【京成杯オータムハンデ2017予想】穴馬はミッキージョイ!

      2017/09/15

京成線

9/10(日)中山競馬場で行われます京成杯オータムハンデ2017の予想をお届けします。

まだまだ夏競馬は終わっちゃいませんよ。サマーマイルシリーズの最終決戦が開催されますからね!

現在ポイントランキング1位のウインガニオン(15P)は不在でありますけれども、マルターズアポジー(10P)、ダノンリバティ(6P)、グランシルク(5P)らランキング上位の3頭に優勝の可能性が残されております。

シリーズのポイント表
着順
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
ポイント
10
5
4
3
2
1

 

中山マイルのハンデ戦といえば、展開とハンデキャッパーのさじ加減ひとつで大波乱決着になっちゃうレースですから、我々馬券師にとっても夢のあるお宝重賞だと思っています。

ただ今年の 京成杯オータムハンデキャップ は、斤量の重い馬がそろってしまいましたね。

1週間血ヘドを吐く苦難と闘いながら穴馬予想やってきたのに、あっさり上位人気で決まっちゃう競馬のむずかしさ。

もしかしたら谷間の年にあたるのかもしれませんけど、希望と奇跡を信じて荒れるハンデ重賞を楽しみましょう!果たして私が下した京成杯オータムハンデ2017の予想とはいったい!?

予想確定

中山芝1600m

舞台となります中山芝1600メートルに関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

※Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)を使用。

それでは本日もよろしくお願いします。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

流れに乗っていけるかどうか

ズバリ言うわよ!本命は市川Sの突き抜けが印象的な⑭ミッキージョイで仕方なし。外枠ですしおそらく後ろからの競馬となりますけど、中山マイルは5戦して掲示板以下は1回だけの巧者。

やっぱ4走前の市川S(準オープン)が圧巻の勝ち方でした。厳しいペースの持続力戦を圧勝したわけなので、あの脚が使えるならいつ重賞で走ってもおかしくないですから。

ただし、武器はあるけどまだオープンで結果が出てないのでね。

もう少しクラス慣れが必要なのかもしれませんが、得意の舞台なら一発やってくれそうな期待感があるので本命にしました。

まぁ、以前はスロー専用機なイメージもありましたし、秋風Sではマルターズアポジーやグランシルクにチンチンにされた苦い過去があったからこそ現在に至るわけで…。

そういったことからもトリッキーなコースの中山マイル。まず外枠からレースの流れに乗っていけるかどうかが第一条件。

それをクリアできたなら勝負所は外からスッーと押し上げて4コーナーでの手応え次第になると思います。複勝圏内に入って来れるかどうかのね。そこはもう天運に任せるしかございません。

あとは休み明けの仕上がりさえ問題なければ…。

 

相手はマルターズアポジーなど

他にも相手には、先行して渋太い3歳馬の②ボンセルヴィーソ。4ヶ月の休み明けになりますが仕上がり早タイプ。古馬と初対決になりますけどハンデ差の恩恵がありますし、2~3番手で気分よく運べたら重賞6戦連続馬券内も可能だと思います。

快速特急⑤マルターズアポジー。前走は楽逃げがハマったが、ここで連対すればサマーマイルシリーズ優勝となるだけに飛ばし逃げ決行か。ちなみに過去10年の逃げ馬成績は【0‐0‐0‐11

中山マイル【2‐3‐2‐2】のグランシルク。重賞タイトルにあと一歩のところまで来ていますが、今回こそ勝つようなことが起きればシリーズチャンピオンのおまけまで付いてきます。ただし、今回はテン乗りの田辺騎手。内枠なので馬郡をうまく捌いてこれたらいいんだけど…。

東京新聞杯勝ち馬⑧ブラックスピネル。前回の 安田記念の予想 では本命にしましたが、直線両サイドから挟まれて戦意喪失。まさかのシンガリ負けとなったわけですけれども…。バテないタイプなので厳しいペースならとみていたのですが、色々と敗因があったようなので巻き返しに期待。ただ500キロを超す大型馬なので、今回は仕上がり具合がカギになりそう。この舞台も忙しい感じがしますけどどうでしょうか。

ここで勝てばシリーズ制覇となる⑬ダノンリバティ。前走の関屋記念は前残り決着でしたが、好位で運ぶも仕掛けが遅れて3着まで。京成杯AHは去年(10着)に続いて今年も7枠。中山マイルの外枠は先行馬にとって非常に厄介な舞台なだけに、鞍上(松若騎手)の手腕が試されるレースとなりそうですけど。

そして、前走が不可解なシンガリ負けも、ニューイヤーS58キロ背負っての完勝劇がキラリと光る⑯マイネルアウラートまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎14 ミッキージョイ
○ 5 マルターズアポジー
▲ 2 ボンセルヴィーソ
△ 6 グランシルク
△ 8 ブラックスピネル
△13 ダノンリバティ
△16 マイネルアウラート

【3連複】 14 → 2・5・6・8・13・16(計15点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。本命穴馬ミッキージョイから、シリーズ制覇が懸かるマルターズアポジーなど印を打った6頭への流し馬券です。

やや堅めの予想となってしまいましたが、こういったときに限って大波乱の結末となっちゃうのでしょうか!?注目の発走時刻は15時45分の予定です!

以上、京成杯オータムハンデ2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着3枠6番グランシルク(牡5)56kg田辺1:31.61番人気
2着2枠3番ガリバルディ(牡6)57kg北村宏1:31.91 3/411番人気
3着7枠13番ダノンリバティ(牡5)56kg松若1:31.9クビ6番人気
4着3枠5番マルターズアポジー(牡5)58kg武士沢1:32.21 3/42番人気
5着6枠12番トーセンデューク(牡6)55kg三浦1:32.31/29番人気
天候:晴 芝:良

 

◎⑭ミッキージョイ 9着(8人気)

ハズレ

 - 競馬予想, 重賞
 -