【札幌記念2016予想オッズ】人気以上に走るレインボーラインに注意!

      2017/06/25

今日は8月21日(日)に札幌競馬場で開催されます札幌記念の予想オッズから人気所の見解をわたくしのオリジナル目線で書きます。そして記事の最後では、馬券の収支を上げてくれるであろう穴馬も紹介させていただきますのでどうぞお見逃しなくー!

さて、今回のターゲットはスーパーG2とも呼ばれる第52回札幌記念。毎年G1さながらのメンバーが集まるレースですね!今年はモーリスを中心にそうそうたる顔ぶれが揃いました。まさに秋のG1戦線を占う意味でも重要な一戦になること間違いございませんけれども、本日も有力馬の考察をスカッと爽快にやっていきたいと思います!

スポンサーリンク


予想オッズ

現時点(8/17)の札幌記念2016予想オッズはこのようになっています!

モーリス 57 モーリス 2.2
ヌーヴォレコルト 55 吉田隼 4.5
ヤマカツエース 57 池添 5.3
レインボーライン 54 福永 11.9
ヒットザターゲット 57 小牧 13.0
スーパームーン 57 蛯名 15.7
ロジチャリス 57 ○○ 19.2
ハギノハイブリッド 57 ○○ 21.4
ネオリアリズム 57 ルメール 24.8
トーセンレーヴ 57 ホワイト 42.8
レッドリヴェール 55 坂井瑠 50.2
レッドソロモン 57 柴山 51.6
マイネルフロスト 57 松岡 52.9
ダービーフィズ 57 岩田 74.6
ダンツキャンサー 55 勝浦 108.5
メイショウスザンナ 55 四位 174.1
ワールドレーヴ 57 ○○ 275.2

なお、フルゲートは16頭ですので獲得賞金が下位のワールドレーヴは除外候補となっておりますのでご注意ください。

1番人気は昨年の年度代表馬モーリスです。それに続くのが一昨年のオークス馬ヌーヴォレコルト、岡田牧場のエースとして期待が高まるヤマカツエース、今年の3歳世代は最強との呼び声も高いレインボーライン、再び大金星を狙うヒットザターゲットとなっております。今日はこの5頭をピックアップしてお送りいたします!

有力馬の見解

それでは札幌記念の予想オッズから人気どころの見解を、忙しいあなたのためにも2分でわかるようにまとめてみますので最後まで諦めずに読んで頂けたらと思います。

モーリス

スクリーンヒーロー産駒のモーリス。世界のマイル王が2000メートルの中距離でも我々競馬ファンをうっとりさせるような走りを見せてくれるのでしょうか!?

前回の安田記念はロゴタイプに逃げ切られて2着に敗れてしまいました。敗因は道中の緩いペースと前に壁をつくれない苦しい展開の影響もあったと思いますが、やはり最大の原因は調整不足が隠せなかったと言うか精神的なものが尾を引いていたのではないでしょうか。なにしろ検疫の関係で1頭だけ東京競馬場で検査を受けながらの調整となったわけでございますから。こんな経験はデビュー以来初めての体験だったと思いますし。それでも地力を見せて2着を死守した内容は値打ちがありますのでね。今回は仕切り直しと言うことで、新たな伝説の幕開けを再び期待といったところでしょう。

今回騎乗するのは2走前の香港・チャンピオンズマイル(1着)でコンビを組んだモレイラ騎手。現在は短期免許で日本に来日中ですが、距離に関して全く不安があるような素振りをみせておりません。それに『自分がこれまで乗ってきた中では一番かそれに準ずる馬』とおっしゃってましたのでチャンスは十分、2000mなんかくそ食らえのスーパーレベルの馬だと思います。良い子の皆さんなら馬券の軸で問題ないでしょうね!

ヌーヴォレコルト

ハーツクライ産駒のヌーヴォレコルト。おととしのオークス(G1)優勝馬でございますけど、この馬も近走は世界を股にかける競走生活を送っております。

前回の香港・クイーンエリザベス2世C(G1)は道悪馬場が堪えて6着に敗れてしまいました。以前には同じ道悪競馬だった中山記念やエリザベス女王杯で連対経験がございましたが、さすがに世界の一流どころが相手ではなすすべがなかったってことでしょうね。それでも後方から伸びてきていましたのでド根性娘らしい意地を見せていたと思います。

2走前の産経大阪杯も6着でしたが敗因は前残りの競馬でしたし、3ヶ月半の休み明けの影響かピリッとしたところが見られませんでしたね。3走前は初の海外遠征となった香港カップ(G1)ですけれど、後方から馬郡を捌きながら伸びてきて逃げたエイシンヒカリに僅か及ばずの2着でございました。

エイシンヒカリといえば海外のG1を2勝しているスーパーホースで、公式世界ランキングでも現在1位をキープしている馬ですからね。そういった相手にほぼ互角の勝負を演じた性能は改めて見直さなければなりません。今回は吉田隼人騎手が騎乗停止中の武豊騎手の代役を務めるわけになったのですが、数少ないチャンスですからね。魂のこもった手綱捌きで一発狙っているのではないでしょうか!

