【ホープフルステークス2017予想】穴馬はシャルルマーニュ!

三匹のひよこの人形

12/28(木)中山競馬場で行われますホープフルステークス2017の予想をお届けします。

変則日程で開催される私にとっての残念アリマ…
奇跡というものは本当に存在するのでしょうか!?

さてさて、いよいよ中央競馬2017の総決算がやってきましたね!

今年は有馬記念で終わりじゃなく(来年もそうですが)
G1に昇格されたばかりのホープフルSに大トリをゆずったわけでございますけれどもね。
大成功するのでしょうか。

来年のクラシック戦線へと、夢と希望に満ちた2歳馬たちの競演。

個人的には有馬記念キタサンブラックが有終の美を飾ったのに何故か涙が出てこなかったので、年が終わりゆく悲壮感とともに、ホープフルで泣きじゃくりたい。

そのためには望みを成し遂げる未来予想図が必要となるわけですけども、
中距離路線の素質馬が揃いましたが、まだまだひよっこが多いです。
果たしてG1レース41連敗中の私が下したホープフルステークスの予想とは!?

ホープフルステークスの予想

中山芝2000mのコース  

それでは2017年を締めくくる重賞予想を張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲けるホープフルSの予想はこうなりました!

シャルルマーニュ

デビューから5戦まだ4着以下がない堅実派。
前日オッズでは8番人気と世間の評価は大して高くはないが、これまでのレースぶりが地味なのだから仕方がないだろう。

ただ、前走の東スポ杯は序盤から前と後ろが2グループにはっきりと分かれる速い流れを3番手で進み、直線は先行勢で1頭気を吐く3着粘り込みだった。
勝ったワグネリアンには現時点の完成度の差でぶっこ抜かれてしまったが、今回も人気を背負うことになりそうなルーカスにはクビ差しか負けてない。

もう少しキレる脚が使えるとシャルルマーニュという馬名の一部からも強力な戦艦と化すことができるのだが、現状でも先行してしぶとく続く長い脚は、このメンバー、この舞台でも太刀打ちできると思う。

中間は厩舎の大先輩キタサンブラックに胸を借りる稽古で先着を果たしていた。
最終追い切りは軽く馬なり調整だったが、先週の時点で走れる態勢に仕上がっているので無理する必要はない。

今回シャルルマーニュにとって2000メートルは初めての距離になるが1ハロンの延長ならまったく問題ないと思うし、コーナー4つも3走前の小倉で経験済み。

ただ、最終コーナーで激しい渋滞が発生しやすい中山競馬。
勝負どころで外から差し馬が殺到してくるはずだ。
アクシデントなく上手く前を捌いて抜け出してこれるかどうかだろうね…

ルーカス

やっぱG1ですからね。今回も懲りずにMデムーロが相手ですよっと。
なにしろ、馬は世界のモーリスの完全な弟ですからね。男なら黙って買っておかないとミーハーの血が騒いで気が狂いそうになるのでありますよ。

ま、前走・東スポ杯2着の走りを見た限り、まだまだこれからの馬でしょうね。
走りにらしさが出てくるのは来年になってからだと思いますけれども、オルフェーヴルの弟さん、名前なんだったっけ?
あ、思い出した!アッシュゴールドでしたかね!?
下手したらあれくらい程度の成長力というか尻すぼみ的な可能性にも受けてしまう、自分の未来予想図が正直こわい…

とはいえ、手綱をとったムーア騎手が『良い馬だ』と言ってましたし、デビュー戦の札幌では後ろから器用に前に取り付いての勝利でしたから、今回中山コースに替わってパフォーマンスを上げてくる可能性は大。

まぁね、先日の追い切りで放馬するアクシデントがありましたが、急ブレーキをかけて人を振り落とすほどの危うい気性に大物感が漂います。

騎乗停止処分を受けたばかりの鞍上ですけど、ラフプレーにならない程度に、ドゥラメンテばりの衝撃的破壊力に期待したいと思います。

ステイフーリッシュ

ついこないだ(12/10)デビューしたばかりの1戦1勝馬。
その新馬戦は、道中好位の外追走から直線は鋭い末脚で中京のタフな直線を雄大なフォームで駆け抜けた。
ゴール前は抑えていたほど余裕残しで、2着に2馬身半差の圧勝劇だった。

私的にあの瞬発力というか決め手は、重賞を勝つ馬に共通しているモノを感じた。

今回G1といっても名ばかりでドングリの背比べ。
ま、経験の差が出る可能性も高いが、ポジションとって道中上手く運んだら史上最速のG1制覇があっても不思議はない。
馬のポテンシャルは高い。ナカタニは自信を持ってエスコートしてほしい。

多頭数になってどういう競馬になるか。
キャリアが浅いぶん、中山独特の異様な雰囲気に飲み込まれなければいいのだがね…

買い目

ということで、本命穴馬⑧シャルルマーニュから⑩ルーカスと⑬ステイフーリッシュを狙い撃ちの3連複フォーメーション馬券。
連下は無理に印つけませんし絞ったりもしません。
競馬の常識では買えない人気薄が来ちゃっても構わないように総流しでイッちゃいます!

【3連複フォーメーション】
8 – 10&13 – 全馬
(合計29点)

初代王者に輝くのはどの馬か!?
注目の発走時刻は15時30分です。

以上、ホープフルステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:結果と敗因

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着4枠7番タイムフライヤー(牡2)55kgCデムーロ2:01.41番人気
2着8枠15番ジャンダルム(牡2)55kg武豊2:01.61 1/44番人気
3着7枠13番ステイフーリッシュ(牡2)55kg中谷2:01.6クビ8番人気
4着5枠9番サンリヴァル(牡2)55kg田辺2:02.02 1/25番人気
5着8枠17番ナスノシンフォニー(牝2)54kg吉田隼2:02.0クビ10番人気

本命シャルルマーニュ12着(9人気)
5~6番手追走から4コーナーにかけて早くも手応えがなく、直線はいっぱいいっぱいでした。
ひとり反省会で導き出した敗因は、前走厳しいペースを前につけて頑張ったので、その反動が出たんだと思います。しかも今回がG1なだけにね。
浅はかにも有馬記念の印象から、先行有利馬場、道中温いペースになると判断した自分の考えが大きな間違いでした。

対抗ルーカス6着(2人気)
4コーナーでは射程圏に入れ、ここからどれだけ伸びるのかと見ていたが伸び切れず。
G1請負人ミルコでもさすがに残すことができなかったか…
敗因はまだ未完成なのと、調教中の放馬、レース展開、それに距離が若干長かったなど色々ある。
ただ、能力はあるので見限るのはまだ早い。
成長力と乗り方次第ではクラシック戦線でもアッといわせるところがあるんじゃないかと思います。
あとはプライドが高そうな馬なので、外からぶっこ抜かれたぶん精神的ダメージがなければでしょう。
良血だが、雑草のように這い上がってこれるかどうかに注目したい。

対抗ステイフーリッシュ3着(8人気)
レース序盤は後方で運んで3コーナーからジワジワ進出。
直線は前に入られ勢いをカットされるような不利があったが、ゴール前はよく盛り返してきた。
今回は後ろからの競馬となったが、馬の決め手を考慮した鞍上の好判断が光った。