【秋華賞2017予想】穴馬はヴゼットジョリー!

      2017/10/19

秋の音楽イラスト

10/15(日)京都競馬場で行われますG1秋華賞2017の予想をお届けします。

3歳牝馬G1のラストをしめくくる、まぁー人間でいう最強の女子高生決定戦ですね!

そして、私たちにとっても能力と成長力を見抜く洞察力を感じる一戦になりそうでございます。

ひところはローズS好走馬+クイーンS勝ち馬の図式だったのですが、最近は紫苑(しおん)S好走馬も頭角を現してきたので即ケシができなくなっちゃいましたね…汗

そこで何とか簡単に当てる方法はないのかとこの1週間、短期留学で学んだケンブリッジ大学での自由研究は以下の通り。

ポイント
• 紫苑S・ローズSの好走馬
• クイーンSなど古馬相手に勝利

 

上記の要点さえ押さえておけば的中の確率がグッと上がる、これまでの予想方法より数倍以上の高速化に大成功!

もちろん軸馬もこの中から選ぶのがベター。

JRAのデータ分析 からも中央のレースで4回以上の連対(2着内)実績馬が勝ちやすいことを教えてくれてるのでね。

どうですか。簡単に予想できるでしょ?

ただし前走のトライアル戦。好走できなかったけど何らかの理由で力を出してない馬の巻き返しに注意!

只今G1レース32連敗中のワタスですけどヨッシャー!やっと長いトンネルから抜け出しそう!果たして私が下した秋華賞2017の予想とはいったい!?

コース解説

秋華賞・京都2歳ステークスなどが行われる京都芝2000メートルを説明しておきますね。

京都芝2000m

正面スタンド前からの発走。最初のコーナーまでが約308メートルと、それほど距離がないため外枠の先行馬は外に振られてロスを受けます。それに掛かっちゃったりもしますのでね。自分の競馬ができない可能性もあるので、レース戦略の引き出しが少ないタイプは割引きでOKでしょう。

スタートからアップダウンのない平坦な道のりで1~2コーナーは急カーブ。向正面の中盤に差し掛かったあたりから坂が出現。そして3コーナーが頂上になります。

内回りの3角てっぺんを過ぎたら当然下り坂に入るためペースが一気に上がることも。最後の直線は平坦の距離328メートル。

コース形態的に前半からペースが速くなる傾向にあって差しが決まりやすいです。そのため長く脚を持続できるタイプが優良物件。

つまり、能力差がもろに出る若駒レースなので、コース適性うんぬん将来性のある上位人気馬から軸を選んだ方がいいのでしょうね。

G1ホースになる馬はほとんど持続力に優れた脚を持ってますよね。やっぱこの舞台を制する馬はホンマ強いと思うんですよ。以上。

 

予想確定

それではお待たせしました。小さなリスクで大きく儲ける秋華賞2017の予想はこうなりました!

モズカッチャン

本命は陽気なイタリアンMデムーロ騎乗の モズカッチャン で仕方なし。ま、個人的な連敗を止める意味でもココは黙ってG1請負人に任せておけば大丈夫でしょう…苦笑

能力的には フローラステークスの予想 でも書きましたが小倉・未勝利戦で見せた異次元の末脚ですね。私たち九州男児?も度肝を抜かれた走りに今でも鮮明に焼き付いちゃってるので強いはず。

前走ローズSは期待外れの7着でしたが、これまでと違って久々に速いペースとなった展開だったので馬も戸惑ってしまいましたかね。直線も前が壁でスムーズさを欠いてました。

それに放牧からボリューム感満載の馬体で帰厩してきたもんだから、さすがにこれには陣営もたまげちゃってね。中間のメニューもハードに攻めすぎた感じで、太め残りというより気持ち的にピリピリ張りつめた状況だったと思います。

そういったことからも一度レースを使った上積みがありますし最終追い切りもびっしりやってないようなので、ストレスからくる精神的な面がやられてなければ必ず巻き返してくるでしょう。

モズカッチャンは持続型なので前回から条件は好転しますからね。

あとは大きく出遅れたり4コーナーで渋滞に巻き込まれなければ直線抜け出してくるとみています。

 

