馬だがデビューから8戦して掲示板(5着内)をまだ外していない。阪神マイルは2戦2勝。この馬は陣営に大切に使われており消耗度が少ない点も魅力やね。

アドマイヤリード

条件戦2連勝と勢いに乗るアドマイヤリード。衣笠特別では先に抜け出したジュールポレールに僅かに届かず2着に負けてしまったが、スムーズに回ってこれた勝ち馬に対してこっちは直線最後方から馬郡をかき分けるロスがあった。

阪神コースは【0‐0‐0‐4】と3着内がないが、去年の桜花賞は勝ち馬(ジュエラー)からコンマ5秒差の5着だった。

ここ4戦はすべて直線が平坦の京都コース(1800m)で上がり最速の末脚を繰り出しているだけに、今回は阪神の坂と距離短縮がカギとなりそう。

印と買い目

◎ 6 ミッキークイーン
○ 3 クイーンズリング
▲16 アドマイヤリード
☆ 4 クロコスミア
△ 5 トーセンビクトリー
△ 8 ジュールポレール

【3連複】 06 → 03,04,05,08,16(計10点)

ということで、今回も3連複の1頭軸でイッちゃいます。本命ミッキークイーンから、穴馬クロコスミアなど印を打った5頭への流し馬券です。

経験豊富ながら乙女心を持つ牝馬たちの戦い。
注目の発走時刻は15時35分の予定です!

以上、阪神牝馬ステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

天候:小雨 芝:重
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着3枠6番ミッキークイーン(牝5)55kg浜中1:34.31番人気
2着8枠16番アドマイヤリード(牝4)54kgルメール1:34.61 3/43番人気
3着4枠8番ジュールポレール(牝4)54kg1:34.6クビ4番人気
4着2枠4番クロコスミア(牝4)54kg松若1:35.137番人気
5着7枠13番エテルナミノル(牝4)54kg池添1:35.31 1/213番人気

予想結果
◎ 6 ミッキークイーン 1着(1人気)
○ 3 クイーンズリング 15着(2人気)
▲16 アドマイヤリード 2着(3人気)
☆ 4 クロコスミア 4着(7人気)
△ 5 トーセンビクトリー 6着(5人気)
△ 8 ジュールポレール 3着(4人気)

3連複的中 1760円