【ラジオ日本賞・野路菊ステークス2016】◎アメリカズカップの将来性ある風貌

      2016/12/08

9月17日(土)に行われます ラジオ日本賞野路菊ステークス の予想を2本続けてお届けします。

ラジオ日本賞は中山競馬場で開催されます3歳以上オープン特別の別定戦です。去年と同じで今年も9頭立ての一戦となりました。まだ5年目と歴史の浅いレースですが、舞台は中山ダート祭りでお馴染みの千八ダートですから熱い戦いが繰り広げられそうです!

一方、阪神競馬場の9レースに行われるのが野路菊ステークスです。2歳限定オープン特別の別定戦で仁川の芝千八が舞台でございます。このレースは毎年のように出走馬が少ないのですけど、今年は8頭の若駒たちが将来への夢と希望を持って集まりました。過去にはウインバリアシオン、ラブリーデイなどのG1実績馬や、その他数多くの重賞常連馬たちを生み出した伝説的なレースでもありますので、今年もテレビの前で粗相のない服装と身だしなみで観戦したいと思っております!

中山ダート1800mコース解説

まずは中山ダート1800メートルのコースを簡単に説明しておきますね。

nakayama-dirtcourse1800m-illustration
スタートから最初のコーナーまでは375メートルと長くも短くもない距離でございまして、1角から2角にかけて高低差約5メートルの坂を上っていきます。2角手前の頂上をすぎると今度は下り坂に突入し、3~4角は外を回らされるとピンチになる急カーブ。最後の直線の長さは308メートルと短いですがゴール前には約2メートルの急坂があるコースとなっております。

このコースの特徴としましては位置取りが大事なダート戦ですので、最初の直線は途中から上り坂が続きますけど激しい先行争いでペースが速くなります。そうなると差し追い込み天国の展開になりそうではありますが、意外と逃げ先行馬が粘り込んじゃう仕掛けが潜んでいます。

理由は序盤(前半3F)の攻防で前も後ろも脚を使わされるため後半3ハロンは全馬バテバテの展開になります。それに加えて短い直線に坂も芝ほどの急坂ではないため、ある程度リードを保った逃げ先行馬がそのまま残れてしまうのです。だから先行馬総崩れといった展開にはなりにくいので、逃げ先行馬の前残りイメージで終いの決め手が強烈な馬を相手にチョイスしておけばよろしいのではないかと考えております。

スローペースになろうがハイペースになろうが私的に軸馬は逃げ先行馬だと言うことです。過去のデータからも4角ではある程度前めの位置を確保してないと勝ち負けするのが厳しくなりますので、後ろからいく馬の場合は3角付近からマクりをいれて早めに押し上げておかないと苦しくなっちゃいます。

しかしですけど外からのマクりが入ることによって先行勢に心の乱れが生じるようなことが起きるようならば、サンマルデュークのように馬郡の最後方からダラダラついていきながらも終いの決め手で大外一気がハマるケースもございますので各自で責任を持って注意しておいてください。

ラジオ日本賞の予想

独断と偏見と妄想のラジオ日本賞隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください!

ポジション
逃げ③ケイティブレイブ
番手⑥ビービーバーレル
先行⑤ロワジャルダン
中団②シンゼンレンジャー⑦メイショウスミトモ
⑧キクノソル
④セイカアヴァンサ⑨トウシンイーグル
後方①ナリタポセイドン

 
セイカアヴァンサは連闘になりますね。まず先手を奪うのが3歳馬のケイティブレイブで、斤量51kgのビービーバーレルが2番手に控えるだろうと勝手に予想しました。

少頭数なので序盤は落ち着いた流れになりそうですが、3角付近から勝負が始まるのではないかと見ています。

ここは負けられない相手!

