【平安ステークス2018予想】穴馬はクリノスターオー

モンブラン

5/19(土)京都競馬場で行われます平安ステークス2018の予想をお伝えします。京都ダート1900mで争われる競馬の源氏物語ミュージアム。

真面目にいうと上半期のダート王を決める帝王賞へのステップレース。人気はグレイトパールとテイエムジンソクが分け合って、ミツバ、サンライズソア、クイーンマンボ、ナムラアラシが2頭を追う形のオッズとなりそう。

だが、馬券的に盛り上げるためにも絶対的に来てほしいのが人気薄。そこで一発に注意しておきたいのがクリノスターオーだ。

この平安Sにおいて風物詩となりつつ同馬であるが、 とにかくこの特殊な条件で見限るわけにはいかない。クリックリックリッ♪果たして私が下した平安ステークスの予想とは!?

こんな予想になりましたけど

テイエムジンソク

本命はテイエムジンソクで何ら問題はない。ま、期待していた前回の フェブラリーステークス は12着に沈んじゃいましたけれど、ハイペースの流れを前々で気持ちよく行き過ぎたぶん直線残り400メートルでエネルギーが消耗しちゃって失速。

ジョッキーも『最初の直線(向正面)が長くて無駄に力が入っていた。息がうまく入らなかった』とレース後にコメントしていたので完全な力負けではございませんよね。今回は仕切り直しの一戦。改めての期待馬です。

ただし、不安要素もしっかりとありますから危険な人気馬になりかねない。

  • 休み明け
  • 58kg

3ヵ月以上の休み明けに関して過去の戦績は(2‐0‐0‐1)と勝つか負けるか。スタートを決めて先行力を活かす競馬ができれば問題ないのでしょう。ただ、後ろからの競馬となると届かない可能性があります。

負担重量としては今回初めて58キロを背負いますのでね。スタートダッシュに影響が出ないか少し心配。まあハンデ戦ではなく別定戦だし、相手関係からしてもG1級の能力を持っている馬なのですから、その辺は無視してよかろうもん。

とはいえ、ダート転向後6連勝中と勢いが凄まじいグレイトパール、ミルコ・デムーロ騎乗の前走出遅れて競馬にならなかったサンライズソア、前走後ルメールが『千八以上がいいから次は勝てると思う』と豪語していたクイーンマンボなど手強い相手。それらを差し置いて、わざわざ不安点のあるテイエムジンソクをなぜ軸に決めたかと言うとですね。

やっぱ前回の厳しかった経験が次に生かされると思うんですよね。むしろ中途半端に負けるよりも、大敗しておいたほうが後々疲れが残らないケースが多いもんですから。

それと京都コースは(5‐3‐1‐4)と走り慣れた舞台。ま、ダート1900メートルは(0‐1‐1‐1)と勝ち切れていませんけれど、気性面が成長した今なら自慢のスピードで押し切りがあるとみています。

 

クリノスターオー

黄金馬券の立役者はクリノスターオーでしょうか。前日オッズでは10人気の穴馬です。ま、予定通りにいけば5年連続の出走となりますけれども、これって何気にスゴイことですよね。そうそう、ご存じのように14年の平安ステークス覇者。

その後も2年連続で2着に入るコース巧者ということで、近走は地方交流戦をターゲットにしていますが淀の得意舞台に戻ってきましたね。

去年の同レース14着は脚部不安による長期休養明けの競馬でしたから度外視できますし、やはり前走・佐賀記念(9着)でも恐れていたことが起こってしまったというか何というか・・・

クリノスターオーは外からマクられると気分を害してやめちゃう癖があるんですよね

そういったことからも道中で揉まれたり外から被されちゃうと真面目に走らない面があるので、そこんところは手の内に入れてる幸ジョッキーに戻ることによって、好騎乗がサク裂すれば3着内の激走があっても不思議ないと思っています。先週G1勝ったように周りがよく見えてる可能性もありますから。

ま、8歳ということで年齢的にピークが過ぎてズブさの方が目立ちますが、前回ミルコが騎乗していたことからも乗り方ひとつでまだまだいいところがあるような感じに受けます。前々の競馬でしぶとい食い下がりに注意っちゅうことです。

てなわけで、平安ステークス2018の穴馬はクリノスターオーを推奨します。

 

連下はコスモカナディアンなど

他にも相手には、川崎記念(G1)3着に東海ステークス2着があるコスモカナディアン。京都は初見参だが、内のほうからジリジリとしぶとさ生かせれば。

おととしの当レース勝ち馬アスカノロマン。年齢的なものか、なかなか調子が上がってこない。鞍上の太宰は『結果が出ていないので、後ろからの極端な競馬を試す』と言っている。果たして変わり身があるのでしょうか!?

末脚確かなクインズサターン。本格化してきたのか、近走はどんな展開でも後方から馬券圏内に突っ込んできている。ただ、今回に関して調教師は『1900メートルは少し長いかも』と、ちょっぴり消極的な姿勢がどう出るか。

地方巡りで頭角を現してきた牝馬のプリンシアコメーター。条件的に厳しい戦いとなりそうだが、特殊な展開となったときの前残りに注意しておきたい。

そして、京都の湿った馬場は大歓迎のクチも外枠からどういった競馬となるのか悩ましいカッチー騎乗のトップディーヴォまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎ 05 テイエムジンソク
○ 03 クリノスターオー
▲ 02 コスモカナディアン
△ 07 アスカノロマン
△ 10 クインズサターン
△ 11 プリンシアコメーター
△ 15 トップディーヴォ

3連複1頭軸 相手6頭ながし

◎-○▲△-○▲△(計15点)

というわけで馬券は本命テイエムジンソクから、穴馬クリノスターオーなど印を打った6頭への流しで勝負します。注目の発走時刻は15時35分の予定です!

以上、平安ステークス2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果

天候:晴 ダート:稍重 3連複:24,480円
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着5枠9番サンライズソア(牡4)57kgMデムーロ1:57.37番人気
2着7枠14番クイーンマンボ(牝4)55kgルメール1:57.5 1 1/23番人気
3着5枠10番クインズサターン(牡5)56kg四位1:57.5ハナ5番人気
4着1枠1番ミツバ(牡6)57kg松山1:57.6クビ6番人気
5着3枠6番グレイトパール(牡5)57kg川田1:57.6クビ1番人気

予想結果

◎テイエムジンソク 6着(2人気)
○クリノスターオー 15着(12人気)
▲コスモカナディアン 9着(10人気)
△アスカノロマン 8着(13人気)
△クインズサターン 3着(5人気)
△プリンシアコメーター 11着(9人気)
△トップディーヴォ 13着(8人気)

-1500円