【関屋記念2017予想】穴馬はクラリティスカイ!

      2017/08/14

長岡花火大会

8/13(日)新潟競馬場で行われます関屋記念2017の予想をお届けします。

サマーマイルシリーズの第2弾は越後で繰り広げられる芝1600メートルの別定戦。

毎年暑さのピークに達する 関屋記念。慰霊と復興(中越地震から)の願いが込められた長岡花火のように、夏の空を綺麗な色に染めてくれる神秘的な大会ですね!

そこで馬券的デリケートゾーンにぴったりフィットする穴馬スポットをご紹介したいと思います。

ズバリ言うわよ!

らったったー♪クラリティスカイいかがでしょうか?

近走は千八・二千の中距離戦で頑張っていますけど、いちょうステークスのレコード勝ちや、2歳チャンピオンを決める朝日杯FS3着、そしてN響オーケストラによる生ファンファーレでおなじみのNHKマイルC優勝など距離千六を得意にしている馬ですからね。

それともういっちょ。このレースはJRAのデータ分析が示すように『東京・芝1600mのGIで好走したことのある馬に注目』なんですよね。

年度優勝馬東京・芝1600mのGIでの好走実績同年のJRAのオープンクラスでの連対実績
2012ドナウブルーヴィクトリアマイル (2着)京都牝馬S (1着)
2013レッドスパーダNHKマイルC (2着)パラダイスS (1着)
2014クラレントNHKマイルC (3着)京王杯SC (2着)
2015レッドアリオンNHKマイルC (0.3秒差4着)マイラーズC (1着)
2016ヤングマンパワーNHKマイルC (0.4秒差6着)谷川岳S (2着)
2017クラリティスカイ?NHKマイルC (1着)中山金杯 (2着)

こうやってデータ表を使うともっともらしくなるでしょ?そういったことからも夏バテさえなければ直江兼続ばりの変わり身があって不思議ないとみているのですが。果たして私が下した関屋記念2017の予想とはいったい!?

スポンサーリンク


予想確定

それでは今週も張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

ダノンプラチナ

本命は10ヵ月ぶりの実戦復帰となる ダノンプラチナ で仕方ない。ま、爪の不安で体調が整わないためブランクが長くなってしまった心配はありますけれども、これは自分の能力をもっと磨きたいがゆえに起きてしまう現象のようなもの。

あの シンザン もそうでしたが、 前脚と後脚をぶつけてしまうほど脚力の威力がハンパないんですよね。

それにつけても新潟外回りは日本最長といわれる信濃川のように永遠に続く長い直線なのです。自分のキャパシティをフルに引き出せる特殊な舞台設定ではないでしょうか。

新潟芝1600m

新潟芝1600m(外)のコース形態に関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

2歳時にはG1を勝利しましたが今回は斤量56キロで出走できます。プラチナのように光り輝く底力を軽くは扱えません。

過去3ヶ月以上の休み明けは3着・1着・3着。鞍上はデビューから11戦すべて手綱をとってきた蛯名騎手。

希少価値のある馬ですから、久々の競馬でも上位に食い込んでくるとみています。

クラリティスカイ

穴馬は15年NHKマイルCの覇者 クラリティスカイ で仕方なし。3歳秋から去年の関屋記念(8着)まで低空飛行を続けていましたが、今年は中山金杯2着、小倉大賞典3着とレースぶりに進境がうかがえます。

前走 エプソムCの予想 では本命にしましたが、スタートから出遅れてしまって自分の競馬ができずの15着。これは参考外でいいでしょう。好位のポジションからしぶとく粘り込むのがクラリティスカイの好走パターンなだけに。

今回は久しぶりに横山典騎手とのコンビ復活。こういった場面での鞍上には要注意。返し馬で走れる状態と判断されたなら勇猛果敢な攻めで仕掛けてくると思います。

そして、ダメ押しにこんな記事も。

クラリティスカイ巻き返しに燃える/関屋記念

斎藤誠師は「トモが強化されて走り方も変わってきている。あっと言わせることになると思う」と力が入る。

情報元:極ウマ

なるほど、トモの強化はプラスに働くと思うんですよ。後ろ脚の蹴っぱりというか踏ん張りが効くようになるから、行きっぷりが良くなるんじゃないかなぁ。

そういったことからも、前回のような出遅れの不安が解消されたわけですね。

しかし、『あっと言わせることになると思う』という調教師の発言が私的にマイナスポイントで仕方ないのですけれど…。

あんまり陣営が鼻息荒くしちゃうとろくなこと起きないのでね笑

それだけデキの良さをアピールしているのかもしれませんが、陣営コメントというのは参考程度にとどめておくのがベター。

前を行くマルターズアポジーが引っ張る流れになれば激走する可能性があるとみています。

てなわけで、関屋記念の穴馬はクラリティスカイを推奨します。

相手はメートルダールなど

他にも相手には、かたちの上では昇級も新潟大賞典3着など重賞でも好走実績がある⑥メートルダール

新潟コース(芝ダ含む)は【2‐3‐0‐0】。去年の関屋記念2着馬⑩ダノンリバティ

⑪ヤングマンパワーは去年の勝ち馬。新潟マイルは過去3戦3→2→1着。

破壊力ある末脚が魅力の⑫ブラックムーン

おととしの新潟2歳チャンピオン⑭ロードクエスト

そして、前走 ヴィクトリアマイルの予想 は本命にするも直線での不利が大きく響いた⑯ウキヨノカゼまで抑えておきます。

買い目

本命①ダノンプラチナ、穴馬⑨クラリティスカイですけど、相手は無理に印付けませんし軸も1頭で心中しません。

【3連複フォーメーション】
1・6・11・12 ⇒ 1・6・11・12 ⇒ 9・10・14・16
(合計24点)

というわけで馬券は的中と回収のバランスを重視した三連複フォーメーションで勝負します!

明日はこちらも関門海峡花火大会。今年も安倍さん見に来るのでしょうか!?注目の発走時刻は15時45分の予定です。

以上、関屋記念2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着2枠3番マルターズアポジー(牡5)57kg武士沢1:32.27番人気
2着8枠15番ウインガニオン(牡5)57kg津村1:32.41 1/44番人気
3着5枠10番ダノンリバティ(牡5)56kg松若1:32.4クビ5番人気
4着6枠11番ヤングマンパワー(牡5)57kg石橋1:32.51/26番人気
5着1枠1番ダノンプラチナ(牡5)56kg蛯名1:32.5アタマ8番人気
天候:曇 芝:良

 

本命①ダノンプラチナは5着(8人気)
穴馬⑨クラリティスカイは16着(12人気)でした。

≪相手≫
⑥メートルダール 12着(1人気)
⑪ヤングマンパワー 4着(6人気)
⑫ブラックムーン 15着(3人気)
⑩ダノンリバティ 3着(5人気)
⑭ロードクエスト 6着(2人気)
⑯ウキヨノカゼ 10着(11人気)

≪三連複フォーメーション24点≫
1頭目:①⑥⑪⑫
2頭目:①⑥⑪⑫
3頭目:⑨⑩⑭⑯

ハズレ

 

 - 競馬予想, 重賞予想
 -