本命はキングカメハメハ産駒の ロワジャルダン です。去年のみやこステークス勝ち馬でG1のチャンピオンズカップ4着、フェブラリーステークス5着などもある実力馬ですね!前走のエルムステークスは4着に敗れてしまったわけでありますけど、まずはレース後のモレイラ騎手のコメントからどうぞ。

『好スタートを切っていいポジションが取れた。ここでも勝てる力はある馬だけど今日は前の馬に有利な展開だった』

まあ、いつものようにスタートを決めて先団のポジションで流れには乗れていました。ただ勝負所の3~4角でモタついていたのがぶっちゃけ効きましたね。近走はそのようなシーンがけっこう多いんですよね。善戦はするけどパンチ不足というか、みやこステークスなんかも恵まれた勝利でしたから重賞レースではまだ人気の割にアテにできないところがあります。

だけど今回はオープン特別の一戦なので相手関係がかなり楽になります。他のメンバーを見渡しても、これまで戦ってきた相手が全然違いますのでココは正直負けられないのではないでしょうか。距離が若干長いかもと気にはなりますが…。

ま、ハンデ戦ではないですけど斤量58kgということで、3歳牝馬のビービーバーレルとは7kgの斤量差があります。おそらく相手はこの馬だと思いますが、この舞台は過去3戦走って2勝2着1回の中山のダート王でございます。鞍上はあの戸崎騎手ですからロワジャルダンの持ち味を発揮できるように上手に導いてくれると思います。

相手は阿蘇ステークス勝ち馬など

他にも相手はダート路線に切り替えてまだ底を見せてないフェアリーS勝ち馬ビービーバーレル、前走の阿蘇Sは大外から差し切ったメイショウスミトモ、3走前のオアシスSで穴をあけた元中山巧者キクノソルまで印を抑えます。

印と買い目

◎ 5 ロワジャルダン
○ 6 ビービーバーレル
▲ 7 メイショウスミトモ
△ 8 キクノソル

というわけで馬券は◎ロワジャルダンから印を打った馬に三連複の軸1頭流しで勝負しようかと思ったのですが、今現在オープン特別の回収率がこのように⇒「回収率と的中実績」惨めなことになっておりますので、そろそろ買い方を工夫する時期がきたのかなと…。

これから後半戦は極力資金を抑えていきながらもどこかで高配当を狙う必要があります。このレースは少頭数でございますし力関係もみえみえで波乱の可能性も少ないと思うんですよね。そういう意味でもどんぶり勘定な買い方ではプラス収支に持っていけませんので、高配当の望みが薄いレースはたとえ1点であっても削れるところは削っていくようにいたします。

ぶっちゃけ私みたいなボンビーな馬券師は堅いレースは参加せず見送るのが正解だと思います。しかしこうして競馬予想のブログを更新してる以上、毎週楽しみにして見に来てくれる人のためにもサボることできないです(●´ω`●)

そういったことから、本命ロワジャルダンと対抗ビービーバーレルを2頭軸として相手は印を打った2頭に流してみたいと思います。
馬券的にも1番人気になる可能性がある ケイティブレイブ はあえて見送りますので、的中率重視の皆さんはマネしないでくださいね(^^;)

てなわけで馬券は三連複の軸2頭ながし(2点)で勝負します!発走時刻は15時45分です!

以上、ラジオ日本賞の予想でした。

阪神芝1800m(外)コース解説

それでは阪神芝1800メートル外回りのコースをおさらいしておきましょう。※Aコースを使用します(内柵を最内に設置)

hanshin-turfcourse1800m-illustration
2コーナーのポケット地点からのスタートで、最初のコーナー(3角)までは約644メートルもの長さがあります。3~4コーナーはペースが落ちにくい緩やかなカーブで下り坂。ゴール前の直線は約474メートルと長く急坂が設けられているコースです。

スタートから最初のコーナーまで十分な距離があるため枠順の有利不利はないです。展開としては最後の直線が内回りコースよりも約100メートル長く、おまけにラストは急坂も待ち構えているためスローの瞬発力勝負になりやすいです。

脚質は差し追い込みが有利。なぜかと言うと、4コーナー途中から下り坂になりますので勝負所で加速をつけられます。そして直線入口では下り坂で勢いを付けた各馬が外に膨れやすく馬群がバラけるのも特徴的。直線は長く急坂が待ち構えているので並みの先行馬なら失速、スムーズに上がって来られる差し追い込み勢がゴール前で押し寄せてきます。

血統的にいえば瞬発力が優れるディープインパクト産駒が圧倒的に好走していますので、軸馬としては人気どころのディープ産から入れば馬券も当てやすくなると思います。

野路菊ステークスの予想

独断と偏見と妄想の野路菊ステークス隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください!

