【宝塚記念2017予想】穴馬はミッキーロケット!

      2017/07/03

G1のトロフィー

6/25(日)阪神競馬場で行われます宝塚記念2017の予想をお届けします。

さぁ、春のドリームレース 宝塚記念 がやってきましたね!

このレースはファン投票で出走馬が決まるオールスター戦ですけれども、今年は投票の多かった上位馬たちが続々と出走を回避したことにより11頭立てのレースとなっちゃいました。

それでも101,621票を集めて堂々1位に輝いたキタサンブラックの存在は大きく、仁川のベットタウンは再びキタサン祭りで激しく盛り上がること間違いなしでしょう。

なんせ過去4年、8枠の馬が勝ち続けています。これはまさに海外G1制覇に向けたJRAからの接待レースといっても過言ではありませんよね。

そんなこんなで、近年は波乱傾向な宝塚記念のぶっちゃけ話。脇役に徹する馬だって黙って指を加えているわけではありません。

私自身この1週間、研究に研究を重ねた結果、馬券的デリケートゾーンに突っ込んでくる穴馬を見つけたのでした。

ズバリ言うわよ!

らったったー♪ミッキーロケットいかがでしょうか?

この馬は時たま見せるゲート恐怖症が課題でございます。

ただし、流れに乗った競馬さえできれば凄まじいほどのポテンシャルを発揮できる馬。

JRAが仕込んだ春のキタサン祭りというキャンペーン企画。

ミッキーのまるでロケット弾のような末脚の威力で一発風穴あけてくれるでしょう!そして、只今G1レース30連敗中の私が下す宝塚記念2017の予想とはいったい!?

攻略ポイント

阪神芝2200m

宝塚記念が行わる舞台は阪神芝2200メートルの内回り。ちなみにBコース(Aコースから直線部3m、曲線部4m外側に内柵を設置)を使用します。

詳しいコース形態に関しましてはコチラの「コース解説」の記事と照らし合わせて参考にしてみてください。

この条件は梅雨時のせいか馬場が渋ることが多いです。特に阪神コースは他場と比べて一番よく使い込まれる競馬場なので、激しい雨が降ると馬場が急速に傷んだりします。

近年では地味に牝馬の活躍が目立ちますよね。過去4年連続で馬券に絡んでいます。

まぁ『夏は牝馬』という格言がありますけど、人間でも暑い季節は何に対しても我慢強い女性の方が平然と仕事をやってのけたりしますから注意が必要。今年はミッキークイーンただ1頭のみです。

展開的には内回りコースなので向正面から誰かが仕掛けてきます。そうなると直線は時計のかかるタフなレース展開に。

つまり距離がギリギリな感じの馬よりも、近走2400メートル以上のレースを難なくクリアしている馬の方が役割をキッチリ果たしてくれると思います。

最強好きなボクが考えた宝塚記念を攻略するポイント

  • 渋った馬場、荒れ馬場を苦にしない馬
  • 牝馬に注目。期待値が高い
  • スタミナ勝負になりやすいので近走に長距離実績のある馬が馬券の中心

上記の要点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

 

予想確定

それでは本日も張り切ってやっちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎ミッキーロケット

本命はファン投票26位の ミッキーロケット で仕方ない。現在8人気なので、ささやかながら黄金馬券を演出してくれる穴馬になります。

ま、ゲートの中でソワソワ落ち着かない癖が課題でもありますけれども、エンジンの掛かりは遅いですがトップギアに入ると鋭い伸び脚が使えるんでね。

ここ2戦の凡走はスタートで後手を踏み、後ろからの競馬となったため本来の能力を出し切れていません。度外視可能です。

5走前サトノダイヤモンドにクビ差で負けた神戸新聞杯くらいのパフォーマンスが発揮できれば勝負になってもおかしくないと思い本命に決めました。

レースが行われる日曜日は傘のマークになっていますけれども、時計が速くなるパンパンの良馬場より雨で渋ってくれた方が去年の今ごろ北海道シリーズで頭角を現してきたミッキーロケットにとっては好都合。

