【札幌2歳ステークス2016】◎ フラワープレミア好勝負可能

2018年1月31日

9/3(土)札幌競馬場で行われます札幌2歳ステークス2016の予想をお届けします。まだ枠順が決まる前の予想記事となりますが、週末は何かと慌ただしくなりますので何とぞご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします<(_ _)>

ただですね、過去9年(2013年の函館開催は除く)このレースの枠順データを調べたところ1枠の成績が【0-0-0-9】なのが気になるんですよ。つまり、毎年1枠に入った馬が3着内に入れないのです。決して人気薄だったからと言うわけでもなく人気になった馬でも飛んでおりますのでちょっと怖いんですよねこのデータは・・・

この現象は一体なぜなのでしょうか?

まあ物理的な見解で述べさせて頂きますと、スタートから最初のコーナーが短いので各ジョッキーがポジションを取りたいため内に殺到すると思うんですよ。ほんで外からの圧力により最内の馬はゴチャゴチャと不利を食らって自分のやりたい競馬ができなくなると…。すなわち原因はそういうことなのかもしれませんね。

ヤバイなぁ…。どうか私の本命穴馬が1枠に入らないことを願うだけです(●´ω`●)

さて、このレースは2歳限定の重賞競走でございまして過去にこのレースを走ったお馬さんがのちにG1馬になることが多いです。例えば私が知ってるところでは、ジャングルポケット、ロジユニヴァース、ゴールドシップ、レッツゴードンキがそれぞれ3歳のクラシック競走と呼ばれる大きくて華やかなレースを勝利しているのです。そういったことからも、今年のメンバーにも来年の春に開花するような秘めた能力を持つ実力馬が潜んでいるかもしれませんね!

しかし現時点でそのような馬を見つけ出すのは簡単に行かないわけでございますけど、歌って踊れるミーハー馬券が自慢の私にとって気品漂う華やかなステージはまさに腕の見せどころ!

今週で札幌開催もラストになりますが、皆さんも一緒にぶっちゃけ競馬で道産子になりましょう!

コース解説

まずは札幌芝1800メートルを簡単に説明しておきますね。※Cコース(Aコースから3m外に内柵を設置)を使用です。

札幌芝1800m

スタートから最初のコーナーまでの距離が約185メートルと短いため先行争いが激しくなることがあります。1~2コーナー、3~4コーナーは角度の緩いカーブ。最後は約266メートルと短い直線となっています。

札幌競馬場は全体的に丸め込まれた構造設計になっております。道中は多少の勾配こそありますが、高低差が低いのでほぼ平坦のイメージでよろしいかと思います。同じ洋芝コースでも函館競馬場の方がアップダウンが激しいです。

コーナーを4つ回る小回りコースで直線も短いことから先行馬にとって有利ではありますが、スタート後のコーナーまでの距離が短いためにポジションの奪い合いで速いペースになります。道中もコーナーの半径が大きいので流れが緩みにくい傾向にあります。

そういったことから札幌2歳ステークスの基本的な狙い方としては、持続力のある先行馬を中心に考えていただいて問題ないでしょう。相手はやはり過去の傾向からも差し追い込みの流れになることが多いため、これらのお馬さんには要注意です。たとえ人気薄でも明らかに調子を落としてる馬や、能力が足りない馬以外なら抑えておいて損はないと思います。

ちなみに札幌競馬場は洋芝のみ使用されております。寒冷地対策として使用されている洋芝は野芝より芝の根付きなど構造的な理由で馬場が軟らかく時計がかかりパワーが必要となります。

 

展開はこうなる

ご覧のように独断と偏見と妄想の隊列シートを作成しましたのでどうぞご自由にお使いください。

ポジション
逃げタガノアシュラ
先行アンノートルエトルディーニュジャコマル
トラストトリオンフブラックオニキス
中団アドマイヤウイナーコリエドールフラワープレミア
後方インヴィクタディープウォーリアコパノカーニバル

まだキャリアが浅い2歳戦なので脚質が定まっておらず、これまでの競馬とは違ったポジションでレースをしてくる可能性もありますけど、一応これまでの前半3ハロンのタイムを元にそれぞれ各馬の隊列を予想してみました。

そうすると展開のカギを握る馬は前走も同じ距離を使っていたタガノアシュラが逃げるという予想にたどり着きました。ただ、その後ろを追走する馬は誰なのか分かりません。

人気になりそうなコリエドール、インヴィクタ、ディープウォーリアあたりは後ろからの競馬になりそうな気もしますが、最後の直線が短いので3コーナー辺りから早めに仕掛けてくると思います。

 

予想確定

◎フラワープレミア

本命はフラワープレミアにしました。前走は中団追走から徐々にポジションを上げていき直線は外から力強い伸び脚で差し切ったレースでした。勝ち時計は地味でありますけど、開催最終週に行われたレースなので馬場も相当傷んでましたからタイムだけで能力が足りないと決めつけるのは早計です。

このコースは緩急をつけにくいコーナリングなので道中は一貫したラップが続きます。そのためいい脚を長く使える同馬にとってまさに打ってつけの舞台。人気薄ですけれども好勝負可能だと思います。

 

狭い間を割って出た勝負根性は見逃せない!

相手には大魔神がお届けする無敵艦隊の異名を持つインヴィクタ、前走は逃げて圧勝レコード勝ちのタガノアシュラ、モレイラ騎手が置き土産に『負けん気の強いファイター!』と言い放ったコリエドール

そして、唯一のディープ産駒で母はアマノチェリーランとミーハー馬券師には堪らない血統のディープウォーリアまで押さえます。

穴馬はワークフォース産駒のアドマイヤウイナーです。ぶっちゃけもっと人気するのかなと思ってましたが案外盲点になってるようですね。前走で見せた狭いスペースを割って抜け出した勝負根性は無視できないです。あのような厳しい経験はけっこう次回に繋がりますからね。

そういえば去年も須貝厩舎と岩田騎手のタッグで栄冠がアドマイヤエイカンに輝きました。今年も黄金タッグを再結成したわけですけどパートナーはウイナー(優勝)です!いや~近藤利一オーナーもなかなか粋な計らいをしてくれますね。

 

印と買い目

◎フラワープレミア
○インヴィクタ
▲タガノアシュラ
☆アドマイヤウイナー
△コリエドール
△ ディープウォーリア

というわけで馬券は◎フラワープレミアから印を打った馬に三連複の軸1頭流し(10点)で勝負します。発走時刻は15時25分です。

以上、札幌2歳ステークス2016の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果

天候:晴 芝:良
着順表馬名斤量騎手タイム着差人気
1着4枠5番トラスト(牡2)54kg柴田大1:49.45番人気
2着8枠13番ブラックオニキス(牝2)54kg城戸1:50.32 1/210番人気
3着8枠12番アドマイヤウイナー(牡2)54kg岩田1:50.3クビ差7番人気
4着7枠11番エトルディーニュ(牡2)54kg原田和1:50.43/49番人気
5着5枠6番フラワープレミア(牡2)54kg江田照1:50.61馬身11番人気

予想結果
◎ 6 フラワープレミア 11人気5着
○ 3 インヴィクタ 3人気7着
▲ 8 タガノアシュラ 1人気8着
☆12 アドマイヤウイナー 7人気3着
△ 9 コリエドール 4人気12着
△10 ディープウォーリア 2人気10着