【中山金杯2017】穴はライズトゥフェイム!

      2017/01/13

G3race-trophy-illustration

1/5(木)中山競馬場で行われます中山金杯の予想をお届けします。

さあー2017年の始まりを告げる光りまぶしく感じるハンデキャップマッチがいよいよ開催目前に迫って参りましたね!

更なる飛躍を目指す13頭の精鋭たちが繰り広げる熱き鼓動の果て、いったいどんな感動とやすらぎを我々競馬ファンに与えてくれるのでしょうか!?

新年もローリスクな運用で多くの利益をもたらす予想法を心ゆくまで堪能していってください!

攻略ポイント

nakayama-turfcourse-2000m-illustration

コース形態に関しましてはコチラの「中山芝2000mコース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

ちなみに今週からCコース(Aコースから6m外に内柵を設置)で、野芝+寒さに強い洋芝をミックスさせたコース仕様となっているため若干時計がかかるようになっています。

ぼくが考えた最強の中山金杯の攻略ポイントをまとめました。

  • 近年は7~8枠から馬券になった馬はいないが今年は13頭立てなので外枠でも注意。
  • 勝ち馬は最終コーナーで先団に位置取りを上げそうな馬、または好位からスムーズに抜け出せるような運のある馬
  • 2着3着には先行馬の粘り込みと、差し追い込み馬。

以上

中山金杯の予想確定

それでは小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎ツクバアズマオー

本命はステイゴールド産駒のツクバアズマオー。やっぱ前走のディセンバーSの勝ち方が良かったのでね。外からまとめて差し切る競馬でしたから、今回も似たようなメンバーが相手ですし格好つけてくれると思います。

中山芝2000メートルの通算成績は【3-2-0-1】で、唯一の凡走は3歳時の京成杯(15着)だけです。

精神面が不安定だったあの頃があったからこそ今があるといった感じで、またいつ出遅れたりするか正直心配なところもあります。

ただ今回は少頭数なので馬郡は捌きやすいはず。しまいも瞬間湯沸かし器のような、『点火も消火も指一本でOKよ!』みたいな末脚はココでは光ります。

ジョッキーの吉田豊騎手は馬の力を信じて、変な色気を出さずに乗ってくれたら大きく崩れることはないと思います。

 

☆ライズトゥフェイム

穴馬はライズトゥフェイムで仕方なし。去年の中山金杯は6番人気の4着でしたが、上がりの3ハロンは32秒6と、新潟の固くて軽い馬場で記録したような速さの時計を出していました。

ただペースが物凄く緩かったから出せた時計で、前の馬もそう簡単に止まりませんよね。ほかにも何頭か32秒台後半の脚を使ってましたけどみんな脚を余しちゃった感じのレースでした。

ライズトゥフェイムは自分でレースを支配できることができないので展開待ちの競馬になってしまいます。以前は前で運ぶことができていましたが近走はほとんど後方からのレースになっています。

それでも息の長いロングスパート仕様の末脚がありますから、去年は勝ち馬(ヤマカツエース)からコンマ4秒差の4着でしたけど今回は当時よりハンデが1kg軽くなりますからね。

中山の芝二千は【5-0-2-4】と、この馬自身の勝ち鞍はすべて中山芝2000メートルで挙げている得意な舞台。着外に敗れたレースは前走のディセンバーS(10着)もそうですけど良馬場なら着順ほど負けていません。すべてコンマ5秒差内に収まっているので展開ひとつで突っ込んできてもおかしくないです。

今回のメンバーは逃げ先行馬がそろっておりますから前半からペースが速くなればチャンスがありそうです。

ハンデ戦らしい横一線に広がるゴール前の攻防なら、最後に大外から突っ込んでくる可能性がありますので押さえておきたいと思いました。

 

相手はストロングタイタンなど

他にも相手には芝替わりで一変がある戸崎騎乗のドレッドノータス

去年の2着馬マイネルフロスト

距離は微妙も内枠なら省エネ走法が実現できる田辺騎乗のクラリティスカイ

未知なる可能性が巨大な体にたくさん詰まった今回が重賞初挑戦となる16年ダービージョッキー川田騎乗のストロングタイタンまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎ 3 ツクバアズマオー
○ 7 ドレッドノータス
▲ 8 マイネルフロスト
☆ 4 ライズトゥフェイム
△ 2 クラリティスカイ
△10 ストロングタイタン

【三連複】 03 - 02,04,07,08,10(合計10点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。充実感が著しい◎ツクバアズマオーから、戸崎騎乗○ドレッドノータスなど印を打った5頭への流し馬券です。

穴馬☆ライズトゥフェイムが突っ込んできてくれたら配当が付きますね!金杯で乾杯の発走時刻は15時30分です!

以上、中山金杯の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着3枠3番ツクバアズマオー(牡6)56.5kg吉田豊2:00.61番人気
2着2枠2番クラリティスカイ(牡7)57.5kg田辺2:00.73/46番人気
3着1枠1番シャイニープリンス(牡7)56.5kg江田照2:01.12 1/24番人気
4着8枠12番シャドウパーティー(セ8)54kg内田博2:01.1ハナ差9番人気
5着6枠9番カムフィー(牡8)54kg蛯名2:01.2クビ差11番人気
天候:晴 芝:良

 

◎ 3 ツクバアズマオー 1人気1着
○ 7 ドレッドノータス 3人気10着
▲ 8 マイネルフロスト 7人気12着
☆ 4 ライズトゥフェイム 10人気11着
△ 2 クラリティスカイ 6人気2着
△10 ストロングタイタン 2人気9着

本命ツクバアズマオーが直線一気の末脚で決めてくれましたね!

展開的には今まで通りの後方追走となりましたが、マイネルフロストが早めに動いてペースが速くなります。

3コーナーからツクバアズマオーが外からジワリと先団グループに取り付き、直線に入ると一瞬にして内にキレ込んでドレッドノータスを封じ込み、あとはどこまで伸びるかと言った感じではありましたけど。

内でクラリティスカイも懸命に食い下がりましたけど最後は余力残しの勝利でした。

やっぱツクバアズマオーはマクリ差しが必殺技ですから、3角からペースアップする中山とか小回りコースは安心して見ていられますね。

 

穴馬ライズトゥフェイムは11着でした。

道中は最後方追走から4コーナー大外にぶん回してズドンと来るのか見てましたが、直線は前をいく馬たちと脚色がおんなじで全然届きませんでした。

コース的にも4角である程度の位置に押し上げてないと勝負になりませんからね。今回も直線入口は最後方でしたから。

勝負所の場面、外で張るカムフィーに蓋されて動けなかったのか、今回の惨敗はそれがすべてだったと思います。

 

スポンサーリンク


 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞
 -