【オーシャンステークス2018】スノードラゴンを絡めた勝てる買い方

ちびドラゴン

3/3(土)中山競馬場で行われますオーシャンステークス2018の予想をお届けします。

優勝した馬にはG1高松宮記念(3/25)への優先出走権が与えられる1200メートルの短距離決戦です。

歴史的にも波乱含みの展開となる可能性もあるため、下位人気の馬までしっかりケアした勝てる買い方を発表したいと思います。

そろそろクリーンヒットを浴びせたいですね!果たして私が下したオーシャンSの予想とは!?

出走各馬の評価

まずはオーシャンステークスに出走する全16頭の評価をコンパクトに書いていきますので参考がてらによろしくどうぞ!

①フミノムーン
15番人気だった前走シルクロードステークスは外から追い込んで穴をあけた。スタートが上手くないので後方からの競馬になりやすいが、しまいは確実に脚を使ってくれるので展開がマッチするかどうか。

ただ今回も人気にならないだろうし、ポジショニングもよくはない。そのため見送りが正解だと思うのだが、僕ちんは超がつくほど小心者なので馬券は抑えまでだ。

②ラインミーティア
近2走はスタートで後手を踏んでレースに参加してない。どちらかというと新潟の千直の方がキレる脚を使える気がするけど、セントウルステークスで2着があるようにインでタメを利かせながら流れに乗って行けたら面白い。

8歳馬だがコース適性は意外と悪くない。

③アルティマブラッド
前回のラピスラズリステークス勝利を含めて中山芝千二は5戦3勝2着1回3着1回という好成績。重賞ではもう一押しが必要なタイプなのだが、この舞台になると戦闘力が高くなるので期待したい。

④ビップライブリー
本質的には千四のスペシャリストなんだけど立ち回りの巧さが持ち味でもあるし、今回この馬にとって『どうぞ勝っちゃってください』と言わんばかりの絶好枠を与えられたような気がする。

ちなみに手が合っていた大野から戸崎に乗り替わる。

⑤ジューヌエコール
挫石が原因なのか分からないが近走のレースぶりがとても悪い。調教師も『いい頃の感じに戻ってない』と言ってるぐらいなので見送りが妥当ではないだろうか。

⑥ブレイズアトレイル
船橋から参戦してきた9歳の芦毛馬。もうとっくに引退したもんだと思っていた去年のオーシャンステークスは終始後方を追走したままの15着だった。もともと中央で走っていた馬で京成杯AHでも2着実績がある馬なのだが、千二は忙しすぎるせいかスピードについて行けてなかった。

今年も馬柱で馬名を見た瞬間コーヒーを吹いてしまった。とはいえ地方競馬で唯一芝コースのある盛岡で元気に走っているようなので安心する。ただ、中央の短距離戦はまわりが速くて途中から置いてけぼりされるのでは。

⑦キングハート
中山は去年の春雷ステークス2着以来となるが、今回は当時手綱をとった北村宏に乗り替わる。その点に注目したい。

⑧リエノテソーロ
もどかしい競馬が続くが3戦3勝の千二でガラリ一変がないだろうか。芝もダートも走るけど、案外この手のタイプは時計勝負になると浮上してくるのかもしれない。

⑨ネロ
前回・京阪杯を逃げ切って連覇を達成した栗東坂路の申し子。先手をとると終いまで渋太く粘るところが特徴だ。ここでも恐らくテンのスピードが通用すると思うので注意が必要。

ただし、今回は3ヵ月の休み明け。この馬の鉄砲3戦すべて凡走している点をどう検討するか。それに直線平坦の京都を逃げ切ったあとでもあるし、もしも私が3連複の1頭軸・相手6頭流しで馬券を買うなら人気でもスルーする。

⑩ダイメイフジ
ここのところ使い詰めでついこないだ1600万条件を圧勝したばかりなのだが、去年暮れのクリスマスカップでは4角後方から大外一気を決めた舞台。

今回は昇級戦で別定重賞と厳しい条件になるけど、決め手はなかなかのモノを持っている。鞍上はミルコ・デムーロ。

⑪スノードラゴン
10歳になったが前走カペラステークス2着のレース内容を見た限り衰えはまったく感じない。もちろん年齢が年齢なので上がりを要する展開がベストだろう。

