【プロキオンステークス2017予想】ベストマッチョは逞しくなったのかな!?

      2017/07/10

7/9(日)中京競馬場で行われますプロキオンステークス2017の予想をお届けします。

さぁ始めようか、天体観測。こいぬ座を探して。

星座にまつわるダートの短距離王を決めるレースですね!

今年は地方所属の2頭を含む心ひかれるメンバーが桶狭間に集まりました。ストライクとボールをしっかり見極める相馬眼が鍛えられる予想展開になってきそうです。

見えないモノを見ようとして~♪

望遠鏡を覗き込んだ~♪

集中力を極限まで高め、無駄のないフォームで本命馬を狙い撃つのが私の予想スタイルでございますけど、今回芯でとらえた時の感触が手に伝わったのがベストマッチョ

根岸ステークスでは12着と大敗しましたが今回メンバーレベルが下がります。昇級初戦だったあのレースからオープンで2着の実績を残しましたし、降級となった前走でも着差以上の勝利を飾ったわけですから少しはたくましくなりましたかね。

パワーアップした今なら中京の長い直線も止まらないと思いますけど、果たして私が下したプロキオンステークス2017の予想とは!?

スポンサーリンク


攻略ポイント

中京ダート1400m

プロキオンステークスが行わる舞台は中京ダート1400メートル。スタート地点は芝になっていますね。

詳しいコース形態や展開などに関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

最強好きなボクが考えたプロキオンステークスを攻略するポイント

  • スピード能力と持久力
  • 道中は内目を走る馬が勝ちやすいので、内枠はもちろんのこと外枠でもスタートダッシュが速い馬

上記の要点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

 

予想確定

それでは本日もよろしくお願いします。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎ベストマッチョ

本命はアメリカ生まれの ベストマッチョ で仕方ない。ただし、今回初めて東京以外のコースを走ることになるので落ち着いてレースに挑めるかどうか不安はありますけれどもね…

降級となった前走の麦秋ステークス(1600万)はスタートから積極的に動いてハナを奪い、最後の直線はエイシンバランサーがじりじりと詰め寄ってくるも二枚腰を入れて凌いだレースでした。

ま、平均ペースの逃げで先行有利な展開に持ち込んで着差は僅かな勝利でしたが、2着の馬と併せる形になってから非常に粘り強いところを見せていましたからね。

着差以上に余裕残しの勝ち方でしたし、今回が秋に向けての本番みたいなもんです。

相手は強くなりますけれども有力馬は差しタイプ。持ち前のスピード持続力で好勝負してくれるのではと思って本命にしたのです。

ベストマッチョは重賞初挑戦だった4走前の根岸ステークス(12着)のときは経験不足もあったか外を回って力を発揮することができませんでした。

あれから陣営も『揉まれたり砂をかぶると良くない』みたいな性質が分かってきたので気分よく走らせるためにも前々で運んでアドバンテージを取り、直線もそのまま粘り込ませる競馬をしてくるとみています。

 

相手はブライトラインなど

他にも馬券の軸となる相手は、ブライトラインイーデンホールを選びました。

ブライトラインは去年のこのレース、直線は絶好の勝ちパターンも手前を替えることができず、そのせいで疲れちゃって伸びを欠いての4着でした。それでも勝ち馬からコンマ4秒差に踏ん張っていましたね。

前走のアハルテケステークス(東京ダ1600m)は10着という結果も、終始馬込みに包まれてまったく競馬ができてなかったので度外視できます。

3走前の夢見月ステークスは今回と同じ舞台だったのですが、59キロを背負いながらも中団からメンバー最速の末脚で伸びてコウエイエンブレムにコンマ2秒差の2着。

もう8歳になりましたが、まだ前向きさを失っていません。

今回は前回から1ハロン距離が短くなりますからね。気性的に行きたがるところがあるため速い流れはプラスになるでしょう。

気の悪ささえ出さなければ激走があっても不思議ありません。

イーデンホールは鞍上が中京と相性のいい陽気なイタリアンなのでね。

この馬はスタートが上手くないので中団後ろから後方のポジションになると思いますが、終いは一気に伸びてくる末脚が魅力です。

ただ引っ掛かる面もあるので外枠がどう出るか不安がありますけれども、極端な前残り決着にならない限りスムーズな競馬なら馬券圏内に突っ込んでくるくらいの力はあると思います。

 

印と買い目

◎②ベストマッチョ
○⑭ブライトライン
▲⑬イーデンホール
△①④⑤⑥⑧⑪⑫

【3連複フォーメーション】
2・13・14 ⇒ 2・13・14 ⇒ 1・2・4・5・6・8・11・12・13・14
(合計22点)

というわけで馬券は的中と回収のバランスを重視した3連複フォーメーションで勝負します。

本命ベストマッチョ、対抗ブライトライン、単穴イーデンホールを1~2頭目に配置したフォーメーション攻撃で△で抑えた馬たちに流してみたいと思います。

桶狭間を舞台にひときわ輝く1等星はどの馬か!?注目の発走時刻は15時35分の予定です!

以上、プロキオンステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着7枠12番キングズガード(牡6)56kg藤岡佑1:22.95番人気
2着5枠8番カフジテイク(牡5)57kg福永1:23.221番人気
3着8枠14番ブライトライン(牡8)56kg川田1:23.41 1/46番人気
4着2枠3番ゴーインググレート(牡7)56kg和田1:23.61 1/412番人気
5着1枠1番メイショウウタゲ(牡6)56kg松山1:24.02 1/27番人気
天候:曇 芝:良

 

◎②ベストマッチョ 14着(4人気)
○⑭ブライトライン 3着(6人気)
▲⑬イーデンホール 8着(3人気)
△⑧カフジテイク 2着(1人気)
△⑫キングズガード 1着(5人気)

≪三連複フォーメーション22点≫
1頭目:②⑬⑭
2頭目:②⑬⑭
3頭目:①②④⑤⑥⑧⑪⑫⑬⑭

ハズレ

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞予想
 -