【京都金杯2017予想オッズ】ブラックムーンから漂うチョイ悪感

      2017/07/03

1月5日(木)京都競馬場で開催されます京都金杯の予想オッズから上位人気馬の見解を独自目線で書いていきます。

さぁ、やってきましたー。今年も運だめしの縁起もんレースが東西の金杯で乾杯されますね!

2017年のしょっぱなから中波乱が期待できる安心安全のハンデ戦。2016年の京都金杯は◎ミッキーラブソング(3連複63,710円)で初笑いしたわけですけど、今回も即効性抜群の自作仕掛けがハマってくれるのでしょうか!?

そして、上位オッズに祭り上げられた有力どころから皆様も期待する危険な人気馬を導き出してみたいと思います!

現在のオッズ

1. エアスピネル 1.9
2. アストラエンブレム 5.1
3. ガリバルディ 5.9
4. ブラックムーン 11.3
5. フィエロ 14.3
6. ブラックスピネル 15.9
7. マイネルハニー 22.6

現時点(12/30)の予想オッズ1番人気から7番人気までを掲載しました。しかし、なんとG3のハンデ戦にアノ無冠の帝王 フィエロ の名前が…。時代の流れを感じますね。

さて、馬券の軸となる候補はこの辺りまでではないでしょうかね。

本日はこの上位オッズ7頭の有力馬をピックアップしてお送り致します。

有力馬の紹介

それでは京都金杯の予想オッズから人気馬をターゲットに、独自目線の見解を1分でわかるように芸術的センスでまとめていきますのでぜひご覧ください。

エアスピネル

前走の 菊花賞 は3着でした。3000メートルの長丁場なので戦前は距離がどうかな?と思っていましたけど、経済コースを巧く立ち回ってきた武豊騎手の好騎乗と、3歳世代では完成度の差も味方して直線もしぶとく踏ん張ってファンを驚かせました。

エアスピネルの本来の距離適性は1600~2000メートル。マイル戦は3戦2勝2着1回とすべて連対しているのは強み。

ただ、前回から距離が一気に短縮されますから、そのあたりが一つのポイントになるかと思います。

現在の予想オッズでは1番人気。今回はじめて年長馬との戦いになりますけど、若さと実績と安定感 ならこの馬が一番。

レースの流れによって自在に操られる器用なところもあり、得意の淀で堅実な走りが期待できると思います。

ハンデは56.5kg、鞍上は武豊騎手です。

アストラエンブレム

1000万・1600万クラスを2連勝してオープン入り。もともと2歳のころから重賞で頑張ってた馬で、今回と同じ舞台の2016年シンザン記念では4着があります。好位追走から直線はジリ脚で前を捉えることができませんでしたが、あれからひと夏こしての成長力はどんなものか。

アストラエンブレムはこれまで8戦して5着以下がない堅実派の3歳馬(明け4歳)。そのうち6回馬券に絡んでるのが すべて左回りコース でのもの。

右回りは京都を含めて2戦4着2回。ぶっちゃけパンチ不足は怯めませんが、京都は開幕週なので前々で運べば粘り込めそう。

ハンデは54kg、鞍上はミルコ・デムーロ騎手です。

ガリバルディ

前走の マイルチャンピオンシップ は後方から運んで7着(0.4秒差)。道中のペースは速かったですが上位3頭は先行した馬でした。それでも直線は外から上り3Fメンバー最速(34秒6)の末脚を駆使していました。外枠でしたし前に行った馬が止まらない流れの中でも自分の走りはキッチリできてましたから悲観する内容ではなかったと思います。

ただ、どうでしょうかね。ガリバルディは力の要る馬場が合ってるような感じがしますし、今回も後ろからの競馬になるんでしょうか?

それに 反応もなんか鈍い ですから例年通りの前残りの馬場ではキツイのではないでしょうか。どうも危険な人気馬くさいですね。

むしろ千八・二千の距離の方が面白いような気がしますけど果たしてどうか。

ハンデは57kg、鞍上はルメール騎手です。

ブラックムーン

前走キャピタルステークスは直線大外からなかなかコクとキレのある末脚で差し切ったブラックムーン。流れが向いた感も終いの決め手は侮れません。

ただスタートが悪いので後方ポジションになると直線は脚を余す可能性があります。ペースが速ければ差し切りも十分考えられますけど、京都は得意にしている条件。

展開次第では危険な香りもするチョイ悪感が漂ってきますねぇ。

ハンデは56kg、鞍上は浜中騎手です。

フィエロ

同じ舞台のマイルチャンピオンシップで2度の2着があるフィエロ。前走の阪神カップは3着。直線のラスト1F、前の馬がバテたところを勝ち馬シュウジと一緒に上がってきました。若干年齢的なものを感じましたが馬はまだ前向きです。

もしも今回出走するならG3戦は明け8歳にして初めてのレース。そして 中11日の変則連闘 となります。

まぁ、年齢的な衰えがあるかもしれませんけど、G1・G2でしのぎを削ってきた馬なだけに、ここであっさり重賞初制覇の可能性 も…。

今回はトップハンデとなる57.5kg。鞍上は今年も短期免許を取得してやってきたアイルランド出身のフォーリー騎手です。

ブラックスピネル

前走のチャレンジカップは+18キロの馬体も直線ジリジリ脚を伸ばし、勝ち馬からコンマ1秒差の5着だったブラックスピネル。管理する音無調教師は『太くなかったら勝ち負けだった』とコメント。今回どこまでも絞れるか。

マイル戦は2戦して4着が精一杯。やはりもう少し距離があった方が良さそうですから危険な感じがします。しかし京都は萩ステークスや白百合ステークスを勝った舞台です。

ハンデは55kg、鞍上は福永騎手です。

マイネルハニー

チャレンジカップ は逃げず控える競馬も直線渋太く粘り込んで勝利したマイネルハニー。先行力が魅力で今回は2歳時のベゴニア賞(3着)以来となるマイル戦。

京都はAコース。2か月間この日のために頑丈に保護されてきた内目に出現する グリーンベルト に乗っかって重賞連勝か。

ハンデは56kg、鞍上は柴田大知騎手です。以上

 - レース展望
 -