【京成杯オータムハンデ2016】◎ダノンプラチナ無事に走れば好勝負

      2017/07/03

G3のトロフィー

9/11(日)中山競馬場で行われます京成杯オータムハンデの予想をお届けします。さあ、今年も中山マイルが舞台のドル箱重賞のお時間がやってきましたー!

去年は三連複でも26万円、三連単はなんと220万馬券が飛び出す大波乱になりました。ゴール前は横にズラーッと大接戦となり、これぞハンデ戦って感じですごかったわけですけど、皆さんも的中されたのでしょうか?もちろん、 タマモトッププレイ を◎にしたワタクシは無理でした(^^;)

私だけでなく、ほとんどの方が開幕週からあのような差し追い込み決着になるとは思いもよらなかったでしょう。ぶっちゃけこの馬券を当てた方は、常にみんなと逆の思考を持った買い方をされているんだと思います。

もしかしたらこんなドル箱レースは時間かけて真面目に予想してもどうせ外れるのだから、自分やご家族、彼氏彼女の誕生日の数字にちなんだ馬券で買われた方がいるかもしれませんし、サイコロや鉛筆を転がしたりビンゴゲームで買い目を決められた方がいたかもしれません。

競馬予想というのは人それぞれ考え方が違うと思いますけど、的中率よりも回収率が重要になってきますので常に人の逆をいく発想で大きな配当を狙っていった方がいいような気がします。普段なかなか当たらなくても、こういった大波乱のレースを1本や2本でも仕留められたら投資した金額次第により年間収支がプラスになるわけですからね!

ま、それでも競馬は「あーでもねー、こうでもねー」とか悩みながら予想するのが深い味わいでもあり、仕事のストレスも発散できます!去年の歌って踊れるミーハー野郎はこの京成杯オータムハンデを思いっきり外しているので今年に賭ける想いは熱いです!

コース解説

まずは、中山芝1600メートル外回りコースを簡単に説明しておきますね。※Bコースを使用します(Aコースから3m外に内柵を設置)

中山芝1600m
1角ポケットからのスタートで最初のコーナー(2角)までの距離は約240メートルと短く、2角から3角中間付近まで下り坂となっています。きつめの4角を回ると直線は310メートルと短くゴール前は約2メートルの急坂が待ち受けているコースです。

スタートから最初のコーナーまで距離が240メートルと短く緩やかな下り坂になっています。そう言ったことからも外枠に入った先行脚質に乗っている騎手はポジションを取りたいので序盤から先行争いが激しくなりペースも速くなります。なにしろコーナーが緩やかなコース形態なので道中は内で立ち回った方がかなり有利。外を回され続けていれば致命的で直線はまともに勝負ができません。そういったことから多頭数の外枠は前々に行ける馬以外は不利だと思います。

外枠の差し追い込み馬の場合はもう腹をくくるしかなく、道中インベタに拘り展開任せの死んだふり作戦か早めに仕掛ける傾向が多く見られます。

展開的には最後の直線が短いので、騎手心理が働き3角手前から早仕掛けのロングスパート勝負になりやすいです。それでも内ラチ沿いを上手に立ち回ってきた馬の方が最後の急坂でもひと踏ん張りが利くので有利といっていいでしょう。

このコースはペースが速くなりがちでアップダウンが激しいのでマイル以上の距離もこなせる先行馬が軸馬として相応しいですが、道中内ラチ沿いを立ち回ってきそうな差し追い込み馬にも警戒しなければいけません。

とにかく、三角形でおにぎりせんべいみたいな形のトリッキーなコースなので波乱が起きやすいレースで有名です。まじめに予想しても当たりにくいので肝っ玉の据わった騎乗が期待できるジョッキーを狙い撃つ手段もありではないかと思います。ちなみに9月開催は全面野芝を使用しておりますので良馬場なら時計の速い高速決着に注意です。

予想確定

独断と偏見と妄想の隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください!

