【共同通信杯2018予想】ステイフーリッシュに非凡な才能を感じる

昭和レトロイラスト

2/11(日)東京競馬場で行われます共同通信杯2018の予想をお届けします。

重賞といえば「○○の重要な前哨戦」、または「○○への登竜門」的な言葉をよく耳にしますけれど、今回もまたそういったレースでございまして、将来に希望が持てる現3歳馬を発掘する一戦になると思います。

とはいってもジャンキーな競馬ファンなら、これまでの経緯から大体クラシック候補生が把握できているのではないでしょうか?
ま、ビギナーの方たちは別としてね。

今回も強い馬が2頭いてますので恐らくそれらが連対すると考えています。つまり、馬券の焦点は3着にどの馬が入るかになるでしょう。

ワタス的に前走内容を見てよかったと思ったのはゴール前の脚が際立っていたステイフーリッシュと、直線しっかりとした伸び脚で外から捕らえたグレイルの2頭。

他にも藤沢厩舎の期待馬ゴーフォザサミットや、世界トップジョッキーが手綱をにぎるサトノソルタスなども凄く気になるのですが、やはり問題は馬場状況ですよね。こればかりはレース当日になってみないと分かりません。

困ったことに天気予報では土日に微妙なニュアンスで傘マークが表示されちゃってるんですよ…

でも、いくら馬場状態を手中におさめたとしてもハズレるときはハズレる。当たるときは当たる。競馬の予想ってそんなもん。もう深く考え込むのは止めにしようじゃないかと。

要はビビッときた直感をうまく利用することが回収率向上に効果ありと、最近のひとり反省会から解明されてきた感じがするので、果たして私が下した共同通信杯の予想とは!?

予想オッズ

現時点(2/9 PM11:00)の共同通信杯・予想オッズですけど、騎手と併せて掲載だけしておきます。

1.グレイル 1.8 武豊
2.ステイフーリッシュ 5.0 中谷
3.ゴーフォザサミット 5.5 田辺
4.サトノソルタス 5.7 ムーア
5.カフジバンガード 12.2 内田博
6.オウケンムーン 12.9 北村宏
7.アメリカンワールド 22.8 浜中
8.ブラゾンダムール 64.6 横山典
9.エイムアンドエンド 75.3 ミナリク
10.コスモイグナーツ 91.6 柴田大
11.リュウノユキナ 181.2 吉原寛
12.トッカータ 842.6 丸田

予想確定

東京芝1800メートルを舞台にして争われるのは、3歳馬による今後のG1戦線を語るうえで切っても切れない関係にあるG3共同通信杯。

それでは今週も張り切ってヤッちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の本命・対抗はこの2頭です!

ステイフーリッシュ

本命は前走・ホープフルSが不完全燃焼な競馬だったステイフーリッシュで仕方なし。新馬戦を勝ち上がったばかりの重賞挑戦(2歳G1)で、いきなり3着に食い込んでくる実力馬なのですから常識に踊らされてはなりません。

しかも直線で前にカットされるような場面がありましたからね。あれがなければ際どい勝負になっていたと思います。

ま、ホープフルSのときにも書きましたけれど、デビュー戦で見せた決め手は将来性を感じるモノがありました。

そして昔コスモセンサーでやらかしたナカタニも、今年は騎手人生のターニングポイントを迎える可能性が高い。

ステイフーリッシュはトップスピードに非凡な才能を感じさせられますし操縦性も言うことなし。
あとは、もう少し加速力がupしてくれたらG1級の出来上がり。

まだ先の話ですけど無事に順調に成長していけたなら、久々にクラシック3冠の夢が期待できる1頭だとみています。

グレイル

対抗は京都2歳Sの覇者グレイルで仕方なし。あのレースは9頭立ての少頭数でしたが、なかなか素質馬がそろった好メンツだった。

中団前め追走から直線先に抜け出した後のホープフルS勝ち馬タイムフライヤーを外から上がり34.0秒の末脚で差し切り。
ただし、直線ではまったく手前を替えてなかった。

陣営がしきりに「まだ緩い」とコメントしているように、走るフォームが改善してくれば今後大きなレースでも安定して好結果を残してくれそうな雰囲気がある。

ふつうだったら菊花賞当日の雨でぬかるんだ馬場を激走した次戦はダメージ残りで力を発揮できないケースが多くあるのだが、グレイルはそういったところを一切見せずにデビューから1カ月後の京都2歳Sを制した。

