【京都新聞杯2016予想】アグネスフォルテに絶好の舞台!

      2017/07/02

G2のトロフィー

5月7日(土)京都競馬場で行われる京都新聞杯の予想をお届けします。このレースは日本ダービーへの優先出走権こそありませんが前哨戦として注目でございます。

近年ココからダービーで活躍した馬といえばトーセンホマレボシ(3着)、キズナ(1着)、サトノラーゼン(2着)です。果たして今年も夢の舞台で大暴れする馬が現れるのか気になるところでありますが、今のところオレがダービーで狙っている馬は、ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、ヴァンキッシュラン、レッドエルディストです。

日本ダービーといえばJRAの数あるG1の中でも最も当てやすいレースだと思っておりますが、まずは京都新聞杯に集中ですね!

先週の「◎レッドエルディスト」に続き、ココも秘めたる能力を持つお馬さんを見つけ出しましょうか!?

コース解説

まずは京都芝2200メートル外回りを軽く説明しておきますね。なお今週もCコースを使用です。

京都芝2200m(外)

正面スタンド前からの発走で、最初のコーナーまでの長さが397.3メートルと長い。そのため序盤から無理なポジション争いが発生しないため枠順の有利不利はほとんどないだろう。ただ、どのコースでもいえることだが、内をロスなく立ち回れる枠に入った方が最後の爆発力に繋がるため圧倒的に有利だ。

スタートからアップダウンのない平坦な道のりで1,2コーナーは急カーブ。向正面の中盤に差し掛かったあたりから坂が出現する。3コーナーに入ったところが頂上になる。頂上の3コーナーを過ぎると下り坂に入るためペースが一気に速くなる。

ここが勝負の行方を左右するポイント。後方待機の馬は4コーナーではある程度のポジションまで押し上げてこなければいけない。

そうでないと最後の直線は404メートルと距離はたっぷりあるが坂がない。先行馬や中団前めのポジションに付けた馬など加速を付けたまま突入するので簡単には止まないのだ。高速馬場だったら尚更だろう。

基本外回りコースといえば瞬発力が売りのディープインパクト産駒が有利になるのだが、この京都芝2200mの舞台はちょっと違う。スローのヨーイドンではなく持続力がモノをいわせるコースだ。(クラスが上がれば上がるほどね…)

よって、オレが考える攻略ポイントは、

【スピード、スタミナ、軽い芝への適正】

この3つの要素をすべて兼ね備えている馬を狙えばOK!ではないだろうか。

予想確定

それではお待ちかね!小さなリスクで大きく儲ける京都新聞杯2016の予想はこうなりましたけど。

◎ゼンノタヂカラオ

本命に選んだのは8戦オール3着内のゼンノタヂカラオ。相手なりに堅実に走るタイプだが、前走のはなみずき賞はヤバいくらい致命的不利を喰らいながらも馬群をこじ開け勝利した。これは母ダイヤモンビコー譲りの底力ではないだろうか。そういえば、お母さんもこの舞台と同じエリザベス女王杯で2着があった。

とにかく前走は凄まじいほどの底力を見せてくれた。ただ過去の映像をテープが擦り切れるまで観た結果、終いの末脚には物足りなさが残るので母のように先行して渋太い脚を使う競馬が合っていると思う。

ここ2年のはなみずき賞勝ち馬といえば、サウンズオブアースにサトノラーゼン。この2頭はココからダービーに駒を進めた馬。そう考えると、出世レース的存在のはなみずき賞を勝利したゼンノタヂカラオもチャンスがあっていい。

1頭キレキレの末脚を使う馬がいるが、まともにやって勝てる相手ではないだろう。前目のポジションから早めに押し切るくらいの競馬に期待したい。

☆アグネスフォルテ

前走はなみずき賞は、まったく競馬にならなかったアグネスフォルテを穴馬にした。まずスタートから寄られて先行できず、1コーナーでも外から被されポジションを下げる不利。そして直線も窮屈に挟まれながらも最内を突こうとするが、前が壁になり不完全燃焼の競馬。直線抜け出そうとした時の手応えは十分だったし、スムーズならゼンノタヂカラオと差のない競馬をしていたのではないか?

2走前の大寒桜賞(2200m)では、一足先にダービーへの出走権を手に入れたレッドエルディストの2着がある。馬場も展開も向いたけど道中2番手からしっかり粘り込んでみせた。

去年の京都で行われた未勝利戦芝2000メートルのレースでは1分59秒8の時計で勝利。2歳レコードを0.1秒更新した馬でもある。

そういったことからもスピード・スタミナ・京都の軽い芝適性と、このコースで求められるすべての条件を満たしているアグネスフォルテにとってはまさに絶好の舞台。

最近はほとんど耳にしなくなったが『関西の秘密兵器』とはこの馬だ。

【まとめ】印と買い目

他にも相手には未勝利戦でヴァンキッシュランから0.2秒差の3着があるスワーヴアーサー、距離やササり癖など課題があるスマートオーディン、半姉にブエナビスタやジョワドヴィーヴルなどミーハー馬券師には堪らない良血馬のエルプシャフト、デビュー戦から4戦すべて京都を走りまだ4着以下がない巧者ロイカバード、萩Sでスマートオーディンの追撃をあっさり振り切ったブラックスピネルまで印を抑えます。

京都新聞杯(G2)
◎10 ゼンノタヂカラオ
○ 4 スワーヴアーサー
▲ 2 スマートオーディン
☆11 アグネスフォルテ
△ 7 エルプシャフト
△ 9 ロイカバード
△13 ブラックスピネル

というわけで馬券は◎ゼンノタヂカラオから印を打った馬に、三連複の軸1頭流し(15点)で攻めます!

あと、スマートオーディンやロイカバードですけど、週中の予想段階で消しにする予定でいたんですよね。明らかに距離や適性なんかも合わないと思うのでね。だけど今回のメンバー構成だと潜在能力で来ちゃいそうな気がいたしましたので予定を変更して抑えておきたいと思います。

てなわけで、夢の日本ダービーに駒を進める馬はどの馬か!?発走は15時35分です!

以上、京都新聞杯の予想でした。
どうもありがとうございました。

 - 競馬予想, 重賞
 -