【サウジアラビアロイヤルカップ2016】ブレスジャーニーの末脚は脅威

      2016/11/25

horse-illustration

10月8日(土)に東京競馬場で開催されますサウジアラビアロイヤルカップの予想オッズから上位人気馬の見解をオリジナル目線で書いていきたいと思います。

昨年からレース名をサウジアラビアロイヤルカップに改名されたのですが、本来は『いちょうステークス』という名で2歳オープンの府中マイル戦が舞台のレースで行われてきました。(2012,13年は1800m)

今年は『G3』という格も付いて改なスタートとなりますけど、過去の傾向からも上位人気馬(1~5番人気内)が隙を見せないレースでございますね!

東京競馬場という紛れの少ない底力が必要なコースで行われますからね。そのため勝つ確率が高いと支持されたオッズの低い馬ほど普通に回ってくれば結果が付いてくるレースだと考えられます。

予想オッズ

クライムメジャー 55 Mデムーロ 2.1
ダンビュライト 55 ルメール 3.1
ロジムーン 55 戸崎 3.5
ブレスジャーニー 55 柴田善 11.3
バリンジャー 55 北村宏 12.0
ロジセンス 54 ○○ 38.2 ※出走回避しました。
セイウングロリアス 55 内田 45.4
ウィンドライジズ 55 木幡巧 47.9
サクセスムーン 54 木幡広 62.1
シャイニードライヴ 55 吉田豊 120.4

登録馬が10頭しかおりませんので気になる馬が除外になる心配はありません。
なお、サクセスムーンとロジセンスは先週も走っていますので出走してくるなら連闘になります。

予想オッズの1番人気はクライムメジャー、2番人気はダンビュライト、3番人気はロジムーンと、ここまでが10倍を切るオッズとなっており3強対決のような雰囲気になりつつありますね。

有力馬の考察

それではサウジアラビアロイヤルカップ2016予想オッズから人気順に有力どころの見解をザクッと読めるように書いていきます!

クライムメジャー

ダイワメジャー産駒のクライムメジャー。中京でのデビュー戦(芝1600m)は好位の外を追走から直線は内にモタれる場面がありながらも、鞍上が手前替えを促すように素手で馬の右肩を叩くと一気に加速。上り時計はメンバー最速の33.9秒の末脚で2着にコンマ2秒差をつけて快勝しました。

血統的にも上にはエプソムCなど重賞で2着が3度あるヒカルオオゾラ、重賞4勝の現役馬サトノノブレスがいる良血でございまして、前走は遊びながらも余裕の勝利。

今週は開幕週ということで前が止まらない馬場の可能性がありますが、クライムメジャーはある程度前に行けるセンスがありますし鞍上は先週のG1を勝利したミルコデムーロ騎手ですから勢いもありますよね。2戦目のポカさえなければ十分勝負になっておかしくない馬だと思います。

なにしろ今年の2歳オープン戦は中京で勝ち上がった馬の激走がやたら目に付きますから信頼の人気馬でしょう。

ダンビュライト

ルーラーシップ産駒のダンビュライト。この馬もまだキャリア1戦の馬ですが、前走のデビュー戦(中京芝1600m)は雨がぱらつく不良馬場で行われたレースでした。道中は好位の内めで運び、直線に入っても馬場の荒れた内めを持ったままの手応えで先頭に立ち、鞍上が一応今後のためにと思ったかムチ数発入れると楽に突き放して5馬身差の圧勝でした。

初戦からなかなか派手な勝ち方をやってのけましたが、道悪馬場でのレースでしたので本当の力はぶっちゃけ窺い知ることができません。ただ渋った馬場やパワーを要求されるコースではいかんなく力を発揮できそうですね。

まあ高速馬場でも前回のようなパフォーマンスを発揮できるかどうなのか分かりませんが、しまいの決め手は標準以上のようにも感じましたので府中の直線が長いコースは向くはずです。

