【京王杯SC2018予想】本命セイウンコウセイ

恒星

京王杯スプリングカップ2018の予想をお伝えします。東京芝1400mが舞台となるこの一戦は安田記念を占う重要な参考レース。そこでワタスが注目したのが夜空に輝く恒星。すなわちセイウンコウセイなのです。

というのも小生がクソガキだったころ、ワールドプロレスリングに夢中になっていました。そのときこんなCMソングをよく耳にしたような…

せいうん~♪

それは~♪

きみが~みたひかり~♪

ヤバイ、年齢層がバレちゃうのでもうこの話は置いとくとして…汗

今回手綱を握るのは三浦皇成ジョッキーということでね。かつての黄金コンビが復活ですかー。まいったね。

ま、鞍上がスズカデヴィアスに続いて2週連続で持ってきてくれるのか疑わしいところでありますけれども、ぶっちゃけこういった流れで狙うのやんなっちゃう…。ただ、前走の高松宮記念。前々で競馬した馬には厳しい状況に置かれながらも勝った馬から0.3秒差の6着と、程よい負け方が気に入りました。

てなわけで、ここは1人気で4着に敗れた函館SS以来の軸で勝負するつもりなのでね。そろそろ影の薄いG1ホースから脱却してほしいところでございます。果たして私が下した京王杯SCの予想とは!?

京王杯スプリングカップの予想

東京芝1400mのコース  

G2とはいえ波乱必至の京王杯SC。狙い目はスピード持久力に優れる馬。スタートダッシュが問題もアノ馬から勝負することにしました!

セイウンコウセイ

本命はセイウンコウセイで仕方ないでしょ。ま、この条件は1600メートル以上での好走実績馬が有利に感じますけども、そこんところはG1ホースということで何とかなるのでしょうね。

えっ?前走の高松宮記念ですか?

結果としては6着でしたが、好スタートから直線も早めに先頭に立って見せ場十分の内容でしたよね。ただ、輸送で失敗したのか-14キロと馬体を減らしてました。ちょっと影響ありましたかね。

ばってん前々で競馬した馬にとってはキツい流れとなりましたけど地力は示していたので今回は絶好のチャンスだと思い軸に決めました。

ただし、セイウンコウセイは馬郡の中での競馬になると周りを気にして集中力を欠く面があります。そういったことからもストレスの掛からないポジショニングで運んでほしいのが最低限のお願い。

まあ今回もスタートダッシュが決まるかどうか。あとは、メンバー唯一の57kgを背負うのと前半の流れがカギになると思いますけど、やっぱ東京の長い直線。二段加速を使える武器はおっきいですよ。

相手はダイメイフジなど

他にも相手には、おととしの2歳王者サトノアレス。前回の東京新聞杯は後方追走から直線インを鋭く突くも2着まで。柴山がこの馬の特性を活かして上手くハメた感はあるが今回は一息入れられた。ま、先週のファストアプローチじゃないですけれども、500キロ超えの大型馬なだけに内枠から不利なく抜け出せてこれるかどうかでしょうね。

トウショウピストは昨秋、同条件オーロカップを逃げての勝利がある。現状は揉まれ弱いところがあるためスタートの良さを生かした逃げる戦法がベスト。力は足らないが楽な展開に持ち込めて、後続に可愛がってもらえれば粘り込みがあっても…

グレーターロンドンは後方から一気の伸び脚で追い込んでくるのが魅力だがリスクはつきもの。前走ダービー卿CT(5着)にしてもイン突きを狙うけど、前が壁になって追い出しに時間が掛かった。つまり、力を出し切れず不完全燃焼の競馬だったと言える。そういったことから今回は巻き返しに注意しておきたい。ただ、この馬は蹄の部分に不安を抱えており、前走で落鉄していたダメージがなければね…

去年の中京記念勝ち馬ウインガニオン。トップハンデタイでの出走となった前回の京都金杯(シンガリ負け)は息を吐く間もないくらい後続のプレッシャーがハンパなかった。さすがに直線では脚が残ってない状態だったが、内ラチ沿いのクソ狭いスペースにぶち込んできた岩崎騎乗のマサハヤドリームと接触するアクシデントが余計だった。一瞬故障しちゃったか?と思ったほど下がっていった場面に人目もはばからず涙したのだが、幸いにも馬体には問題なかったようで安心した。今回はあれから4ヵ月ぶりのレースで仕上がり具合と精神的なダメージが残ってないか心配はあるけれど、気分よく前々で競馬ができれば押し切る力は持っている。

ハマれば出番があるシュウジ。前走・東風ステークスは4コーナー最後方から直線大外を通って3着まで突っ込んできた。スローペースで斤量58kgを背負っており、上位2頭は前々で運んだ馬だった。ただし、ムラっ気がありノドの病気を持っているためアテにしづらい…。今回手綱をとるのは横山典。

折り合いさえつけば一発あって不思議ないダイメイフジ。昇級の身で押し出されるように1番人気となった前走オーシャンステークスは序盤から他馬の圧力に屈して後方から。直線は外から猛追するもコンマ1秒差の3着に終わった。なかなかいい瞬発力が持ち味で、広いコース替わりはプラスに出そう。前回はテン乗りのMデムーロだったが、今回は2戦2勝と相性のいい松山が騎乗。道中折り合って流れに乗った競馬ができれば勝ち負けしてもおかしくないと思っています。

印と買い目

◎ 10 セイウンコウセイ
○ 13 ダイメイフジ
▲ 06 グレーターロンドン
△ 01 サトノアレス
△ 02 トウショウピスト
△ 09 ウインガニオン
△ 11 シュウジ

3連複1頭軸 相手6頭ながし

◎-○▲△-○▲△(計15点)

以上、京王杯スプリングカップ2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

レース結果

天候:晴 芝:良 3連複:11,860円
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着3枠5番ムーンクエイク(セ5)56kgルメール1:19.5レコード4番人気
2着8枠17番キャンベルジュニア(牡6)56kg石橋1:19.5アタマ7番人気
3着1枠1番サトノアレス(牡4)56kg蛯名1:19.5ハナ2番人気
4着3枠6番グレーターロンドン(牡6)56kg田辺1:19.61/23番人気
5着2枠4番ラインスピリット(牡7)56kg森一1:19.71/214番人気

予想結果

◎ 10 セイウンコウセイ 12着(5人気)
○ 13 ダイメイフジ 17着(9人気)
▲ 06 グレーターロンドン 4着(3人気)
△ 01 サトノアレス 3着(2人気)
△ 02 トウショウピスト 11着(15人気)
△ 09 ウインガニオン 7着(11人気)
△ 11 シュウジ 8着(8人気)

-1500円