オーシャンステークスは過去3回出走して2着・3着・8着。去年のスプリンターズステークスは0.1秒差の4着だったように芝ダート問わずコース適性は文句なし。

ま、展開に左右される面はあるが、前が飛ばす速い流れで直線は手前をちゃんと替えてくれるようなら突き抜けるぐらいの迫力を今でも持っている。

⑫ラインスピリット
前走・淀短距離ステークスは58キロの斤量を背負いながらもアクティブミノルを退けての勝利。反動が気になるところだが、過去にオーシャンステークスで0.3秒差の4着があるだけに前での粘り込みに注意。

⑬ナックビーナス
去年のオーシャンステークスは内から伸びての2着。中山コースは芝ダート込みで8戦3勝2着4回3着1回の生粋の巧者。ただ、過去の戦績からも外枠からだと力をフルに発揮しきれないことがボチボチ。

おそらく厳しい競馬になると思うが、コース適性と鞍上ノリの手綱さばきに注目したい。

⑭エポワス
10歳になったが去年のキーンランドカップを12番人気で制したように、上がり時計が速くない馬場状態なら一発があってもおかしくない。

⑮レーヌミノル
去年の桜花賞を制したが、小倉2歳ステークスの勝ちっぷりから本質はスプリンター。たぶん高松宮記念の叩き台となるため、今回はお釣りを残した仕上げで挑んでくるだろう。

⑯ロードクエスト
中山は得意のクチで瞬発力もあるのだが、どうしたらよいのか千二でも掛かる面があるためフルゲートの大外枠には参ったという言葉しか出てこない。以上

予想確定

らったった~♪
それではお待たせいたしました。中山芝1200メートルを舞台にして争われるG3オーシャンステークス。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

本命はレーヌミノルで仕方ないでしょ。

やっぱこの馬のハイライトは4コーナー先頭から後続をぶっちぎった一昨年の小倉2歳Sね。現地で見ていた小倉っこは衝撃的だったと思います。

ま、桜花賞を勝っちゃったばかりに陣営は断固たる決意で牝馬三冠レースにこだわっていたんですが、あえなく撃沈ということで…

許容範囲ともいえる1400~1600メートル戦は条件がうまくかみ合えばって感じですけど本質は千二の馬。

ただ、「いいころに比べると、まだ休み明けという感じはある」という陣営コメントが少し気掛かりでありますけれど、能力的にも今回のメンバーなら格好つけられるとみていますので本命にしました。

対抗はナックビーナスでどうでしょうか?

去年のオーシャンSは内を割って来ただけに今回外枠からどういった競馬になるのか難しいところ。それでもコース巧者ですし、鞍上も中山を知り尽くしてる男なのでね。その辺を信じて。

ただまあ危険な人気馬だとは思いますけれども、ぶっちゃけ僕ちんは1番人気になりそうな馬を美味く活用するのが年間通して勝てる買い方だと気付いちゃったもんですから、そこんところはご理解のほどよろしく頼んます。

え~い!もう1頭いっちゃうよー!
スノードラゴンいかがでしょうか?

10歳馬ですし中央の短距離戦で自信過剰に期待するのは愚の骨頂だと分かっております。ただし、腐ってもG1ホース。この馬には常識ってのが通用しないところが最大の魅力なんです。

近走のレース振りを確認してみても、真っ白な馬体から放たれるそのエネルギーは全く衰え知らず。まだ伸びしろがあるんじゃないかと思えるくらいですからね。

そういったことからも上がり時計が掛かる展開なら上位に浮上してくるとみています。雄大なフォームで。うふふ

ということで本命は⑮レーヌミノルですけど、相手は大奮発して2通りのフォーメーションでも組んでみましょうかね。対抗は⑬ナックビーナス⑪スノードラゴンの3連複2頭軸で勝負します!

連下はケチるとロクなことがないのですが、さすがに⑥ブレイズアトレイルは来ないですよね…汗
そういうことで6番を除いた全馬への総流しでイッちゃいます!

【3連複2頭軸総ながし】
15 – 11・13 – 全馬(6は除く)
(合計25点)

注目の発走時刻は15時45分です。

以上、オーシャンステークス2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着4枠7番キングハート(牡5)56kg北村宏1:08.310番人気
2着7枠13番ナックビーナス(牝5)54kg横山典1:08.3アタマ2番人気
3着5枠10番ダイメイフジ(牡4)56kgMデムーロ1:08.41/21番人気
4着5枠9番ネロ(牡7)56kgミナリク1:08.4ハナ6番人気
5着2枠4番ビップライブリー(牡5)56kg戸崎1:08.4クビ4番人気

予想結果
◎レーヌミノル 6着(3人気)
○ナックビーナス 2着(2人気)
○スノードラゴン 11着(8人気)