【シンザン記念2017予想オッズ】コウソクストレートは加速性能の高さでどこまで

      2017/01/10

1月8日(日)京都競馬場で開催されますシンザン記念の予想オッズから上位人気馬の見解を独自目線で書いていきます。

さあー春のクラシック戦線やマイル戦線に殴り込みをかける注目の一番が淀のターフを舞台に行われますね!

近年だけでもオルフェーヴル、マルセリーナ、ジェンティルドンナ、ミッキーアイル、ウインフルブルーム、ジュエラーたちがシンザン記念で新年を迎えています。

ひと昔前までは『シンザン記念から出世する馬は出ない!』みたいな風潮があったわけですけれども、最近は効果的なトレーニング法や医学的ケアの進歩によって競馬の価値観がずいぶんと変わってきましたからね!

そういった意味でも今回出走するメンバーの中にも大物になる馬が潜んでいると思いますし、やはり馬の強さというのは全国の競馬ファンが持つ知識によって蓄積されたオッズに現れます。

果たして現時点の予想オッズは一体どうなっているのでしょうか!?

人気上位のオッズ

1. ペルシアンナイト 2.5
2. アルアイン 2.9
3. トラスト 6.2
4. コウソクストレート 6.3
5. タイセイスターリー 10.9
6. ディバインコード 14.1

現時点(1/2)の 予想オッズ 1番人気から6番人気までを掲載しました。この辺りがシンザン記念の有力候補ではないかと私的にも思います。

なお、登録があった6番人気のディバインコードは1/5の ジュニアカップ に向かうことになりました。

ということで、本日はこの上位5頭の有力馬をピックアップしてお送り致します。

勝つ確率が高い有力馬の紹介

それではシンザン記念の予想オッズから上位に支持された馬たちの見解を、私の芸術的センスでまとめて書いていきたいと思います。

ペルシアンナイト

予想オッズ1番人気は、デビューから3戦すべて上がり最速の末脚を繰り出している2勝馬ペルシアンナイト。

前走こうやまき賞は中団追走から早めに前に進出。直線は馬場の真ん中からしっかりとした伸び脚で勝利しました。4コーナー手前から一緒に上がってきた2着の ジュンヴァリアス は重賞の東スポ杯で直線不利を受けての6着。スムーズな競馬だったらもう少し上の着順に来ていたと思いますけど、その相手に1馬身差の快勝でした。

2走前のアイビーSは2着に敗れたわけですけど、出負けスタートから道中は口を割って掛かり気味に追走。それでも直線はしっかり伸びてきてました。まぁ、勝った馬は阪神JFを制した ソウルスターリング。1馬身差の3着はベゴニア賞でサトノアレス(朝日杯FS勝ち馬)の2着に踏ん張ったエトルディーニュ。

そういったことからも、これまで3戦唯一やられた相手が2歳女王ですし、力の差でねじ伏せた相手も手ごわい素質馬だったわけですから今のオッズは妥当だと考えてよろしいでしょう。

ペルシアンナイトに死角らしきものが見つかりませんけど、あえて挙げるならスタートの出がイマイチなところでしょうかね。ま、京都の外回りなのでそれほど神経質になる必要はございません。

開幕週とはいえこのクソ寒い時期は全体的に馬場が荒れていますから、力の要る馬場が得意なハービンジャー産駒にとっては打って付けの舞台だと思います。

アルアイン

2戦2勝の2番人気アルアイン。前走の千両賞は好位のイン追走から直線も内ラチ沿いから抜け出しての勝利。狭いスペースも躊躇しない勝負根性を見せていました。

展開的にはスローの直線勝負となったわけですけど、518キロの迫力ある馬体から重馬場を苦にしないパワフルな伸び脚が印象的でした。ゴール前で追い込んできたキョウヘイの脚も素晴らしかったですがこちらはハマった感があります。

アルアインを管理する池江厩舎はペルシアンナイトと2頭出し。鞍上は前回に引き続きシュミノー騎手です。

トラスト

川崎競馬から中央に移籍してこれが3戦目となる札幌2歳Sの覇者トラスト。前走の朝日杯FSは道中2番手追走から直線も粘って5着という競馬でした。

阪神のマイル戦らしく最後は外から決め手が優る馬が台頭したわけですけど、大外枠だったトラストはよく踏ん張っていた方だと思います。

ちょっとまだ走りに幼さがありますけど先行力は武器ですし、今回は舞台も相手もガラッと変わりますからそろそろ粘り込みに要注意でしょうね。

コウソクストレート

ここまで3戦2勝のヴィクトワールピサ産駒コウソクストレート。前走の 京王杯2歳S は好位から抜け出す競馬が売りのこの馬にとって痛恨の出遅れスタート。道中は後方で脚をためていき直線勝負に望みをつなげますが4着まで。

コウソクストレート自身の上がり3Fのタイムは34秒ジャストとメンバー中2位の末脚で追い込んでは来たのですが、上位2頭には大きく(3馬身差)放されての3着争いでした。まぁ、そのあとG1で2着3着に入った相手でしたからね。仕方ない面もあります。

デビューからの2戦はともに加速性能の高さを見せてきたわけですので、開幕週の京都は馬名的にいかにも合いそう。今回はルメール騎手に乗り替わりです。

タイセイスターリー

1番人気に支持された前走 デイリー杯2歳S は気性の激しさがマイナスに出てしまったタイセイスターリー。私は普段1番人気を本命にすることが滅多にないのですが、デビュー戦の楽な手応えで抜け出した競馬に魅力を感じて◎にしました。

スタートがつかず道中は後方から掛かりながらの追走。直線は外に持ち出して一気に上がって来るかと思いきや伸びてこれず8着(10頭立て)という結果に終わりました。いやぁ、人気の馬で馬券を外すとメンタル的にきついっす…泣

ま、前回のレースは前で運んだ馬たちが上位を独占したように後ろからの競馬では厳しかったです。それに内の方がよく伸びていましたからね。

この中間は調整方法に工夫を入れてるみたいですし陣営もヤル気になっています。だけどそう簡単に気性面の問題が解消できるはずないですからね。やはり長い目でみて経験を積んでいくしかありません。

ただしタイセイスターリーは、デビュー戦で真っ白になるくらい発汗機能を高めていましたからかなりの爆発力を秘めています

外枠に入って馬郡に揉まれず気分よく競馬ができるようなら巻き返しがあっても不思議ない馬だと思います。以上。

 

スポンサーリンク


 

おすすめ記事

1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

2
【裏読み】競馬予想ブログの上手な使い方

競馬関連のブログが溢れるほどありますけれど、一体どこのサイトを参考にすれば勝てる ...

 - レース展望
 -