ポジション
逃げ⑮ペイシャフェリス
番手⑦ピークトラム⑨ワキノブレイブ
先行③カフェブリリアント⑥クラリティスカイ⑭ダノンリバティ
⑧ラングレー⑫スマートオリオン
中団①ダイワリベラル⑪ダンスアミーガ
④シベリアンスパーブ⑤ダノンプラチナ⑯リーサルウェポン
後方⑩ロードクエスト⑬トウショウドラフタ

 
外からペイシャフェリスがハナを奪取してピークトラムとワキノブレイブが番手から運ぶと予想しましたが、もしかしたらクラリティスカイに乗る田辺騎手の思い切った逃げも考慮しておきたいところです。人気のロードクエストとダノンプラチナは後方からの競馬になりそうです。

それではお待たせしました!小さなリスクで大きく儲ける私の京成杯オータムハンデ2016の予想はこうなりましたけど。

◎は普通に回ってくれば好勝負!

本命はディープインパクト産駒の ダノンプラチナ 。7ヶ月の休養明けになりますけど鉄砲駆け(休み明けのレースで好走すること)が利く馬なので軸にしました。まあここでは力の差が歴然ですから、58kgのトップハンデを背負っても位置取りと脚元に気をつけて不利なくスムーズに回ってこられれば結果はついてくると思います。

前回の東京新聞杯は4着でしたが出遅れて後方からの競馬になったのが響きました。結果はドスローの前残り決着でしたから上位3頭は前に行った馬たちばかりです。それに初めての海外遠征明けでしたので調整も難しかったと思います。そのため序盤は精彩を欠くシーンが見られましたが、直線は外から目の覚めるような伸び脚を見せていたのでやはりタダ者ではない雰囲気を醸し出していました。

あとは脚元の不安というか爪の状態が気になるところですけど、これは能力が高い馬の宿命みたいなものなので、まずは無事に走り切ってくれることを願いたいです。

相手は去年の新潟2歳チャンプなど

他にも相手には、マイル戦は3戦2勝2着1回で強烈な末脚を持つロードクエスト、重賞ハンター戸崎騎手に乗り替わるカフェブリリアント、近2走が4着でさすがに妙味がなくなりましたが個人的には大逃げをかまして欲しいダンスアミーガ、勝てばサマーマイルの王者になるダノンリバティ、大野騎手はなぜスノードラゴンに乗らずこっちに乗るのか気になりますけど行った行ったの粘り込みを警戒しておきたいペイシャフェリスまで印を抑えます。

穴は一瞬のキレ味が魅力のアノ馬!

穴馬はこの馬です。E ⇒ トウショウドラフタ

条件が悪いせいか人気を下げていますけど、予報では明日天気が崩れるみたいなので雨でも降れば出番があるのではないでしょうか。とくにEが持つ一瞬のキレ味は直線が短い中山コースに合うと思いますので穴馬として注目しておきたいです(●´ω`●)

印と買い目

◎ 5 ダノンプラチナ
○10 ロードクエスト
▲ 3 カフェブリリアント
☆13 トウショウドラフタ
△11 ダンスアミーガ
△14 ダノンリバティ
△15 ペイシャフェリス

【三連複】05 - 03,10,11,13,14,15(合計15点)

というわけで馬券は◎ダノンプラチナから印を打った馬に三連複の軸1頭流しで勝負します!発走時刻は15時45分です!

以上、京成杯オータムハンデの予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

着順馬名斤量騎手タイム着差人気
1着5枠10番ロードクエスト(牡3)55kg池添1:33.01番人気
2着2枠3番カフェブリリアント(牝6)54kg戸崎1:33.11/26番人気
3着3枠5番ダノンプラチナ(牡4)58kg蛯名1:33.31馬身 1/42番人気
4着1枠1番ダイワリベラル(牡5)56kg北村宏1:33.51馬身 1/24番人気
4着3枠6番クラリティスカイ(牡4)57.5kg田辺1:33.5同着9番人気

 

ぶっちゃけ競馬の予想結果

◎ 5 ダノンプラチナ 2人気3着
○10 ロードクエスト 1人気1着
▲ 3 カフェブリリアント 6人気2着
☆13 トウショウドラフタ 10人気6着
△11 ダンスアミーガ 8人気11着
△14 ダノンリバティ 3人気10着
△15 ペイシャフェリス 11人気7着

三連複 3940円

 - 競馬予想, 重賞
 -