【京王杯2歳ステークス2016予想オッズ】ディバインコードの先行力に要注意

      2016/11/27

horse-illustration

11月5日(土)東京競馬場で開催されます京王杯2歳ステークスの予想オッズから上位人気馬の見解をオリジナル目線で書いていきます。過去にはオルフェーヴル、モーリス、ラブリーデイなど幾多のG1ホースを誕生させた2歳の名物競走でございますけれども、今年は異例というか重賞実績馬が5頭も登録しておりますので手に汗にぎるファンタスティックなレースになるに間違いありませんね!

しかし、あの凱旋門賞2着が2度あるオルフェや先日の天皇賞で二階級制覇を成し遂げたモーリスでさえ、この2歳ステークスで1番人気という大役を背負いながらもポカをいたして馬券外に吹っ飛んだ実例があるのです。

そういったことからも、本日有力どころのお馬さんの考察はデビューしたばかりの若駒なのでまだキャラクター的にどういった長所と短所があるのか理解損ねる恐ろしさがあるわけでありますけれども、ワタクシの大好きな言葉『親切丁寧』という想いを胸に抱いて慎重に有力馬の考察をやっていきたいと思います(●´ω`●)

予想オッズ

1 レーヌミノル 54 浜中 2.4
2 コウソクストレート 55 戸崎 3.7
3 モンドキャンノ 55 ルメール 4.1
4 レヴァンテライオン 55 内田 6.7
5 ディバインコード 55 柴田善 9.8
6 タイムトリップ 55 田辺 18.7
7 ドウディ 55 蛯名 29.1
8 ダイイチターミナル 55 嘉藤 45.0
9 ダノンハイパワー 55 横山典 46.1
10 タイセイブレーク 55 柴山 77.6
11 ジョーストリクトリ 55 松岡 149.0
12 スズカゼ 54 大野 183.0
13 クリノヤマトノオー 55 ○○ 226.7
14 マテラスカイ 55 ○○ 344.5
15 グッドヒューマー 55 勝浦 457.4
16 アポロミッション 55 ○○ 473.7
17 ダイシンクイント 55 ○○ 576.7
18 ワカコマタイヨウ 54 田中勝 736.9

フルゲートは18頭ですからどの馬も順調にいけば除外の心配はありませんね。

さて京王杯2歳ステークス2016予想オッズ注目の1番人気は小倉の快速女王レーヌミノルでございます。2番人気はデビューから優等生な走りが光るコウソクストレート、3番人気は短距離王国の安田厩舎が送り出すモンドキャンノ。4番人気は函館2歳ステークスの覇者レヴァンテライオン、5番人気はスピード能力が高いディバインコード、6番人気はデビューから4戦すべて安定した走りを見せているタイムトリップとなっております。本日はこの6頭をピックアップしてお送りいたします!

有力馬の考察

それでは京王杯2歳ステークスの予想オッズから有力候補の見解をザクッと読めるように書いていきますので、最後まで読んで頂けたらと思います。

レーヌミノル

小倉2歳チャンプのダイワメジャー産駒ですけど、その前走小倉2歳ステークスは早め先頭から直線はもう一方的な競馬で土壇場劇。終わってみれば2着のダイイチターミナルに6馬身差をつける圧巻のレースでした。

【小倉2歳ステークス2016予想】◎レーヌミノルを本命に選んだ理由

ぶっちゃけ戦前は牝馬なので台風の影響による馬場悪化や内枠でもまれたりしたら厳しいかなとは思っていたのですが、そんな心配をよそに堂々とした立ち振る舞いで他馬とは次元の違うスピード能力を見せつけました。ま、小倉2歳ステークスの勝ち馬なので早熟短距離のようなイメージがあるかもしれませんが、九州の地で注入されました『うまかっちゃん魂』が宿っておりますのでけっこう奥が深い馬なのではないでしょうか。あとは距離の問題ですね。できたらマイルぐらいはこなしてほしいところです。

牝馬ですがファンタジーステークスに向かわず牡馬混合重賞に挑戦してきましたから、これは陣営もそれなりの手応えをつかんでいる証拠なのです。今回はとりあえずの目標である阪神ジュベナイルフィリーズの叩き台になりますけど、ここでどんな走りを見せてくれるか。まだレースでも調教でも目いっぱいの感じではなく抑えて走らせてますから、もしかしたら飛んだ化け物の可能性があります。今回は千四と距離が延びますけれども、中間も順調なら現時点の能力と完成度の差でしっかり来るのではないでしょうか。

