【フェニックス賞2016予想】九州産カシノマストの前走時計は悪くない

宮崎県にある道の駅フェニックスのバス停

8月13日(土)小倉競馬場で開催されますフェニックス賞2016の予想をお届けします。まだ枠順が決まる前の予想記事となりますが、週末は何かと慌ただしくなりますので何とぞご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。今年も7頭立てのレースになりそうなので、そこまで枠順にこだわらなくていいでしょう。

さて、このレースは2歳限定のオープン特別でございまして、9/4に行われる小倉2歳ステークスを占う意味でも非常に重要な一戦になること間違いないです。

思えばあのメイショウボーラー(2005年のフェブラリーS覇者)も、このレースを制して躍進したと言っても過言ではないですからね!

近年の好走馬は牝馬が多いせいか表舞台で息の長い活躍をするお馬さんがほとんど見当たりません。

しかし競走生活で生涯最高の晴れ舞台となる瞬間でもありますので、その勇姿をしっかりと目に焼き付けておきたいと思います。

コース解説

小倉芝1200mのコース  

まずは小倉芝1200メートルを簡単に説明しておきますね。※Aコース(内柵を最内に設置)を使用です。

スタートは向正面2コーナー奥のポケット地点で、1コーナーまで479メートルと十分な距離があります。そのため枠順の有利不利はないです。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線は293メートルと短いです。使用している芝はスピードの出やすい野芝です。

小倉コースは1~2コーナーに高低差2.96mの勾配が存在しますが、それ以外は下りと平坦しかございません。小倉芝千二は丘の頂上付近がスタート地点になっているので、スタートを切ると同時に丘を下って平坦の道を3コーナーまで進んでいきます。

そのためスピードがつきやすく序盤から先行争いも兼ねてペースが速くなります。

3~4コーナーはスピードが落ちにくいスパイラルカーブに加え緩やかな下り坂となっておりますので、坂をうまく利用しながら直線に突入します。ゴールまでは平坦になっていて距離も短いので上がりの時計はそれほど要しません。

従って3~4コーナーから一気にスピードで押し切るタイプの馬が好走しやすいと思います。

このフェニックス賞が行われる時期はまだそんなに馬場が傷んでない状態なので基本逃げ先行が有利だと思います。ただオーバーペースになると上がり時計が掛かりますので差し馬にも警戒が必要です。

フェニックス賞の予想

我々競馬予想ブロガーがまず初めに行う作業が週初めの出走登録馬と想定騎手や予想オッズの確認。そして木曜日に確定する出走馬や金曜日の枠順発表とともに行うのが展開予想です。

だけどいくらそれらしい妄想で展開予想を立てても、自分にとって相性の悪い騎手はことごとく思うような騎乗をしてくれません。これは何故でしょうか?こんな経験皆さんもありますか?
もしかしたらワタスだけなのでしょうか(´・ω・`)

そこで思いついたのが道中の隊列だけ予想してみたことです。それを過去の傾向と照らし合わせながら優雅な気分でリッチに眺めていると思いがけない穴馬が浮かび上がってくるかもしれませんよー。

今回も独断と偏見と妄想の隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください!

ポジション
逃げカシノマスト
先行シュンヒーローナムラアイドル
テイエムヒッタマゲ
中団クインズサリナメイショウソウビ
ディオスコリダー

2歳のレースということもありますし、今回のメンバーはみんな1戦しか走っておりません。しかも逃げ先行ばかり。そういった中で隊列予想するのは極めて困難な状況だったわけでございますが、各馬の前半のラップタイムを元にして表にまとめてみました。

まあ前走が千四のレースだったメイショウソウビや、ダート戦を使われたディオスコリダーのテンの速さがちょっと読めないですけれど少頭数なのでこんな感じに収まるのではないかと感じました。

カシノマスト

本命はカシノマストでよかろうもん。ま、九州産駒ではありますけど前走は一般馬を相手に楽勝の競馬でしたからね。

今回本命に選んだ理由は、二の脚の速さと道中外を走りながらも併走する相手を戦意喪失させたオーラはタダ者ではないと感じたからです。勝ち時計も悪くないですし一発注意とみています。

メイショウソウビ

プリサイスエンド産駒のメイショウソウビが対抗です。前走のメイクデビューは中京で行われた芝1400メートルのレースでしたが、二の脚の速さで主導権を握ると直線も脚色が衰えず後続に差を広げて完勝。

道中はやや速いペースを刻んで走っていたのですがラストもまったく危なげのない競馬を素直に評価しました。

今回は距離が1ハロン短縮しますが、けっこうスピード能力が高いので問題ないと思います。あとはもう少しゲートを上手に出てくれるようになったらグッドですけどね。

印と買い目

◎カシノマスト
○メイショウソウビ
▲ナムラアイドル

というわけで今回は頭数が少ないので、馬券は3連複1点で勝負します!
注目の発走時刻は14時25分です。

ちなみに小倉9レースですので気を付けてくださいね(●´ω`●)

以上、フェニックス賞2016の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果

天候:晴 芝:良
着順馬名斤量騎手タイム着差人気
1着5枠5番クインズサリナ(牝2)54Kg川田1:09.42番人気
2着4枠4番カシノマスト(牡2)54Kg川須1:09.61馬身 1/23番人気
3着3枠3番テイエムヒッタマゲ(牡2)54Kg田中健1:09.92馬身6番人気

予想結果
◎ 4 カシノマスト 3人気2着
○ 1 メイショウソウビ 1人気4着
▲ 6 ナムラアイドル 4人気6着

勝ったのはクインズサリナ(無印)でした。初戦の阪神芝千二が追っ付け通しだったのでどうかと思ったのですが何のこっちゃなかったですね…。負かした相手が先日行われましたダリア賞(新潟芝1400m)勝ち馬ののリンクスゼロだったので抑えておかなければいけない存在でしたか(´;ω;`)

本命カシノマストはハイペースで逃げて最後まで踏ん張ってくれました!次は小倉2歳ステークスに挑むのか分かりませんけど、スピードが武器なので九州産駒として夢が広がる走りを期待したいですね!

3着のテイエムヒッタマゲ(九州産)の激走までは読めませんでしたが、これも少頭数とローカル2歳戦の怖さですね。

対抗のメイショウソウビは4着でした。やはり不安の方が的中してスタートの出遅れが致命的な結果となってしまいました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です