ポジション
逃げ②テイエムソッキュウ
先行③エスケークラウン
①フレーバー⑦モーヴサファイア
中団⑤オイカケマショウ
④ナムラライラ
後方⑥ユノディエール⑧アメリカズカップ

 
キャリアの浅い2歳戦なので脚質が定まっておらずこれまでの競馬と違ったポジションでレースをしてくる可能性もありますけど、一応前半3ハロンのタイムを元にそれぞれ各馬の隊列を予想してみました。そうすると逃げるのは千二で鍛えられたスピードが持ち味の鹿児島産駒テイエムソッキュウが逃げると予想しました。ただし千八は未知の距離となりますので飛ばして逃げることはないと思います。
スローペースの直線勝負になりやすいコースですから、モーヴサファイア、ユノディエールあたりの決め手に注意でございます。

将来性のある風貌が気に入った!

本命はこの馬にしました。 C ⇒ アメリカズカップ

前走は2番手からの競馬で直線は前で粘る逃げ馬を交わして勝利したレースでした。これがデビュー戦だったわけですけど、スローペースの展開も折り合い辛そうな所がまったくなくラストも余裕残しのような勝ち方でした。

相馬眼的に将来性のある風貌をしておりますし、脚質的にも安心安全の先行力があります。阪神の外回りは差しに注意でございますけども2歳戦なら先行馬もよく粘り込んでますので、今回のメンバーならいい勝負をしてくれると思います。
まだ1戦しか経験がないので隊列予想では後ろの方になっちゃいましたけどね…。

相手にはユノディエールフレーバーオイカケマショウまで印を抑えます。

印と買い目

◎ 8 アメリカズカップ
○ 6 ユノディエール
▲ 1 フレーバー
△ 5 オイカケマショウ

というわけでココも馬券は2頭軸ですね!◎アメリカズカップ○ユノディエールから印を打った馬への三連複軸2頭ながし(2点)で勝負します!発走時刻は14時25分です!
あっ!ちなみに阪神9Rですのでお間違いのないようご注意ですよ!

以上、野路菊ステークスの予想でした。

追記:レース結果

ラジオ日本賞のレース結果(5着内)です。

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着7枠7番メイショウスミトモ(牡5)56kg和田1:50.64番人気
2着3枠3番ケイティブレイブ(牡3)54kg蛯名1:50.73/41番人気
3着5枠5番ロワジャルダン(牡5)58kg戸崎1:51.232番人気
4着8枠8番キクノソル(牡6)56kg内田博1:51.41 1/45番人気
5着2枠2番シンゼンレンジャー(牡7)56kg田中勝1:51.53/48番人気

 

予想結果

◎ 5 ロワジャルダン 3着(2番人気)
○ 6 ビービーバーレル 6着(3番人気)
▲ 7 メイショウスミトモ 1着(4番人気)
△ 8 キクノソル 4着(5番人気)

 
続いて野路菊ステークスのレース結果(5着内)です。

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着8枠8番アメリカズカップ(牡2)54kg松若1:48.53番人気
2着7枠7番モーヴサファイア(牝2)54kg福永1:48.63/41番人気
3着6枠6番ユノディエール(牡2)54kgルメール1:49.02馬身 1/25番人気
4着3枠3番エスケークラウン(牡2)54kg四位1:49.11/24番人気
5着4枠4番ナムラライラ(牝2)54kg池添1:49.1ハナ差2番人気

 

予想結果

◎ 8 アメリカズカップ 1着(3番人気)
○ 6 ユノディエール 3着(5番人気)
▲ 1 フレーバー 6着(7番人気)
△ 5 オイカケマショウ 7着(6番人気)

 

 - 特別戦の予想, 競馬予想
 -