【ニュージーランドトロフィー2017予想】穴馬はカリビアンゴールド

      2017/04/12

grade2-race-trophy-illustration

4/8(土)中山競馬場で行われますニュージーランドトロフィー2017の予想をお届けします。

3歳のマイル王(5/7 NHKマイルC)を占う意味でも重要な参考レースで、上位3頭には本番への優先出走権が与えられる戦いでございます。

舞台となる中山千六はコース形態上ひと癖ありますので、07年の 3連単490万馬券 がさく裂したように荒れるときは極端な荒れ方をする恐怖のレース。

まさに冒険者たちの一発勝負の戦いになるのではないでしょうか。

あの全世界を魅了した大ヒット映画ロードオブザリングのロケ地となる、この ニュージーランドトロフィー を制した人は今年の競馬(回収率)を制するといっても過言ではありませんよね!

あなたが選んだ軸馬がどんな仲間を連れてくるのか究極のファンタジーアドベンチャー競馬。果たして私が下すニュージーランドトロフィー2017の予想とはいったい!?

スポンサーリンク


攻略ポイント

nakayama-turfcourse-1600m-illustration

舞台は中山芝1600メートルの外回り。Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)を使用します。

詳しいコース形態に関しましてはコチラの「中山芝1600mコース」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

千二を使われてきた馬がレースを引っ張るのでペース速めの差し有利な展開になるのがこのレースの特徴。

ただ、最近の良~稍重馬場で行われる重賞レースはスローペースになることが多いですから折り合いが重要になってきそうです。

高配当の使者は前々で運んで完勝した経験のある馬が、臨戦過程が嫌われて穴をあけるケースが多いので注意しておきたい。

今の季節の変わり目は雨の影響や馬場の傷み具合によって展開が非常に読みづらいところがありますけど、ダートや千二専門の馬がしれっと馬券圏内に絡んできますからね。

近年マイルカップの有力候補たちは桜花賞や皐月賞に向かうのでメンバーの小粒感は仕方ないですが、要はその日の馬場にぴったりフィットした馬が激走しちゃうのでしょう。

ニュージーランドトロフィーを攻略するポイントとして、最強好きなボクが考えた注意書きは以下の2点

    1. 臨戦過程が嫌われた先行力のある馬に要注意
    2. できたらレース直前まで馬場傾向を見極めた方がいい

僕は予想を早めに晒す立場なので2番の馬場傾向の見極めは厳しいですけど、この2点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

おわり

 

予想確定

それではお待たせしました。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

カリビアンゴールド

本命はカリビアンゴールドで仕方ない。けっこう人気になるかと思っていましたが現在10人気(夜間発売)と案外世間の評価は薄めなので穴馬になりますね。

桜花賞(抽選対象)にも登録があったがこちらに出走。中山マイルは4戦2勝で、ともに勝ち方は弾けるような末脚を披露してのものだった。

2走前の菜の花賞はスズカゼが勝利したレースでしたけど、不利な大外枠にくわえ道中は最後方ポツン。直線は内を突くも進路を切り替えるロスがありましたがメンバー最速の脚で追い込んでコンマ5秒差の9着。展開的にも前残りの決着でしたから、流れが向かなかったこのレースは決して力負けではありませんでした。

前走(3歳500万条件)も大外枠でスタートが悪かったのですが中団後ろで流れに乗り、最後の直線は外に出して一気の加速力。内から2着馬が追いすがるも牝馬ですが海賊のようなスピリットでねじ伏せると、ゴール前は軽く流す余裕を見せての勝利でした。

最近はスタートで行き脚がつかず後方からの競馬を強いられているが、ニュージーランドトロフィーの過去データからも展開が向く可能性が高い。

今回も序盤じんわりと脚をタメて行きながら、直線はスムーズに馬場のいいところを走らせたら自慢の末脚が爆発すると見ています。

鞍上の田中勝春は人気がないときほどハッスルする傾向にありますからね。

てなわけで、ニュージーランドトロフィー2017の穴馬はカリビアンゴールドを推奨します。

 

相手はクライムメジャーなど

他にも相手には、上が ファントムライト でデビューから2連勝中のランガディア。その2戦とも内の馬混みの中から抜け出してきた勝負根性はとっても素敵。ゴチャつき競馬の中山コースなら初めての右回りでも頼りになりそうです。

サトノノブレス を兄に持つクライムメジャー。この馬も前走の直線は狭い間を抜け出した根性が光ります。デビューから4戦オール3着内の堅実派。重賞3着実績(サウジアラビアRC)がありますし、ベゴニア賞では2歳王者のサトノアレスに0.3秒差の競馬をしていました。今回は川田騎手への乗り替わりが不安でありますけれども、私の中では優勝候補の筆頭株なのでスムーズに捌ければ問題ないでしょう。

しまいの決め手が魅力のスズカメジャー。スタートでどこか違う方向に飛んで行っちゃったきさらぎ賞を除くと2戦2勝とまだ底を見せていません。新馬戦と前走フローラルウォーク賞は尻上がりのラップでフィニッシュ。脚色が鈍らないその末脚は驚異的なモノを感じます。

シンザン記念2着に共同通信杯4着のタイセイスターリー。まだ子供っぽいところがあるが爆発的な能力を秘めている馬。ただ、行きたがる気性ですから外枠(8枠14番)だけに抑えが利くかどうか。好調内田の手腕に期待。

函館2歳S(13人気3着)で穴をあけたタイムトリップ。前走のクロッカスS(OP・東京芝1400m)は出遅れて後方からの競馬になりましたが、直線は大外からまとめて差し切るこれまでのスタイルとは違った面を見せました。マイルの距離は微妙に長く、おまけに外枠(8枠15番)に入りましたから今回も下げて末脚に徹する競馬になるでしょう。

あとは、コースロスが大きい大外枠に入ったのは痛いですが、重賞では常に好勝負を演じているボンセルヴィーソまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎ 9 カリビアンゴールド
○10 クライムメジャー
▲ 2 ランガディア
△12 スズカメジャー
△14 タイセイスターリー
△15 タイムトリップ
△16 ボンセルヴィーソ

【3連複】 09 → 02,10,12,14,15,16(計15点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。本命穴馬カリビアンゴールドから、クライムメジャーなど印を打った6頭への流し馬券です。

名もなき冒険者たちの一発勝負!注目の発走時刻は15時45分の予定です!

以上、ニュージーランドトロフィー2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着3枠6番ジョーストリクトリ(牡3)56kgシュタルケ1:36.012番人気
2着2枠4番メイソンジュニア(牡3)56kg菱田1:36.21 1/48番人気
3着8枠16番ボンセルヴィーソ(牡3)56kg松山1:36.2ハナ5番人気
4着4枠7番スズカゼ(牝3)54kg吉田隼1:36.31/29番人気
5着8枠15番タイムトリップ(牡3)56kg田辺1:36.3クビ6番人気
天候:曇 芝:稍重

 

◎ 9 カリビアンゴールド 11着(10人気)
○10 クライムメジャー 8着(1人気)
▲ 2 ランガディア 13着(3人気)
△12 スズカメジャー 6着(2人気)
△14 タイセイスターリー 7着(4人気)
△15 タイムトリップ 5着(6人気)
△16 ボンセルヴィーソ 3着(5人気)

 

スポンサーリンク


 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞
 -