【スワンステークス2017予想】カラクレナイ本当の力が見られるか!?

      2017/11/04

白鳥をモチーフとしたイラスト

10/28(土)京都競馬場で行われますG2スワンステークス2017の予想をお届けします。

白鳥のシンボルとして親しまれてきた淀の7ハロン戦。秋のマイラー決定戦マイルCSの前哨戦でございますけれども、去年12月に起きた鳥インフルエンザという悲しみを乗り越えて再出発するスワンの涙。

過去の傾向からも重賞実績馬が幅を利かせるレースだけに、一癖もふた癖もある重賞常連馬たちが今年も揃いました。

明日も雨の影響による特殊な馬場を想定しておかなければなりませんね。ただ、なんかしらんけど特別な思いがこみ上げてきちゃうなぁ…

本日は淀に舞い降りた白鳥に祈りを込めて予想をやっていこうと思います。

コース解説

まずは京都芝1400メートル外回りの舞台を簡単に説明しておきますね。

京都芝1400m(外)

スタートして最初のコーナーまでの距離が約512メートルと長いので枠順の有利不利はないです。しかし、どこのコースでも同じですけど、基本インをロスなく立ち回ってこれた方が有利にきまってます。

それでも、先行力や瞬発力など決め手がメンバー上位の馬なら心配いりませんので、外枠だけで嫌われるぶん配当が付いたりします。

最初のコーナー(3角)手前から出現する坂を上り、4コーナーに向かって下り坂。淀の坂というのはゆっくり上ってゆっくり下るのが常識的ですが、加速もついたまま直線に入るので外に振られるケースも多く馬群がバラけやすい。

インも恥ずかし気もなくパッカ~ンとあいちゃったりします。

最後の直線は404メートルで坂がない平坦な決勝線。そのため逃げ先行馬も踏ん張りが効きますけど、ほどよい長さの直線のうえ馬郡がバラけるぶん差し追い込み馬に飲み込まれることもしばしば。

外回りコースなので決め手を持っている馬にとって有利な舞台で、最後は持続力のあるスピードと瞬発力比べになるのでしょうね。以上。

 

予想確定

それでは今週も張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲けるスワンステークス2017の予想はこうなりました。

カラクレナイ

本命は千四に戻る今回こそが勝負駆けとなる カラクレナイ にしました。ま、先週・先々週と雨の影響で馬場も相当傷んでいるのでね。もしかしたら直線一気が見られるのでは!?

明日もぐずついた天気で道悪競馬の可能性がありますけど、パワー要するフィリーズレビュー(1着)の内容からも持久力があるので少々馬場が渋ってもこなせるとみています。

レーヌミノルを捕らえた直線の末脚はダテではありませんし、桜花賞ではソウルスターリングやリスグラシューらにちょい負けしたぐらいでしたからね。

1番人気に指示されたNHKマイルC(17着)は桜花賞の善戦した疲れもあったでしょうし、馬も走りたくないときだってある。

前走ローズS(芝1800m/14着)は距離が長いうえ、直線もファンディーナに進路を妨害される不利があり参考外。

カラクレナイの適性距離は1200~1600m。キレ味というよりも、いい脚を長く繰り出せるのが持ち味だと思います。

牝馬3歳世代の短距離路線ではレーヌと並んでトップを張るくらいの馬なので、今回年長の牡馬相手でも適性力と斤量(52キロ)の恩恵、そしてミルコ・デムーロ騎手のすぐれた腕前で頭だって狙えるんじゃないかと…

紅だぁー!!

道中折り合って運べたらカラクレナイの本当の力が見られるはずです。

 

レッツゴードンキ

相手はド根性娘レッツゴードンキで仕方ないでしょう。ただ、急仕上げで挑んだ前走スプリンターズS(2着)の反動が気になるところ。

終始インを立ち回って地力で来ちゃいましたからねぇ…

だけど、レース内容自体スローの決め手比べでダメージが残るような競馬でなかったのは事実。

そういったことから今回また1枠2番という立ち回りの巧さを生かせる枠順に入りましたし、稍重で行われた同舞台の京都牝馬Sを勝利した経験もありますからね。

上がり時計要する馬場状態を加味して馬券圏内の可能性は十分あるのではとみています。

 

買い目

本命は⑱カラクレナイ、相手は②レッツゴードンキですけど、連下は無理に印つけませんし絞ったりもしません。理屈では買えないような穴馬が黄金馬券をアシストしてくれますから。

【3連複2頭軸総ながし】
2・18 ⇒ 残り全頭
(合計16点)


結果:◎カラクレナイ16着 ○レッツゴードンキ3着
三連複2‐3‐4 ハズレ

というわけで馬券は、ハイゼンベルグの不確定性原理を応用してみたぶっちゃけ白鳥の湖ながしで勝負します!

ちなみに牝馬2頭が3着内に絡んだという事例は、まだ三連系やワイド馬券が発売されていない1993年以降ございませんのであしからず。

淀の池に祈りを込めて。注目の発走時刻は15時35分の予定です。

以上、スワンステークス2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 - 競馬予想, 重賞
 -