【競馬2017】個人的ベストレース5選と年間回収率

2017鶏のイラスト

2017年もあっという間に終わってしまいましたね。
競馬にのめり込むと月日が立つのが本当に早く感じます。

そんな中で今年もたくさんの競走馬たちが、歴史に残る名勝負や感動のレースを私たち競馬ファンに与えてくれました。

こうして全国つつ浦々、当ブログにお越しいただいてる皆さまと、お酒やうまいもんでも食べながら2017年心に残ったレースを語り合いたいのが正直な気持ちでございます。

ただ私、本州最西端の片田舎に住んでるもんですから、なかなか都会の中心で優雅なひと時を味わうことが難しい。

ということで、本日は個人的ベストレースを5つ選んでみました。
どれも私にとって思い入れのあるレースなので、しばらくたっても忘れないように記憶しておきたい。

そして、競馬予想の方ですれども。
極端にマイナスとなってしまった2017年。
いったい何が原因で過去ワーストの回収率となってしまったのか?

それは私のベストレースに鍵が隠されていたようなのであります・・・

ワタス的2017年ベストレース

それでは、今年行われた中央競馬の重賞レースから個人的に忘れられない名レースを振り返っていきたいと思います。

ま、ワタクシ人とズレてるところがありますから、たぶん大勢の人が思うベストレースとかけ離れたところもあるでしょう。

ただ、当時私がどういった経緯で予想を行ったのかなど、そのへんのことをディープに書いていきたいと思いますので、親戚同士の集まりの退屈しのぎによろしくどうぞ!

天皇賞秋

天皇賞秋を制したキタサンブラック  

競馬界すべてにおいて超王道ともいえる芝2000メートルの王様決定戦。
G1馬8頭が府中の杜で顔をそろえた超豪華メンバーの天皇賞秋でしたね。

しかし天気の方はあいにくの雨模様となり、秋華賞・菊花賞と3連チャンで重~不良馬場で頂点を決めるG1レースとなってしまいました。

その中でもひときわ注目を浴びるのが、この秋初戦となるキタサンブラック

しかしキタサンブラックは有馬記念で引退を表明しており、古馬の王道G1・3連戦、不良馬場だし「春と比べて軽すぎる調教」、「休み明けからアクセル全開とはいかないだろう」と言う見立てからか、1番人気ではあったが単勝オッズは3倍ついていた。

私の本命はソウルスターリング
道悪馬場なら3歳牝馬の54キロという軽い斤量の恩恵で3着内は堅いだろうなと。

前走・毎日王冠は8着も、ルメール騎手が如何にも試し乗りしてたように見えたのでね。
ここで巻き返しがあるんじゃないかと。
天皇賞秋の予想記事を書きながら、直線はキタサンとソウルスターがマッチレースする光景が頭の中をグルグルと駆け巡っていました。

ソウルスターリングは先行できるので、おそらく逃げるであろうキタサンブラックをマークして進められる。
そういったことからも、この2頭の馬券圏内は決まったようなもん。

あとは、連下なんか決めつけず他の馬すべてに流しておけば問題ないだろう。
カデナとかレインボーラインとか大穴来い!!

 

意気揚々で挑んだ天皇賞秋だったが、
私の目論見がしょっぱなから崩れ散ることになるなんて誰が想像できただろうか?

ななな、なんとスタートからキタサンブラックがまさかの出遅れ・・・

ソウルスターリングも出脚がよくなく中団からの競馬。しかも外を走らされているではないか。

ヤバイ。

終わった・・・

オレの秋天がおわった。ついでに人生もおわった。

しかし、結局勝つのはキタサンブラックでしたね!

出遅れても武豊騎手はまったく慌てる素振りもなく中団につけて、3コーナーから4コーナーにかけては内目を突きながらスルスル上がっていってね。
いつのまにやら直線入り口では先頭に立っちゃってる神騎乗ぶり。

最後の直線はキタサンのワンマンショー。
サトノクラウンが激しく迫るデッドヒートも見応えありましたけれども、キタサンブラックの精神力と底力が相見えた素晴らしいほどの逆転勝利だったと思います。

悲願の有馬記念優勝で引退の花道を飾ることもできたし、 いやあ、歴史的名馬としか言いようがないです!あっぱれ!

秋と書かれたイラスト 【天皇賞秋2017予想】キタサンとソウルのマッチレース!?