本日の最終追い切りでは毎日王冠に出走予定の厩舎の先輩アンビシャス(重賞2勝の4歳馬)と併せて互角の稽古をしておりましたので力はあると思います。

前回手綱を取った松若騎手から今回ルメール騎手への乗り替わりも勝負気配を感じ取ることができますし、人気通りにいい勝負をするのではないでしょうか。

ロジムーン

ゼンノロブロイ産駒のロジムーン。デビューから3戦目となった前走の2歳未勝利戦(新潟芝1600m)で初勝利を飾りました。道中は中団前めの外で運び直線は持ったまま楽な手応えで先に先頭に立ったウインハイラントに接近し、戸崎騎手が軽く気合いを付けると力強い伸び脚で突き放したレースでした。

ただ展開的には新潟開催の最終日でしたので内が荒れて外差しが利く状況でした。しかしデビューから3戦すべて2着内に来ているように堅実な決め手は侮れません。

2走前は現時点4番人気のブレスジャーニーに2馬身差の2着に敗れていますが、あの時は道中でポジションを下げる不利を食らっていましたのでスムーズな競馬だったらもうちょっといい勝負になってたはずです。

とにかく終いは確実に伸びてくる末脚と府中のマイル戦を二度経験しているのも強みであり、上位人気2頭にどこまで詰め寄ることができるかになると思います。

ブレスジャーニー

バトルプラン産駒のブレスジャーニー。今回は約3ヶ月の休み明けとなりますので仕上がり具合がどうかでしょう。前回の未勝利戦(東京芝1600m)はまずまずのスタートを決めて中団に待機。直線は外からなかなか鋭い伸び脚を見せて2着ロジムーンにコンマ4秒差をつける快勝のレースでした。

前日の雨で渋った馬場ではありましたけど直線は瞬発力比べとなったレースでございまして、新馬戦で見せた脅威の末脚(32.9秒)は本物だったということにもなりますね。

そう言ったことからも現時点で上位とはオッズで差が開いておりますが、力的にそんなに差がないと私は思ってます。ただ、スタートの出遅れは想定しておかなければなりません。

バリンジャー

ステイゴールド産駒のバリンジャー。金色に輝くたてがみと尻尾がカッコいい馬ですね!

前走の函館2歳Sはスタートが悪く最後方からの競馬。直線は後方から上り最速の末脚を駆使したのですが先行勢の決着で6着という結果に。闘争心が売りなだけに痛恨の出遅れが響きました。

これまでデビューから2戦は1200mのレースを使われてきておりまして、陣営は『千二は忙しい感じもあるのでマイルの方が競馬はしやすい』とコメントしています。

とは言え今回は未知の距離に挑むわけですから、中団または後方で折り合いを付け直線勝負にかけるレースになると思います。ただこれまでの走りを見た限り決め手比べになると分が悪い感じがあります。直線の攻防に関しても馬混みの肉弾戦になるイメージが湧きませんし、せいぜい掲示板までだと思います。

まあ雨が降って極悪馬場で行われるようでしたら可能性がゼロとまでは言い切れませんけど。ぶっちゃけ今回はそんなもんじゃないでしょうか。

今回の記事まとめ

いかがだったでしょうか?サウジアラビアロイヤルカップの予想オッズ1番人気から5番人気までの有力候補のお馬さんを、自分なりの見解で書かせていただきました。

ザックリまとめてみますと

  • クライムメジャー 前走は中京で余裕の勝利。2戦目のポカさえなければ勝負になっておかしくない。
  • ダンビュライト デビュー戦は5馬身差の圧勝劇。道悪競馬でしたので結果を鵜呑みにできませんが、しまいの決め手は標準以上のようにも感じました。
  • ロジムーン 確実に伸びてくる末脚と府中マイル戦を二度経験している強みでどこまで詰め寄るか。
  • ブレスジャーニー 休み明けで仕上がり具合がどうかも脅威の末脚を武器に持つ。上位人気馬と力差はない。
  • バリンジャー マイル初挑戦。これまでの走りからも掲示板までか。

この時期の若駒戦は、将来大人になって重賞戦線でバリバリ活躍する馬や、条件戦で限界に達する馬も一緒に走りますので上位人気と下位人気では能力の差が歴然とあります。

それに加えて紛れの少ない東京が舞台の一戦となりますので、上位人気に支持された有力所が最も力を発揮しやすいレースだと言えるでしょう。

以上、サウジアラビアロイヤルカップ2016予想オッズ上位人気馬の考察でした。
どうもありがとうございました。

 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - レース展望
 -