【日経新春杯2018予想】ロードヴァンドールに勝負気配

2018年1月30日

1/14(日)京都競馬場で行われます日経新春杯2018の予想をお届けします。

せーのっ!!

新春キャンペーン実施中!!

舞台は京都の芝2400メートル外回りのハンデ戦ということで、過去の傾向からも名脇役を発掘しなければならないレースですね!

たまに出てくるんですよ。ここからG1レースで重要な任務を委ねられる馬たちが…
うん、けっこう主役級を脅かすクセ者ぶりを発揮するヤツが潜んでいますからね。

そういった大舞台を見据える名脇役の先物買いでキッチリ回収したいと思っています。

もう適当なことばかり言って何を伝えたいのかわけわかんなくなっちゃいましたが、まだまだ続く年初めの運だめしキャンペーン!果たして私が下した日経新春杯の予想とは!?

予想確定!!

今年は12頭立てで争われる日経新春杯。降雪予想で夜間発売が取りやめになりましたけど、上がり時計の速い馬と逃げ馬に要注意な舞台設定でございます。

やはり馬券の中心は中間に一頓挫あったが連覇を狙って出走してきたハンデ頭のミッキーロケット、去年の3着馬で京都芝2400mは【2-0-1-0】の巧者モンドインテロ、6歳馬だけどまだキャリア11戦のパフォーマプロミス、2400m戦は【1-0-3-0】で相手なりに走ってくるソールインパクト、横山典の絶妙な逃げがコワい京都巧者ロードヴァンドール、まじめに走れば大外一気があるかものベルーフ

そして、明け10歳となった重賞4勝の古豪ヒットザターゲットあたりでしょうかね。

それでは早速ヤッちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の狙い馬をよろしくどうぞ!

ミッキーロケット

前走・中日新聞杯(芝2000m)は天皇賞秋の変な負け方に加えトップハンデという状況から来ても4着までかなと妄想していたが、結果2着と地力の高さを示していた。

まあ、モタれる癖や瞬時に動くことができないところが弱点なので、相手のレベルが上がるほど苦戦を強いられちゃうのが現状でもある。

それでも今回はメンツ的に楽になるし、3コーナーから4コーナーにかけて淀の下り坂を利用してスパートを掛けられるコース形態。

そういったことからも、去年の再現というか今後のビッグレースに向けて賞金加算するにはベストの舞台と言えるだろう。

あとは中間に発症したフレグモーネの影響がなければいいのだが…

モンドインテロ

前走チャレンジC(芝2000m)は外からジワジワと迫ってきたけど結局届かず4着まで。去年3着だった日経新春杯も似たような競馬だったように、最後の直線は来るんだけどゴール前でひと伸び欠くようなところある。

そういったところが改善されたら、距離が長めでG1以外の重賞タイトルならいつ獲ってもおかしくはない。

とはいえ年齢的にも成長力にはクエスチョンマークが付くわけで、やっぱ勝ち負けするには意表を突く逃げか、最後方からの追い込みに賭けるか。そんなタイプだと思う。

ルメールマジックに期待したい。

ロードヴァンドール

神戸新聞杯(9着)以来2年ぶり2度目の2400メートル戦となるダイワメジャー産駒だが、陣営が出走に踏み切ったのは横山典の進言があったそうです。「3000メートルを使わせてみたい」と…

さらに「バテそうでバテない」「成功する確率は高いと思う」と調教師コメントも発見しちゃったのでね。

ここは素直に前ポツンの一人旅が可能なロードヴァンドール軸で正解なのかもしれませんね。

ただ、ミーハー馬券師のワタスが横山ノリ騎乗馬に重い印を打ったときに限って最後方ポツンとね、序盤から馬券が紙クズと化す結果は過去の予想からも一目瞭然!

今回は勝負気配がプンプン漂いますけれど、あえて抑え程度にとどめておきます。

ま、個人的な相性が理由ですから良い子の皆さんは絶対にマネしないでくださいね汗

日経新春杯の印と買い目!!

◎ 8 ミッキーロケット
○ 3 モンドインテロ
▲ 2 ロードヴァンドール
△ 1 サンタフェチーフ
△ 7 パフォーマプロミス
△10 ソールインパクト
△11 ベルーフ

ということで、今回は先物買いしたくなるような穴馬を見つけることができませんでした…

まあ、自分を見つめ直すいい機会だと思いましたので本命⑧ミッキーロケットを軸に相手6頭に流してみることにします。

【3連複1頭軸流し】
8 → 1・2・3・7・10・11
(合計15点)

馬券的メンバー構成からも難易度はそれほど高くはないレースに見えますけど、そろそろ初笑いできる結果となりますように!!

雪がどれだけ降るのか心配ですが無事に開催されるなら15時45分の発走予定です。

以上、日経新春杯2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:結果と敗因

天候:曇 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着6枠7番パフォーマプロミス(牡6)54kgMデムーロ2:26.31番人気
2着2枠2番ロードヴァンドール(牡6)56kg横山典2:26.3クビ4番人気
3着7枠9番ガンコ(牡5)52kg酒井2:26.51 1/47番人気

ミッキーロケット4着(2番人気)
道中は好位の外を回る競馬。4コーナー手前から早めに仕掛けていくのだが、直線パフォーマプロミスとの追い比べに敗れて意気消沈…

トップハンデと私の呪いを背負わされていた分もあったかもしれませんけども、最後は大きく放されてしまいました。

モンドインテロ7着(3番人気)
今回はいつものようにジワジワと伸びてくる気配がまったくありませんでした。
まあ先行決着に加え、京都はかなりの冷え込みで馬場も特殊な状態でしたからね。

ロードヴァンドール2着(4番人気)
この馬が軸で正解でした。でもどうせワタスが◎打つとスタートで大きく出遅れるか4着あたりに垂れていたのでしょう…苦笑

ま、横山典の幻惑逃げに尽きますけど今後もこのコンビで行ってもらいたいですね。
やがて天皇賞春や宝塚記念など大きな舞台で高配当馬券をプレゼントしてくれるのかもしれません。