皐月賞

 

牝馬のファンディーナが人気を集めたクラシック第1弾皐月賞。
「もっとも速い馬が勝つ」とも言われる3歳世代のスピード王決定戦なだけに、レースはどの馬も一長一短があって大混戦ムード。

私の本命はダンビュライト
やや決め手に欠けるが相手なりに来るタイプで、持久力勝負なら違った面が見られるかもという理由で狙ってみました。

それに今回は武豊騎手が手綱をとってくれますからね。
常識を覆すような一発があっても不思議なしと迷わず本命を打てました。

案の定、積極果敢に攻めた騎乗をみせてくれまして、
4コーナーから直線半ばまで1番人気ファンディーナを外から被せて戦意を喪失させるユタカ節がさく裂。

まるで、いたいけな女の子を襲いこむようなシーンにちょっぴりセンチメンタルな気分に陥ってしまいましたけれども、これがオトコの競馬。

 

道中はずっと外を回ってね、どうなるかと思いましたが
持ち味である持続力あるスピードをフルに生かすことができた会心の一撃(3着)でした。

しかし、レースを制したのはアルアインで馬券はハズレ。
予想の最後の最後になって買い目からサトノアレスと入れ替えちゃったのが大反省ポイント。

当時、1頭軸馬を決めて相手は6頭に流す3連複スタイルでした。
相手選びで時間をかけたくないし悩みたくもないので、予想段階でのオッズ(前日)を基に上位人気から順に印を打ってたのですが、この時点でアルアインは8番人気、サトノアレスが9番人気だったんですよね。

普通なら相手6頭なので7,8番人気以下の馬には印が回りませんけども、上位から前走内容がヌルかったウインブライトとアウトライアーズは要らないと読んでいましたので人気薄のアルアインまで買い目に入れることができたのです。

ここまではよかったんですよ。

ただ、アルアインは胴が詰まった馬体イメージがあったもんですから、もしかしたら2000メートルは長いんちゃうか?
ま、サトノアレスもマイラー体型ですけど2歳王者の底力は発揮しそう。
脚をタメながら運ぶ脚質なので、大外ぶん回しでも可能性はあるのかもと・・・

結局レースは高速馬場でスピード持続力に優れた馬が上位を独占、後方待機のサトノアレスに出番ナシ。
アルアインは4コーナー手前で沈みかけたので「ヨシヨシ」と思っていたら、直線で一気に盛り返してきちゃうんだから、ビックリ仰天でしたよ本当に。

結果、3連複176,030円もついてました。
妄想で買い目を入れ替えたばかりに、ホンマ悔しくて悔しくて夜も眠れませんでした。

G1のトロフィー 【皐月賞2017予想】穴馬はダンビュライト!

目黒記念

目黒記念を勝利したフェイムゲーム  

去勢手術するなど低迷期をさまよい続けたフェイムゲームが、15年ダイヤモンドS以来となる復活の狼煙を上げるような目黒記念の勝利が忘れられません!

しかもダービーデーの最終レース。鞍上はレイデオロをダービー馬へと導いたばかりのルメール騎手でしたね。

私の中では勝負弱さが付きまとうクリストフですけれど、
当時はヴィクトリアマイルのアドマイヤリード、オークスのソウルスターリングなど、府中でのビッグレース、勢いがハンパなかった。

それにしてもフェイムゲーム、春天2着や幾多の重賞タイトルを持つ実績馬が8番人気。
近走の低迷ぶりや58キロのトップハンデも嫌われていたのでしょうが、直線外から差し切るシーンは鮮やかでした。

レース展開はバッチリとハマりましたけれど、
まだ衰えてないスタミナ勝負に強いところをファンに見せてくれたと思います。

ま、個人的な話になって申し訳ないのですが、
本命ハッピーモーメントが地味に3着と頑張ってくれましたのでね。
今年最初で最後となる万馬券41,190円を獲得できたレースでもあります。

この高鳴る興奮は胸の中でそっと大切にしまっておきたいです。

G2のトロフィー 【目黒記念2017予想】穴馬はハッピーモーメント!

フローラステークス

モズカッチャンと和田騎手  

オークスへの優先出走権が与えられる3歳牝馬によって争われるフローラステークス。
いやあ、モズカッチャンが「うまかっちゃん魂」を見せてくれましたよね!

レースはスローペースの瞬発力勝負となったわけですけども、それなりに力を持っている先行馬が残るところをゴール前で一気の差し切り。

私はビックリしたと同時に、全身にしびれが走りました。
まさか檜舞台で勝利するほどの逸材だったとはね・・・

というのも、ある晴れた積雪の残る寒い日。
会社の付き合いで二日酔いだったこともありブログ予想は止めにして、小倉競馬場にぶらっと立ち寄った二階席だったかな?
新聞をひろげて京都記念と共同通信杯の予想を始めたときのこと、実況の「モズカッチャン」と呼ぶ馬名にふと反応した私はターフビジョンをチラ見すると、外からマクり気味に押し上げていくキタサンブラックのような勝負服に目が留まった。

その馬こそが後にエリザベス女王に輝くモズカッチャンなのであった。

直線トップスピードに乗ったままグングン加速して突き放す走りに、さすがの私も首ったけ。

これは強い!

でも相手にも恵まれたのかな?