ヤマカツエース

キングカメハメハ産駒のヤマカツエース。重賞3勝のうち2勝を2000メートルで挙げている中距離界のエースですね!前回の宝塚記念(G1)は大外枠に加え、前日の雨で渋った重い馬場に脚をとられ後方からの競馬になっちゃいまして13着と大敗を喫しました。2走前の鳴尾記念は早めに仕掛けるも直線は伸びあぐねて6着。ワタクシの◎でしたけど、上位陣とは力の差を見せつけられたレースだったと思います。

去年の札幌記念は勝ち馬(ディサイファ)からコンマ1秒差の4着だったわけですし、ココで巻き返しがあるのか非常に気になるところ。洋芝は過去5戦して【1-1-1-2】なので悪くはなくそれなりの適性があると思います。あとは二千の距離がギリギリに映りますので内枠に入りたいでしょうね。

ただ、人気のモーリスやヌーヴォレコルトなどと比べますと能力的レベルが落ちますので正攻法の競馬では分が悪いと思います。持ち味は長くいい脚が使える持久力タイプだけに、紛れを誘い出すような早め早めの競馬に期待したいですね!

レインボーライン

ステイゴールド産駒のレインボーライン。今回唯一の3歳馬で、先週の関屋記念を勝利したヤングマンパワーと同じくアーリントンCの覇者でございますのでね、常に人気以上に激走する渋太い走りと54kgに注意ですよ!

前回の日本ダービーは8着でした。スタートで立ち遅れて後方からの競馬となり直線はちょろっと脚を使って追い上げた程度でした。ただ2400メートルの距離は長い印象だったので善戦したとも言える内容でしょうね。どちらかと言うと瞬発力勝負よりも持久力勝負が向くタイプ。そういったことから道中は息の入らない流れで、後方の内で死んだふりからの追い比べ合戦が理想だと思います。

札幌コースは3戦1勝2着2回と結果を残しており、まあ新馬・未勝利戦でのものですけど洋芝適性は悪くないかなと。まだ3歳ですから成長ぶん含めて伸びしろも十分に見込めますし、千八のレースを勝利してますので距離二千は守備範囲。あとは若さと勝負根性でどこまで先輩たちに食らい付けるか注目です。内枠に入れば可能性が広がると思います。

ヒットザターゲット

キングカメハメハ産駒のヒットザターゲット。去年の当レースは最後の直線遅れて外から猛追するも僅か届かずの惜敗(タイム差なしの2着)だっただけに、甲子園大会みたいな2年連続3回目の出場となる今年に賭ける思いはどの陣営よりも強いことでしょう。

前走の宝塚記念(G1)は10着に敗れました。敗因は道悪馬場と外枠というレースをやる前から戦意を喪失させられるようなWパンチを喰らってたことに尽きます。それに相手のレベルも格段に違いますから止むを得ない結果だったのではないでしょうか。もう8歳になりましたが、私の中でこの馬はダコールとキャラが非常に被るんですよね。

2走前の目黒記念では中団の内ラチ沿いで立ち回って直線も内から馬郡を捌いて伸びてきてました。そういったことからも現状は展開待ちの競馬が板に付いちゃってますので、淀みのないペースで引っ張ってくれる逃げ馬がいるのかどうかがポイントになりそうです。

去年は現在アロースタッドで種牡馬として活躍中の稀代の逃げ馬トウケイヘイローがお膳立てしてくれましたが、今回のメンバーでは何が何でも逃げたい馬が見当たらないんですよね…。ただ状態の方は本当に良さそうなので、まずは道中しっかりと脚をためられる内枠をGetしたいところ。あとは展開と運に任せるしかなく、モーリスやヌーヴォレコルトが先行馬を容赦なく掃除してくれたなら恩恵が頂けるのではないかと思っております。

【まとめ】個人的な感想と穴馬

いかがだったでしょうか?札幌記念の予想オッズから人気順に自分なりの見解を書かせていただきました。まあ単純に性能面からモーリスvsヌーヴォレコルトの図式が自然と浮かび上がっちゃうわけでございますけれど、これらの馬に割って入るのはどの馬か!?と言うのが今年の札幌記念を攻略するひとつのテーマになってくると思います。
ぶっちゃけ当日の馬場状態(今週からCコース)や展開次第でどの馬にもチャンスがありそうで、現時点で注目している馬が1頭おりますけどこれは本命にする予定なので最終予想でぜひチェックしてみてください!

さて、馬券の収支を上げるためにも必ず相手に押さえておきたいのが人気薄の馬です!
結びに札幌記念の穴馬を紹介させていただきます。

それはこの馬です。A ⇒ トーセンレーヴ

2000mは【4-0-0-1】とベストの距離でございますし、前走は不利を受けて競馬をやめておりました。前回騎乗したジョッキーは何かを悟ったかのように予定を変更して引き続き手綱を取る状況に…。
これは何気に勝負気配が漂いますね!巻き返しに注意しておきたいです。ただ、馬場が渋るとよくない可能性もありますので良馬場を前提としてお願い致します(●´ω`●)

以上、札幌記念予想オッズでした。
どうもありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

 - レース展望
 -