あとは予想オッズですけど1番人気という大役を任されそうなので、オルフェやモーリスのようにスタートから出遅れて後手の競馬にならなければいいのですが…。

コウソクストレート

デビューから2連勝中のヴィクトワールピサ産駒ですけど、新馬戦は好位から楽に抜け出しての勝利。前走のくるみ賞は直線内ラチ沿いの狭いところから抜け出し最後まで脚色が鈍ることなく手綱を持ったまま完勝のレースでした。

ともに左回りの1400メートルを勝ち上がってきましたので、その辺は他の人気馬と比べると強みになるでしょう。それに内容的にも楽勝してきましたから重賞でも期待はできそう。しかし優等生すぎて課題が見つかりませんねぇ…。鞍上もリーディングジョッキーの戸崎騎手ですし。

モンドキャンノ

1番人気に支持された前走の函館2歳ステークスは2着に敗れてしまったわけですが、道中は馬郡にもまれて行きたがっていましたし勝負所でも窮屈で仕掛けが遅くなりました。それでもゴール前は勝ち馬に詰め寄ってましたから力があるのは確かです。

ま、序盤から激しい肉弾戦になったので馬が怒っていましたけど、戸崎騎手もそこのところは今後を見据えた冷静な判断でした。馬込みで我慢をする競馬ができていましたので次に繋がるいい内容だったと思います。今回鞍上はルメール騎手です。

レヴァンテライオン

パイオニアオブザナイル産駒でアメリカ生まれの馬ですけど、やはりパワーの要る洋芝が非常に合うのか前走の函館2歳ステークスはレコード勝ちを収めました。道中は絶好のポジションで後ろのモンドキャンノの仕掛けを封じ込めながら走っていましたが、ハイペースになったにも関わらず直線早め先頭から押し切ったのでした。

デビューから無傷の2連勝を飾ったわけですけど、今回舞台が東京の高速馬場に変わってどんな走りを見せるのか。だけど古馬になったころにはダートの短いところを走ってそうなイメージが何となく…。それでも現時点の完成度の差で2歳戦なら3連勝を決めても驚けないですよね。これまで競馬を教えてきた三浦騎手がケガのため休養中なので内田騎手に乗り替わります。

ディバインコード

デビューから3戦オール連対中のマツリダゴッホ産駒のディバインコード。それもすべて違う条件(競馬場・距離)で走りながらも堅実に勝ち負けを演じてきましたので、前走中山からの臨戦過程でも侮れません。逃げてよし控えてよしの先行力は要注意でしょう。

それに50歳になった柴田善臣騎手にはここ最近いい馬質が集まってるせいか今年の2歳戦は好調ですからね。この馬は走りにまだ幼さがありますので伸びしろがたくさんありそうです。

タイムトリップ

これまで4戦すべて千二の競馬で力の要る馬場で走ってきましたから、東京芝1400メートルの高速馬場に対応できるかどうかがカギになります。

しかしこの馬の先行力も侮れないところがあって、前走のカンナステークスはハイペースの展開を道中外を回ってきてゴール前では後続を突き放して勝ちました。2,3着馬は差し追い込みだったので前めで運んで完勝した前走は価値があるのではないでしょうか。

【函館2歳ステークス2016予想】◎タイムトリップを本命に選んだ理由

3走前の函館2歳ステークスでは前に行って速い流れでも崩れず3着に残していましたからね。まあ課題はいろいろとありますが一発の可能性を秘めてる馬です。鞍上は安田記念ロゴタイプでモーリスを封じ込んだ田辺騎手でございます。今回テン乗りになりますけど人気になりにくいタイプですから、なにか思い切ったこと狙ってくるに違いありません。今回の条件でもこれまでの戦いぶりから踏ん張ってもおかしくない性能を持っておりますので注意しておきたいです。

【まとめ】個人的な感想

いかがだったでしょうか?京王杯2歳ステークスの予想オッズから上位人気馬の見解を自分なりの目線で書かせていただきました。やはりこのレースは過去の傾向を研究してきたところ、現時点のスピード能力を競い合う舞台になりやすいので、オルフェーヴルやモーリスのようないくら将来ハーレムのような暮らしが約束された名馬であってもスタートから出遅れてしまったらどうしようもない結果が待ち受けている戦いになりますからねぇ。

そういった意味でもスタートが最大のポイントになりますので気性的に危うい人気馬よりも、騎手の支持にちゃんと従う操縦性の優れた人気馬を中心視して馬券を組み立てた方がいいような気がいたしました。まあとりあえずその辺のことは週末までにじっくりと観察して、渾身の的中馬券を生み出せるように研究を積み重ねていきたいと思います。

以上、京王杯2歳ステークス2016予想オッズ有力馬の考察でした。
どうもありがとうございました。

 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - レース展望
 -