2つの相反する葛藤を抜きにしても、小倉っこのハートを鷲づかみするトンコツをベースとした味のある濃厚な内容。
高鳴る鼓動とともに、これはきっと競馬の神様が与えてくれた何かの縁。
もしも重賞出走にこぎ着けたなら、迷わず狙ってみたい馬だと心の中で決めたのであった。

 

そして次戦の中山で行われた500万条件も順当勝ち、小倉のちっぽけなところで走っていたキタサンブラック似の根性娘が、いよいよ全国の地上波でお披露目されるときがやってきたのだ。

ただ、今回はフルゲートの最内枠。
当時出遅れたりする面があったモズカッチャンに1枠1番はこわい。
もしも出遅れてしまうと後ろからの競馬になってしまうからね。

春の陽気に包まれた府中のターフはきっと前が止まらない高速馬場。
待てよ、ならば好位差しができて前走強い内容で勝利したザクイーンが軸として相応しいのではないかい?
能力的に一発あってもおかしくないモズカッチャンは穴馬として3着に突っ込んで来てくれたら御の字だ・・・

結果はご覧のとおり。
ザクイーンは惨敗してモズカッチャンが勝利。
2着ヤマカツグレース、3着フローレスマジックも買い目に抑えていただけに3連複は35,940円

これこそが自分自身やり場のない怒りを抱えたまま、モズカッチャンの激走に感動し涙した理由なのでもありました。

G2のトロフィー 【フローラステークス2017予想】穴馬はモズカッチャン!

菊花賞

キセキとクリンチャー  

ダービー1~3着馬不在で大荒れムードが漂う菊花賞。

台風接近の影響で大雨が降りしきる、まるで田んぼ馬場(不良馬場)と化した舞台で争われる牡馬クラシックの最終戦となった。

ペースは稍速い流れのラスト6Fロンスパ戦。

レースは淡々と進んで2周目の淀の坂、3000メートルを走り切るスタミナと道悪適性がない馬がふるいに落とされていく中で、本命クリンチャーが外を通って抜群の手応えで4角先頭に取り付いていく。

最後の直線に入ると、オレの皐月・ダービー本命馬ダンビュライトとクリリンが先頭に並んで激しい叩き合い!

なんだこのコラボは!?

たまんねーーーーーーー!!

直線の攻防はスローモーションの映像を見ているかのような、ほとんどの馬が上がり40秒台と時計を要した史上稀にみる超消耗戦。

しかし外から極悪馬場もなんのその、大外から奇跡のような脚で対抗馬キセキがぶっこ抜く。

でも大丈夫だ。根性比べを制したクリンチャーよく頑張った!

あとは3着争いだ。どれが入るか。

▲アルアインか?無印ミッキースワローは来んなよと心の中で願う。

上位の体制がほぼ決まりかけた直後、外から勢いよく上がってきたのが何と△マイネルヴンシュだった。

大穴キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いよっしゃぁー10万馬券げっチューッうぅぅ!!

と、歓喜に沸いたのもつかの間。

ん!?

土塊にまぎれて2着クリンチャーの内にナニかいる・・・

えっ!?

 

ポポカテペトル?

うわぁぁぁぁぁぁぁあ、
ポポカ買ってねえぇぇぇぇぇぇぇ

なんで京成杯◎で来んでココでくるん・・・

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!

この結果を受け、改めて2頭軸相手総ながしスタイルで秋のG1シーズンを迎える決意を抱いたのは言うまでもない。

クリのイラスト 【菊花賞2017予想】穴馬はクリンチャー!

ぶっちゃケイバ2017総括

もしも私の予想に一年間辛抱して乗ってらっしゃった方がいたのなら本当にごめんなさい。
今年は運がなかったのか3連複の年間回収率が40%というね、過去最低のシーズンとなってしまいました。

去年の回収率125%の反動があったのかもしれませんけども、
ベストレース5選の中にもあったように獲れるところを取り逃してしまったのが運の尽きだったかのように思います。

買い方にしても一貫性がなかったですからね…

こうしてネットを通じて予想を配信している以上、不特定多数の方が不安・悩み・疑問を持って当ブログに訪れてきていただいてる。
だから私は予想ごっこの遊びじみたマネごとなんかできない。
皆さんの為にも利益の出る予想を公開してきたはずでしたが、それすら叶わず、今年の敗北感は正直ツライ。
いっそのこと中途半端に当てる下手くそよりも、まったく当たらない0%の方が読者にとっても役立つのではないだろうかとさえ思えてくる…

どんな状況でも毎年プラス回収に持っていくのが真の馬券師だと思っていますので、まだまだ自分の未熟さに気がつかされた一年でもありました。

それと、ブログの更新が怠っているのも申し訳ないです。
年間130レース?ほどある中央競馬の重賞予想も今年は105回までしかできませんでした。

できるなら週中のレース展望・レース回顧など交えて書いていきたいのですけど、
40半ばという年齢のせいか、仕事とブログの両立を果たすには以前と比べて体力が衰えてきちゃってます…苦笑

さてさて、2018年は私自身ブログを始めて5年目に突入しますけれども、
3回目のプラス回収目標に、もっともっとたくさん勝てるように今から修行を積んで参ります。

まずは明日から良く当たるサイコロ探しの旅にでも出掛けたいと思う。

冗談冗談w

それでは最後になりますが、今年一年ご愛読ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。