【スプリングステークス2018予想】惑星はバールドバイか!?

2018年3月23日

3/18(日)中山競馬場で行われますスプリングステークス2018の予想をお届けします。

このレースは3歳馬による皐月賞トライアルでございまして中山芝1800メートルを舞台に争われます。ポイントはスタートから最初のコーナー、そして最後の直線が短いってところ。

馬券で大富豪になるための狙いどころは器用に立ち回れるバールドバイか?

ただ、最近のスプリングSの傾向からも上位人気馬が中心となっており、下位人気馬で上位に割って入るには特別なナニかが起きない限り厳しそうです…

ま、今年に入って1度も的中のない我輩はカモといっても過言でないわけだ。本日もみんなの期待を裏切らない予想をこの手で解き放ってみせよう!グハハハハ!

スプリングステークスの軸馬

ライトカラカゼ

前走・京成杯の予想でも本命にしましたが結果4着に敗れてしまいました。ま、4コーナー外から抜群の手応えで上がってきましたけど、最後はジリ脚になっちゃったのでね。展開的に厳しかったのかな?

【京成杯2018予想】穴馬はライトカラカゼ

重賞で好勝負するには現状まだまだ成長を待つ段階なのかもしれません。よく馬っ気を出すらしいですし…

ただ、前回と違って今度は前で競馬ができるようならチャンスがあってもいいような気がするんですよね。

ハイペースになった京成杯では中団外を回るキツい競馬しながらもけっこう渋太かったでしょ?それに対して2~3着の馬は序盤から後方でジッと脚を温存できたのが功を奏しました。

ライトカラカゼの4コーナーの行きっぷりを見たかぎり、自分の得意とする型ならココでもヤレると思うんです。

まあ前日オッズは11番人気と前走内容は評価されてないようです。そこんところは兄クリールカイザーと同じようにコース適性を味方にして穴をあけられたらなと思います。

ということで、再度ライトカラカゼ本命で勝負します!

 

ステルヴィオ

デビューから4戦2勝2着2回。負けた相手はともにダノンプレミアム。ロードカナロア産駒だがエンジン性能からして長いところもこなせそうだ。

今回は3ヵ月の休み明けになる。前回の朝日杯FSは直線でゴチャつき狭い間を割って2着を確保。

ここ2戦は絶望的なポジションから脚を伸ばしているようにポテンシャルは相当高い。ただし、反応が鈍いところが欠点でもあるため直線の短い中山コースでルメールがどういった騎乗をするのかポイントになると思う。

本番の皐月賞で宿敵ダノンプレミアムを負かすにはどうしたらいいのか。

ここでは実績最上位だが、今回は戦術を変えてくる可能性も少なからずあるため想定外な結果も頭の隅に入れておきたい。

 

バールドバイ

ぶっちゃけ共倒れの覚悟はしてますけど、ライトカラカゼを評価するならバールドバイも警戒しておかなければならない。2走前に接戦を演じてるのでね。

内から器用に抜け出して未勝利戦を脱出しましたが、これまで3戦して4着以下が一度もないもんですから可能性はあるのかなと…

最内枠に入りましたけど前に行けますし、鞍上は中山競馬っちゅうもんを知り尽くしている北村宏。

人気はないけれども機動力を活かした競馬っぷりはなかなかのモノ。もしかしたら惑星なのかもしれません。

 

印と買い目

◎ 13 ライトカラカゼ
○ 08 ステルヴィオ
▲ 01 バールドバイ

3連複 フォーメーション 19点
1頭目:13
2頭目:01,08
3頭目:全馬(09除く)

以上、スプリングステークス2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

レース結果

1着 08 ○ステルヴィオ(1人気)
2着 05 エポカドーロ(3人気)
3着 12 マイネルファンロン(6人気)

4着 01 ▲バールドバイ(10人気)
12着 13 ◎ライトカラカゼ(11人気)

マイナス1900円