【桜花賞2018予想】本命穴馬はアンヴァル!

桜を見上げる柴犬

4/8(日)阪神競馬場で行われます桜花賞2018の予想をお届けします。

3歳馬による最高峰のレースがいよいよ開幕しますよね!まずは競馬の桜子ちゃんを決める牝馬の第一関門。ここは◎アンヴァルから勝負してみます。人気ないですが快速牝馬ですからね!下馬評を覆す走りを期待しています。

果たしてG1レース45連敗中の我輩が下した桜花賞の予想とは!?

桜花賞の予想

選ばれし桜のヒロインが仁川に集結!小さなリスクで大きく儲ける桜花賞2018の予想はこうなりました!

アンヴァル

前日オッズでは14人気と評価は低いですけどアンヴァルを本命にしました。ま、勝ち鞍3勝すべて千二なので仁川のタフなマイルをこなせるかどうか?ポイントはこれに尽きると思います。

ただ、『距離は問題ない』ようなコメントを調教師だったか、ユースケ・フジオカ騎手だったかド忘れしちゃいましたけれども、何処かの記事で読んだ記憶があります。なので信じてみようかなと…

それにロードカナロア産駒というのも心強い。かつて管理する安田隆師が「2000メートルでもイケてた」とおっしゃってましたからね!

前走フィリーズレビューは4着に敗れてしまいましたが、勝ち馬とはコンマ1秒差と悪くない。それも直線で追い出しを待たされるロスがあったので度外視できます。まあ、ゴール前の勢いを見た限りスムーズだったら勝っていたのでは?

やっぱアンヴァルを本命に選んだ決め手は持ち前のスピード。

2走前の福島2歳Sは衝撃的な強さを見せていました。もしかしたら明日は去年のように湿り気のある特殊な馬場で行われるかもしれないですし、小倉でデビューしたレーヌミノルと何となく似たようなところが我輩的にあるんですよね。そういったことからも好位からの抜け出しを期待しています。

ラッキーライラック

相手は桜の女王筆頭格のラッキーライラックで仕方ないでしょ。前走チューリップ賞は好位3番手から危なげない勝ちっぷり。しかも上がりはメンバー最速の33.3秒。騎乗していた石橋ジョッキーも「自分から先に前に躍り出てどんな感じになるか確認しておきたかったのですが、問題ありませんでした」と言ってましたからね!

もう完璧としか言いようがないです。ただ、近年では連対のない最内枠がどうなのか?それと、デビュー以来初めての在厩調整がどう出るか?そこんところが少し不安ではありますけれども。まあ~それでも強かったって言われるような競馬を見せてほしいですし期待しています!

印と買い目

◎ 10 アンヴァル
○ 01 ラッキーライラック

◎○の3連複2頭軸。相手は全通りながしです。

01 - 10 - 全馬(計16点)

以上、桜花賞2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

レース結果

天候:晴 芝:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着7枠13番アーモンドアイ(牝3)55kgルメール1:33.12番人気
2着1枠1番ラッキーライラック(牝3)55kg石橋1:33.41 3/41番人気
3着5枠9番リリーノーブル(牝3)55kg川田1:33.51/23番人気
4着4枠7番トーセンブレス(牝3)55kg柴田善1:33.81 3/48番人気
5着8枠17番マウレア(牝3)55kg武豊1:33.8ハナ4番人気

予想結果

◎アンヴァル 17着(14人気)
○ラッキーライラック 2着(1人気)

-1500円