【シルクロードステークス2017予想】穴馬はダイシンサンダー!

      2017/02/12

G3race-trophy-illustration

1/29(日)京都競馬場で行われますシルクロードステークス2017の予想をお届けします。

さて、今週の淀のお年玉は戦国の6Fハンデ戦。3/26開催予定のG1高松宮記念の前哨戦でお馴染みの名物競走でございまして、また中京で佐々木希に逢いたいですね!

1番人気ビッグアーサーが5着に敗れて1年が経ったわけですけど、昨年の覇者ダンスディレクターが連覇を狙って今年も元気に参戦してきましたー!

本番では優勝候補の一角として注目をあびながらも直前になって深管の不安が発症し無念のリタイア。今回はトップハンデタイとなる57.5kg。それでも今年こそはという思いで陣営も送り出してくるでしょうし我々も期待している1頭です。

そして近走は快進撃を続ける関東馬のセイウンコウセイの走りにも注目でしょう!今回は重賞初挑戦となりますけど55kgでの出走。ハンデ戦なだけに今の勢いを存分に輝き放つのでしょうか!?

オアシスの道を目指して繰り広げられる西遊記というゴダイゴ感ハンパない注目のレース!

今年は13頭立てと出走頭数こそ少ないですが、妙味馬券のプレゼンターとして活動中でもある私が下すシルクロードステークスの予想はいったい!?

果たして泥沼から這い上がる秘策はあるのでしょうか!?

攻略ポイント

kyoto-turfcourse-1200m-illustration

京都の芝1200メートル戦はスタートから最初のコーナーまでの長さが約316メートルしかないので外よりも内枠が有利な傾向。ただし、強い馬なら外枠でもお構いなく来ますので注意が必要です。

今週からBコース(Aコースから約3,4m外に内柵を設置)に替わりますね。この時期は馬場が硬いのでけっこう速い時計になりますけど、荒れ芝なので直線は内を突いても外に出してもほとんど差はありません。

だけど道中は内を通った方が有利なので、自分の狙い馬がそのようなコース取りの流れになってくれることを祈るばかりです!

ぼくが考えた最強のシルクロードS攻略ポイント

    1. 道中インを攻めた馬が有利、てか基本は内枠先行有利
    2. ドスローの展開になると差し追い込み注意
    3. 3着に人気薄の穴馬

この3点を意識しながら馬券を組み立ててみてください。

おわり

予想確定

それでは今週も張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎ ダイシンサンダー

本命はダイシンサンダーです。まぁ、去年の初夏にオープンに昇級してから 米子S の3着実績があるくらい。あとはパッとした成績を残せていませんから人気しないでしょう。穴馬ですね。

近走の内容を見ていると、どうも掛かりながら走っているんですよね。馬が前に行きたいと。

ということは距離短縮ならもっと走りやすいのではないかと考えられますし、人気がない分この行きっぷりを見逃すわけにはいきません。

ぶっちゃけダイシンサンダーは千二の距離が一番合っている可能性があります。

全5勝のうち勝ち鞍は千六と二千なのでスプリンターにはまったく見えませんけれども実はここが盲点となっております。

なぜかというと下級クラスでの駆けっこですから自身が持つポテンシャルで合わない距離でもこなしてしまいます。だから陣営も私も思わず錯覚しちゃいますよね。この馬はマイラーかなと…

ところがどっこいぎっちょんちょん。メンバーレベルやレースの格が上がるにつれ、その距離でのスペシャリストが必ず揃いますから適性外の距離では次第に通用しなくなってきちゃうのです。

そういったことからも、雷鳴がとどろくキレ味が発揮できるのは今回が初めてとなる1200メートルにあるわけなので、シルクロードステークスの穴馬はダイシンサンダーだということで私はこの馬から張り切って攻めます。

 

☆ テイエムタイホー

去年の京都金杯2着の実績があるテイエムタイホーは連下で抑えておきたい馬。しかし近走は低迷が続いておりますし、8歳という年齢からも短距離戦を軸として狙うにはあまりにも酷だということで抑えまで。ビビリですみません…汗

ただ、前走・前々走と後方からの競馬でまったくこの馬の競馬ができていませんからね。

ひょっとしたら15年の山城S(タイム差なしの2着)以来となる淀の1200メートルで変わり身があるかもしれません。あの時は中団追走から直線しぶとい脚で逃げるシゲルカガを猛追しましたし今回人気のネロを13着に沈めてました。

ま、ギャンブル的認知バイアスになりますけれども、ここんところ自分の競馬をしてないぶん注意しておきたい存在です。

テイエムタイホーは金杯もそうですけど叩き良化型で、4歳のころから必ず年に一度は高配当を演出し、我々ベースケな競馬ファンを興奮させてくれる厳しい寒さでとても暖かいキャラでもあるのです。

2017年も得意の京都で夢馬券を運んできても不思議ありません。

 

相手はセイウンコウセイなど

他にも相手には、内からロケットスタートを決めるのか!? スプリンターズS 3着の快速娘ソルヴェイグ

ゲートが鍵になるがG3以下の芝千二は【2‐3‐0‐0】と全て連対中。今年はディフェンディングチャンピオンとして王座の防衛戦となるダンスディレクター

またもや栗東坂路で4F48秒台の快時計を叩き出した重馬場の京阪杯を逃げ切り圧勝のネロ

前走の淀短距離Sは2番手からの競馬で終いも速いラップでまとめ、京都の舞台は現在2連勝中のセイウンコウセイ

キーンランドC 優勝など洋芝適性が高いもんで京都の軽い馬場は合うのかどうかクエスチョンマークのブランボヌールまで抑えておきます。

印と買い目

◎ 8 ダイシンサンダー
○11 セイウンコウセイ
▲ 5 ソルヴェイグ
☆ 2 テイエムタイホー
△ 7 ダンスディレクター
△10 ネロ
△12 ブランボヌール

【三連複】 08 ⇒ 02,05,07,10,11,12(合計15点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。本命穴馬ダイシンサンダーからセイウンコウセイなど印を打った6頭への流し馬券です。

孫悟空も注目の発走時刻は15時35分です!

以上、シルクロードステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着5枠7番ダンスディレクター(牡7)57.5kg武豊1:07.83番人気
2着7枠11番セイウンコウセイ(牡4)55kg松田1:07.8クビ4番人気
3着6枠9番セカンドテーブル(牡5)56kg水口1:08.01 1/27番人気
4着4枠4番ヒルノデイバロー(牡6)54kg四位1:08.1クビ8番人気
5着1枠1番ラインスピリット(牡6)56kg森一1:08.1ハナ6番人気
天候:曇 芝:良

 

◎ 8 ダイシンサンダー 10人気8着
○11 セイウンコウセイ 4人気2着
▲ 5 ソルヴェイグ 2人気6着
☆ 2 テイエムタイホー 12人気10着
△ 7 ダンスディレクター 3人気1着
△10 ネロ 1人気11着
△12 ブランボヌール 5人気13着

 

本命穴馬ダイシンサンダーは8着。ダッシュが付かず後方からとなってしまい、終始外を回らされる厳しい展開となってしまいました…。

前回の京都金杯ににしても流れに乗れてない競馬。今回は距離短縮に期待したんですが、直線は他馬に寄られる不利がありましたけれども、やっぱ近走リズムに乗り切れてない馬はスルーした方がいいかもしれません。反省です。

テイエムタイホーは10着。以前と比べてかなり行きっぷりが悪くなっちゃいましたね…。

 

スポンサーリンク


 

おすすめ記事

piggy-bank-images 1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞
 -