【京成杯2018予想】穴馬はライトカラカゼ

新京成

1/14(日)中山競馬場で行われます京成杯2018の予想をお届けします。

明け3歳、未知の魅力が詰まったクラシック候補生が京成電鉄のおひざ元でスカイライナーしちゃう一戦ですよね!

そして未来のナカヤマフェスタ、エイシンフラッシュ、フェイムゲーム、アルバートなどのお宝馬が今年のメンバーに隠されているのかどうか。
推理が大好きな私たち競馬ファンにとっても興味深いレースとなりそう。

馬券的にはそんなに荒れるイメージがありませんけれども、細心の注意を払いながら特急並みの俊足馬を発掘してみたいと思います。

速さが魅力の本番・皐月賞と同じ中山芝2000メートルで争われる快速特急の旅。果たして私が下した京成杯の予想とは!?

京成杯の予想

真冬の寒さのなか春のビッグレースと将来性を占う京成杯2018。

やはり馬券の中心は大外枠や気性に課題はあるが葉牡丹賞を逃げ切った実力馬ジェネラーレウーノ、年明けからアクセル全開スイッチオンの戸崎騎手が手綱をとるコズミックフォース、新馬勝ちが道悪馬場で判断しづらいけど他馬を子供扱いしたデルタバローズ、転厩2戦目と距離延長で変わり身が期待できそうなダブルシャープ、逃げてどこまで踏ん張れるか道悪のアイビーS勝ち馬コスモイグナーツ、今回もすんなりと先行できれば残り目もありそうなエイムアンドエンド

そして、まだキャリア1戦で課題はあるが才能の片鱗みせたイェッツトあたりでしょうかね。

それでは早速ヤッちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の本命・対抗はこの馬たちです!

ライトカラカゼ

ジリ脚なので人気にならないと思うが、デビューから【1-1-1-0】とまだ底を見せてない魅力がある。だがしかし、徐々に馬体が減り続けているのが心配ではあるんだけど本命にしました…

前走・未勝利勝ちは道中ロスなく回って直線で先に抜け出したバールドバイをゴール前で捉えた。

内容は平凡に映るけど疲労感の少ない競馬だったことは確か。この馬けっこう相手なりに渋太く走ってくるかもしれない。

全兄クリールカイザーほど弾むようなリズム感は今のところ見られないが、自在な立ち回りにくわえ二枚腰も使える兄のような個性派キャラに育っていってほしいところだ。

前走後「粗削りなところを修正していけたら、もっと良くなると思います」という大野騎手のコメントからも、将来性が高い可能性がある。

ライトカラカゼが今回どこまで食らいつけるか非常に興味深い。
瞬発力勝負になると厳しいが、先行力が売りなだけにロングスパートの我慢比べに持ち込めればドキドキできそうだ。

デルタバローズ

血統的にダートの短距離馬のような感じがするが、まだこの時期なら潜在能力で格好はつけられる。

ま、前回のデビュー戦は去年の富士Sが行われた雨が降りしきる重馬場の府中マイル戦だったが後続に4馬身差をつける圧勝だった。

負かした相手もそのあと勝ち上がっているようにメンバーレベルは決して低くない。

まだキャリア1戦で現時点4.7倍の3番人気とファンの期待を背負わされているけれど、むしろそれなりに力がある証拠で、NHKマイルCに向けて通過点にすぎない可能性があるのではないだろうか。

イェッツト

こちらもデビュー戦を勝ち上がったばかりの重賞挑戦となりますけれども、現時点の単勝オッズは10.5倍の5番人気と微妙に人気しちゃってる点が若干不安です…

まあ、それだけ可能性は秘めた馬なので仕方ないところか。

やっぱ新馬戦の勝ち方が良かった。好位から抜け出しての勝利だったのですが、しまいはグイグイと伸びていましたから私には将来性を感じる走りに映ったので。

ただし、「フワフワしていて押して行かないと動かないようなところはあるが、素直でおとなしい。芝の軽いところでいいと思う」と、前回手綱をとった和田騎手のコメントが引っ掛かる。

陣営も「良くなるのは先だが」みたいなこと言っちゃってるので、ぶっちゃけ今回は様子見が妥当なのかもしれません。

とはいえ、目を付けてた馬がココで走られちゃったら後悔するので相手として抑えておきたいです。

買い目

ということで本命穴馬は⑪ライトカラカゼですけど、今回は相手選びに悩むので2通りのフォーメーションでも組んでみましょうかね。対抗は⑩デルタバローズ①イェッツトの3連複2頭軸で勝負します!

連下は3番、6番、13番を除いた全馬への流しでイッちゃいます!

【3連複2頭軸総ながし】
11 – 1・10 – (3,6,13除く)全馬
(合計19点)

厳冬期の中山で争われる未来のビッグレース登竜門。注目の発走時刻は15時35分です。

以上、京成杯2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:結果と敗因

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着8枠15番ジェネラーレウーノ(牡3)56kg田辺2:01.21番人気
2着3枠5番コズミックフォース(牡3)56kg戸崎2:01.31/22番人気
3着1枠1番イェッツト(牡3)56kg蛯名2:01.41/26番人気

ライトカラカゼ4着(10番人気)
今回は中団からの競馬。4コーナーから直線にかけての手応えをみて3着内は確保できたかなと思いましたけれども、最後は外と内からかわされてしまいました。

現時点で上位とは力の差を見せつけられましたけど、ライトカラカゼもまだまだ伸びしろがあります。
どこかで賞金加算して皐月賞か日本ダービーに出てきてほしいです!

デルタバローズ13着(3番人気)
過剰人気に釣られてしまいましたゴメンなさい…汗
ま、デビュー戦の内容はバッチグーでしたから京成杯でも3着はあるかなと見ていたのですが、どうやらワタスは道悪馬場に騙されてしまいました。

ただし、かなり馬がイレ込んでたようでレース前から体力を消耗していた可能性があります。距離に関しても現状はマイルがベストと分かりました。

今後は無理せず自己条件に戻して、春のマイルCを目標に這い上がってきてほしい。

イェッツト3着(6番人気)
陣営コメントが控えめだったのでどうかなと思っていましたけど3着に突っ込んできました。

道中は後方のインで脚をタメる競馬になりましたが、直線は馬郡を捌くロスがありながらも期待通りの走りを見せてくれたと思います。ただ、賞金加算できませんでしたし勿体ない競馬だったのは事実。

この馬も伸びしろがありそうで、今後も目が離せません!