【スプリングステークス2017予想】穴馬はサウンドテーブル!

      2017/07/03

3/19(日)中山競馬場で行われますスプリングステークス2017の予想をお届けします。

このレースは芝1800メートルが舞台の 皐月賞(G1)トライアル。上位3頭に優先出走権が与えられますね!

スプリングステークス の過去の傾向からも人気馬が信頼できるレースでございますけれども、毎年のように1番人気馬は馬券圏内を確保しており、今年はアウトライアーズ、サトノアレス、トリコロールブルーの三つ巴ムード。

私的には実績と能力をしっかり証明しているサトノが最終的にノミネートされると見ていますけど、レース直前までどの馬がもっともファンの支持を集めるのか現時点では分からないというのが現状です。

ただし、馬券の魅力に焦点をあてるとするならば、やはり黄金馬券を演出してくれる隠れた実力馬を導き出すことができるかどうかが勝負の行方を左右すること間違いないでしょう。

ぶっちゃけキーマン探しは、長い脚を使える持久力を持った伏兵馬をピンポイントで狙い続けることにより美味しい配当が頂けるレース。

ま、穴馬狙いの基本っちゃ基本ですけど『初心忘るべからず』は大切です。果たして私が下すスプリングステークス2017の予想とはいったい!?

攻略ポイント

中山芝1800m

舞台はコーナー4つを回る内回りの中山芝1800メートル。Aコース(内柵を最内に設置)を使用します。

スタートから最初のコーナーまで距離が短いので外枠先行馬は割引きですけど、今回11頭立てと少頭数なのでそこまで心配する必要はないでしょうね。

コース形態や展開に関しましてはコチラの「攻略ポイント」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

スプリングステークスを攻略するポイントとして、最強好きなボクが考えた注意書きは以下の1点

  • 人気上位の決着になりやすいので、人気馬を中心視しながらもピンポイントで隠れた実力馬を抑えておく

この1点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

おわり

 

予想確定

それではよろしくお願いします。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎サトノアレス

本命はサトノアレスで仕方ない。これまで5戦3勝2着2回とまだ底を見せていない去年の2歳王者ですね。

これまでのレースを観た限り自在性がありますし、馬郡から抜け出す脚が速いですからそう簡単に崩れるシーンが想像つかないです。

今回は朝日杯フューチュリティステークス以来3ヶ月ぶりのレースとなりますが、この中間も順調に来ていますから最低でも連は外さないでしょう。

あえて課題を挙げるなら、前回のゴール前で外に斜行しモンドキャンノに迷惑をかけちゃったのでね。

ただ距離に限界があって寄れてしまったわけではないと思いますから、今回はしっかりと汚名返上したいところ。

 

もう1頭の軸馬は粘っこいアノ馬!

11頭立ての少頭数で儲けが少ない可能性大なので2頭軸で攻めたいと思います。

もう1頭の軸はこの馬です → B. 人気ブログランキングへ(エトルディーニュ)

当ブログの紹介文に馬名を記入しましたので、どうしても気になる方は確認してみてください。

軸に選んだ理由は、前で運べて崩れないところ。走るその姿もピッチ走法に映りますから、どこのコースでも器用に回ってこられるのは強みですよね。

ただ破壊力に欠けますし時計が速い決着になると厳しいかもしれませんけど、これまでも強い相手と差のない競馬ができていますしキャリアも豊富。

おまけにまぎれの起きやすい舞台ですからね。堅実さがあり人気しないタイプなのでここも馬券圏内なら狙い目かなと思います。

持ち味はなんといっても先行してバテない渋太さ。

前走も内容のある競馬でしたから、ある程度の時計を要す展開なら粘っこい走りを見せてくれるでしょう。

 

☆サウンドテーブル

穴馬はサウンドテーブルで仕方なし。デビュー7戦目で初勝利を挙げましたが、その前走(小倉芝1800m)のレースが序盤は好位追走も向正面で一旦脚をためて直線外から差し切る粋な競馬でした。

結果的にはバテ合いの消耗戦となり、鞍上の好判断があっての浮上となりましたけれどもね。

ただ千八はおそらく適性距離だと思いますので、前々で競馬ができますから紛れが起こりやすいコーナー4つの小回りコースなら奇跡があってもいいのではないかと…。

周りの実績的たちと比べ未勝利上りですから人気になりませんけど、展開に恵まれて後続の凡走に助けられたら一発の可能性があるんじゃないかとみて穴馬はサウンドテーブルを推奨します。

 

相手はモンドキャンノなど

他にも相手には、朝日杯FS2着のモンドキャンノ。前回は直線サトノアレスの斜行を食らわなければきわどい勝負になっていた可能性があります。本質的に距離千八はベストでございませんが、今回もタメる競馬で追い込んでくるのでしょうか!?

デビューから4戦すべて3着内を確保しているアウトライアーズ。前回ひいらぎ賞(中山芝1600m)は直線だけの競馬で差し切りという圧巻の内容も多少展開に恵まれたところも?それでも抜群の瞬発力を持っており、過去にはカデナなど強い相手としのぎを削ってきているだけに軽視はできません。

中山2戦2連対のウインブライト。今回と同じ舞台だった前走の若竹賞は4コーナー大外を回って直線あっさり抜け出す強い競馬。内容的にバッチグーだったが、鞍上の松岡騎手は『自分が考えていたよりも晩成型なのかな』とコメントしており、これをどう受け止めたらいいのかスプリングステークスの予想において非常に頭を悩ませる存在なのは確かである。

7週連続メインレースの勝利記録が懸かる陽気なイタリアン騎乗のフリージア賞(東京芝2000m)勝ち馬トリコロールブルーまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎ 9 サトノアレス
○ B. 人気ブログランキングへ(エトルディーニュ)
☆ 2 サウンドテーブル
△ 6 モンドキャンノ
△ 8 アウトライアーズ
△10 ウインブライト
△11 トリコロールブルー

【3連複】
09,B → 02,06,08,10,11(計5点)
02,09 → 06,08,10,11(計4点)

というわけで馬券は3連複の軸2頭ながしで勝負します。本命サトノアレスと○粘っこいアノ馬から印を打った5頭。もうひとつ、サトノと穴馬サウンドテーブルから△印の4頭へ流してみます。(合計9点)

春の3歳G1に繋がる注目の発走時刻は15時45分の予定です!

以上、スプリングステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着8枠10番ウインブライト(牡3)56kg松岡1:48.45番人気
2着7枠8番アウトライアーズ(牡3)56kg田辺1:48.51/22番人気
3着6枠7番プラチナヴォイス(牡3)56kg和田1:48.61/26番人気
4着7枠9番サトノアレス(牡3)56kg戸崎1:48.73/41番人気
5着8枠11番トリコロールブルー(牡3)56kgMデムーロ1:48.7クビ3番人気
天候:晴 芝:良

 

◎ 9 サトノアレス 4着(1人気)
○ 5 エトルディーニュ 6着(8人気)
☆ 2 サウンドテーブル 11着(11人気)
△ 6 モンドキャンノ 10着(4人気)
△ 8 アウトライアーズ 2着(2人気)
△10 ウインブライト 1着(5人気)
△11 トリコロールブルー 5着(3人気)

スポンサーリンク

おすすめ記事

1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞予想
 -