そういったことからもポテンシャルを感じるキャラなので、前回から少し間隔はあきましたが期待通りの走りを見せてくれるのではないでしょうか。

各馬の評価

①サトノソルタス
キャリア1戦の馬。そのデビュー戦は天皇賞秋が行われた日の極悪馬場。直線ゴール前の攻防は横一線となり、最後は体力と気力を振りしぼって上がってきた内容だったので正直評価が難しい。
今回は3カ月半ぶりのレースとなる。鞍上は今週から3週間、短期免許で騎乗するライアン・ムーア。

②カフジバンガード
東スポ杯4着・シンザン記念5着で、素質馬が集まる重賞では底が見えてきた感じだが終いの脚は使っている。前走は期待外れだったが、やはり長い脚が武器なだけに先行してどこまで粘り込むかのキャラなのだろう。
今回はウチパクが手綱を取る。グチャグチャにぬかるんだ馬場になれば。

③アメリカンワールド
アメリカで生まれた馬。前走・未勝利戦は終始インを立ち回っての好時計勝ち。
なんとなくエイシンアポロンと似たような風貌で、今後も1600メートル前後の距離で活躍してくれそうだ。
今回も上手な立ち回りでどこまで食い下がるか。

④エイムアンドエンド
5番人気に支持された前走・京成杯(10着)は好位イン追走も直線はそれほど光るところが見られなかった。
ま、コース関係もあったかもしれないが、デビューから2戦3着内の府中で変わり身に期待といったところか。
鞍上は初の短期免許を取得して今週から4月2日まで騎乗する予定のフィリップ・ミナリク。

⑤コスモイグナーツ
京成杯はハイペース逃げを演出して11着に沈んだ。去年オープン勝ちこそあるが不良馬場でのもの。
ただ先行できるのは大きな武器なので、どしゃ降りの雨でスタミナ勝負となれば一発も…

⑥オウケンムーン
頭の高い走法からも東京の舞台では厳しいような感じを受ける。
長い脚があるし本質的に長距離のステイヤーだろうね。

⑦ブラゾンダムール
3カ月の休み明けとなるディープインパクト産駒。おととしダービー馬レイデオロを送り出した東京芝二千の新馬戦は、2番手追走から直線あっさり抜け出しての快勝。このとき3着だったのがのちの京成杯2着馬コズミックフォース。
前走・黄菊賞は10着に敗れてしまったが、操縦性の悪さがモロに出てしまった結果なので度外視は可能。
今回手綱を握るのは横山ノリ。
こういった人気薄の先行馬に乗せると、必要以上にいやらしいことをヤッてくるジョッキーのため一発の魅力はある。馬券的にも穴で要注意だろう。

⑧トッカータ
近走は精神的に問題あってか分からないが、走るのを止めるような素振りをみせているため買える要素はない。

⑩ゴーフォザサミット
3カ月ぶりのレースとなるが、1週前追い切りで僚馬レイデオロと併せて先着していたことからも状態の良さを感じることができる。
ただし、陣営の「まだ緩いところがある」「完成はまだまだ」といったコメントに洗脳されてしまった自分をどうするか…
他陣営をはぐらかすため煙幕を張っているだけなのかもしれないが、田辺ジョッキーは結構本音をぶっちゃけたりする性格なので本当なのだろう。
それでも藤沢先生の期待馬だし、メンバーレベルが低ければ馬券圏内に入ってくる可能性はあるだろう。

⑪リュウノユキナ
船橋から参戦してきた馬。芝の好走経験はあるが、さすがに展開いらずの今回の舞台では厳しい。

買い目

ということで本命⑨ステイフーリッシュで、対抗⑫グレイルの3連複2頭軸で勝負します!

連下は8番・11番を除いた総流しでイッちゃいます!

【3連複2頭軸総ながし】
9 – 12 – 全馬(8,11除く)
(合計8点)

注目の発走時刻は15時45分です。

以上、共同通信杯の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着5枠6番オウケンムーン(牡3)56kg北村宏1:47.46番人気
2着1枠1番サトノソルタス(牡3)56kgムーア1:47.53/43番人気
3着4枠4番エイムアンドエンド(牡3)56kgミナリク1:47.71 1/410番人気
4着7枠10番ゴーフォザサミット(牡3)56kg田辺1:47.7ハナ4番人気
5着2枠2番カフジバンガード(牡3)56kg内田博1:47.7クビ7番人気

予想結果
◎ステイフーリッシュ 10着(2人気)
○グレイル 7着(1人気)