【ローズステークス2017予想】穴馬はサトノアリシア!

      2017/09/20

薔薇をつけた猫

9/17(日)阪神競馬場で行われますローズステークス2017の予想をお届けします。

大型で強い台風18号が明日上陸する可能性があるということで競馬の開催自体も危ぶまれますが、とりあえず予想だけでも全力で取り組んで参りたいと思います。

春の実績馬が秋の始動戦を快勝して本番へ向かうのか。

それとも夏のローカル戦から勢いづいた伏兵の一発があるのか。

秋華賞トライアルのG2ローズステークス(上位3頭に優先出走権)が仁川の舞台を薔薇色に染めてくれる季節がやってきましたね!

らったったー♪いよいよ秋競馬が始まったなと感じる毎年楽しみな3歳戦でございますが、このレースを攻略するポイントは阪神外回りなので速い脚を繰り出せる決め手が重要文化財。

そういった意味からも、長く険しい直線が舞台でもあるオークスで上位入線した馬たちが必然的に人気して能力を発揮しやすい条件でありますけれども、雨の影響による馬場や展開次第では春に足りなかった馬たちが割って入る余地もあるのではないでしょうか。

果たして私が下したローズステークス2017の予想とはいったい!?

予想確定

阪神芝1800m(外)

舞台となります阪神芝1800メートルに関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

それでは今週も張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

条件はバッチグー!

本命は洋芝巧者 サトノアリシア で仕方なし。ま、阪神外回りの瞬発力戦は合わない印象もありますけれども、雨の恩恵がもたらす重い馬場による粘り込みに期待したいと思います。

前走のTVh賞(札幌芝1800m/1600万条件)は厳しい展開を道中2番手から踏ん張っての3着。敗れはしましたがフラワーC2着があるゲッカコウや、すみれSでブラックスピネルを負かしたジョルジュサンクを寄せ付けませんでした。

年長馬が相手ということで51キロのハンデも多少は効いた感もありましたが、得意の条件でサトノアリシアらしい競馬ができていたと思います。

まぁ去年の コスモス賞の予想(2歳OP特別/1着)でも本命にしましたが、一瞬の加速力が素晴らしいところを見せていました。

ただし、気性に課題があってね。

騎手の指示に反抗して一生懸命に走りすぎちゃうのがたまにきず。

今回はお手馬の池添騎手が桜花賞馬レーヌミノルに騎乗しますので、北村友騎手への乗り替わりがポイントになりそう。

当レース雨の13年、シャトーブランシュを最後方に近い位置取りから2着に持ってきたジョッキーなだけにね。

ただ条件的にはグッドだと思います。

折り合いを欠くので短い距離やダートを近走の中央場では試されてきましたけど、まだ芝の千八では【2‐1‐1‐0】と大崩れしていません。

そして、ワタストロフィがカリフォルニア大学で研究してきた最大成果の備忘録を書いておきます(競馬ブロガーさんはパクっちゃダメよ~苦笑)

洋芝実績馬が道悪で穴あける

実際に去年11人気で2着したクロコスミアだって近走不振も重馬場のローズステークスでよみがえりましたよね。2歳時には函館・札幌の洋芝で活躍していたのです。

他にもこの研究が役立ったレースがいくつかありましたけど、有名どころではネコパンチ、ワンカラット、トーセンクラウン、サクラオリオンなど近走に洋芝の好走実績ある馬が重~不良馬場の重賞を人気薄で制したのです。

そういったことからも、決め手が物足りない馬でもいいですし、少々足が遅くてもいいのです。と言うのも道悪になると全体的にタイムがかかっちゃいますから時計勝負は必要なし。

要は脚にまとわりつく洋芝を苦にしない走りが今回もできるかどうかが鍵で、そういった困難な状況に立ち向かった努力の結果がこうやって現れるのじゃないかと思うわけであります。

ま、春の実績馬相手にどこまで踏ん張り切れるかになりますが、サトノアリシアは能力的に通用すると思っているので自慢の先行力で黄金馬券を演出してくれるとみています。

 

相手はモズカッチャンなど

他にも相手には、Mデムーロに乗り替わるモズカッチャンフローラS(12人気)ではまだ人気のなかったこの馬をオークス2着まで導いた和田騎手がかわいそうに思えてくる今回の交代劇。

陣営は世界レベルの馬とみたのか本腰を入れて秋の始動戦に臨んでくるわけですけど、人馬ともにスタートがあまり上手くはないですからね。1枠ですしその辺りがポイントになりそうであります。

ただ強烈な決め手を持っているのは確かなので、アクシデントがない限り馬券圏内は堅いのかなと思います。

道悪に関しましても、3走前の未勝利戦ですかね?

良馬場発表でしたが雨の降るレースを強い勝ち方で締めくくっていましたから、時計の掛かる勝負でも問題ないとみています。

 

武豊騎乗のスレンダー美女リスグラシューは渋った馬場の桜花賞でいい脚を見せていたので条件的にうってつけの舞台。

まぁ オークス 5着の敗因はワタス◎のハンデに加え、直線で馬郡に包まれ他馬と接触して怯むところがあったのでね。

加速力が鈍いのでちょっと勿体ないというか不完全燃焼な競馬でもあったので度外視でいいと思います。

能力は折り紙つきなので休み明けの仕上がり具合だけでしょ。

まだトモが寂しいと陣営もコメントしておりますので勝ち負けするまでには厳しいか。

それでも連下には絡んでくるとみていますが…。

 

陣営が急仕上げという岩田騎乗のファンディーナ。衝撃的だったフラワーCの相手関係を今思うと微妙も、1番人気に指示された皐月賞から3戦3勝の1800メートルで汚名返上の巻き返しがあるのでしょうか!?

あと、私的にはスプリンターに映る桜花賞馬レーヌミノルや、千八に替わってどうかも夏の上がり馬的存在のミリッサなども抑えておきます。

川田騎乗のカラクレナイは距離が持たない感があるので、後方から直線一気の競馬がハマるかどうか。

 

印と買い目

◎③サトノアリシア
○②モズカッチャン
▲⑥リスグラシュー
△④⑤⑧⑩⑮⑯⑰

【3連複フォーメーション】
2・3・6 ⇒ 2・3・6 ⇒ 2・3・4・5・6・8・10・15・16・17
(合計22点)

というわけで馬券は的中と回収のバランスを重視した3連複フォーメーションで勝負します。

本命穴馬サトノアリシア、対抗モズカッチャン、単穴リスグラシューを1,2頭目に配置したフォーメーション攻撃で△で抑えた馬たちに流してみたいと思います。

悪天候による中止(代替開催)の可能性もありますが、何ごともなく無事に開催されるなら15時35分の発走予定となっております。

以上、ローズステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着7枠14番ラビットラン(牝3)54kg和田1:45.58番人気
2着8枠16番カワキタエンカ(牝3)54kg横山典1:45.71 1/46番人気
3着3枠6番リスグラシュー(牝3)54kg武豊1:45.83/43番人気
4着3枠5番ミリッサ(牝3)54kg福永1:45.8ハナ5番人気
5着6枠11番メイショウオワラ(牝3)54kg小牧1:45.9クビ12番人気
天候:曇 芝:良

 

◎③サトノアリシア 11着(15人気)
○②モズカッチャン 7着(2人気)
▲⑥リスグラシュー 3着(3人気)

ハズレ

 - 競馬予想, 重賞
 -