相手はアエロリットなど

他にも相手には、NHKマイルCを制したアエロリット。前走クイーンSは速いペースから直線二枚腰を使って押し切りましたけれども、今回もすんなり逃げちゃうのでしょうか。

2000メートルがカギも枠順的に距離損なく走れそうなので問題はないでしょうね。まぁ、出遅れさえなければ馬券圏内の可能性は高いと思います。

鞍上の横山典騎手も菊沢厩舎(義弟)ならマジメに競馬してくれるはず。

 

ミリッサの前走ローズS(4着)は不完全燃焼な競馬でした。行くとこ行くとこ前が壁になっちゃってね…。

ただ、後方からの競馬で直線も詰まったぶんだけ脚をためることができたという見方もあります。私の目には距離に不安がありそうな感じに映りますので、その辺だけがどうなのかなと思います。

 

レーヌミノルも距離がね。ローズSでも伸びそうで伸び切れませんでした。

ぶっちゃけスプリンターズSに行けばよかったのにと思いますけど、陣営は断固として距離は問題ないみたいな態度を貫いてますから果たして…。

消しでもよさそうですが桜花賞を制した底力がありますし、現在9~10人気とオッズの妙味があるんですよね。馬場が渋ってタイムの遅い決着になるようでしたら地力の巻き返しがあるのかもしれません。

 

ディアドラは末脚が自慢の馬で、前走の紫苑Sは4コーナー大外を回っての差し切り。重賞初勝利に導いた岩田騎手は今回ファンディーナに騎乗。

去年の秋華賞1人気ビッシュのように中山で燃え尽きちゃってなければ…。

ま、ルメール騎手への乗り替わりがカギになりますけど、どうせ積極的に外をぶん回して持ってくるのでしょうね。

 

黄金馬券をアシストする2頭

ブラックオニキスはオークスで一瞬オッと思う場面がありましたし、紫苑Sにしても馬郡の間から伸びてきてましたからね。

結構な根性娘ですよ。ただ、大野騎手は『跳びがきれいなので良馬場がいい』とコメントしてます。

とはいえ洋芝巧者なので雨の影響で時計の掛かる馬場なら注意しておきたいところ。

有力どころが崩れる展開だと馬券圏内に潜り込んでくるのでは!?

 

中1週の競馬になりますけど現在最低人気のヴゼットジョリー阪神JFの予想 でも本命にしたくらい一発の可能性を秘めた馬。なんせ越後の2歳チャンピオンですからね。

デビューから中距離のレースを一度も使われていませんが二千はたぶん大丈夫。むしろこれくらいの距離の方がアッと言わせる走りができるとみています。

古馬混合のポートアイランドSにしても5着と格好は付けていましたし、桜花賞以来の休み明けでプラス16キロの馬体重は成長分!

「道中掛かって…」と言う敗因コメントも想定してますが、雨降りのレースなら逆にプラスとなるはず。

今回初めての中距離戦。いい脚を長く使っての激走があるとみています。

 

印と買い目

◎④モズカッチャン
○①アエロリット
▲⑭ディアドラ
☆⑮ヴゼットジョリー
△③ブラックオニキス
△⑪ミリッサ
△⑫レーヌミノル

【3連複】 4 → 1・3・11・12・14・15(合計15点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。本命モズカッチャンから穴馬ヴゼットジョリーなど印を打った6頭への流し馬券です。

久々にうまかっちゃんな配当ゲッチュとなってしまうのでしょうか!?注目の発走時刻は15時40分の予定です。

以上、秋華賞2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

天候:雨 芝:重
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着7枠14番ディアドラ(牝3)55kgルメール2:00.23番人気
2着4枠7番リスグラシュー(牝3)55kg武豊2:00.41 1/44番人気
3着2枠4番モズカッチャン(牝3)55kgMデムーロ2:00.4ハナ5番人気
4着1枠2番ラビットラン(牝3)55kg和田2:00.936番人気
5着4枠8番カワキタエンカ(牝3)55kg北村友2:00.9クビ8番人気

 

◎④モズカッチャン 3着(5人気)
☆⑮ヴゼットジョリー 11着(18人気)

ハズレ

 - 競馬予想, 重賞
 -