前走後のコメント

7着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「ゲートの中でもぐろうとしたり、下がったりしていました。それでも出た方ですが、体勢がよじれた状態で出たので、行き脚がつきませんでした。力はこの中でも遜色ないと思いますが...」

引用元:【大阪杯】(阪神)~キタサンブラックが人気に応える

前走はG1の大阪杯だったのですが、あのキャラの濃いメンバーに対して力は引けを取らないと和田ジョッキーも自負していますからね。

今回はゆったりとしたローテーションなので若干馬体の太め残りが気になりますが、最終追い切りでびっしりと仕上げてきた感はあります。

距離延長もプラスですし、あとは序盤の攻防ですね。

緊張のゲートの中をどうやって過ごすことができるか!?

ゲートというのはスタートラインを仕切る発馬機と呼ばれる装置でありますけど、1頭ごとに枠で仕切られた中は狭いわ閉じ込められるわ不安やわで大抵の馬が嫌がる恐怖の空間。

行き脚つかずに敗れた前走後、陣営からゲートに縛り付けられる酷い仕打ちを受けたそうです。かわいそうに…。

まぁ、ロケットスタートをかまして欲しいとは言いませんが、まずまずのスタートから前めで競馬ができたら直線は究極の末脚で突っ込んでくると見ています。

てなわけで、宝塚記念の穴馬はミッキーロケットを推奨します。

 

キタサンブラック

まだ今年はG1レースしか使われてないキタサンブラックですが、大阪杯天皇賞春 を2連勝。ともに横綱相撲のような堂々とした立ち振る舞いでの勝利でした。

宝塚記念の結果次第では秋に行なわれる凱旋門賞など海外でのレースも視野に入っている状況なので、ココも楽に決めて世界に羽ばたいて欲しいという願いがありますけれども。

ま、不確定要素が多い競馬ですし、少頭数とはいえ相手もいるわけですから決して楽な勝負になるとは決めつけられません。

昨年の宝塚記念は3着に敗れましたが、速いペースで逃げて最後まで踏ん張ってましたからね。敗れはしましたけど内容的に強かった競馬なのは確か。

今回も去年と同じローテーションで挑むわけでありますが、先行押し切りタイプで文句のつけようがない条件。

爆走した天皇賞春の疲労残りや、アクシデントがない限り馬券圏内は外さないと見ていますが結果はどうなるでしょうか?

 

シュヴァルグラン

阪神大賞典2着・天皇賞春2着のシュヴァルグランは去年の宝塚記念9着も、勝負所で前のアンビシャスが下がってきてポジショニングが悪くなりましたし、最後の直線も内でドン詰まりのレース内容でしたから参考外でいいでしょう。

この馬は中団前めの位置から末脚の持続力を活かすのが理想なので、道悪よりも高速馬場の方がベストパフォーマンスができそう。

ただ近走はキタサンブラックやサトノダイヤモンドと差のないレースをしてきているだけに、まだ良績のない2200メートルですが軽視はできない存在だと思います。

あとは不利さえなければですね。

 

シャケトラ

日経新春杯2着・日経賞勝ち馬のシャケトラはこちらの記事「宝塚記念2017予想オッズと危険な人気馬!?」でも書きましたが、まだ一線級相手に地力勝負になると分が悪い感じがします。

そういったことからも今回は見送りする予定でいたのです。

ただし、キタサンブラック武豊が作り出すえげつないほどの高速ラップと、雨の影響で馬場が悪化すると他の実力馬が苦しむぶん恩恵を受ける可能性だって出てきちゃうんですよね。

消耗戦の体力勝負に打って付けのような馬ですし、3連複フォーメーションの3頭目に抑えさせてください…汗

 

印と買い目

◎①ミッキーロケット
○⑩キタサンブラック
▲⑤シュヴァルグラン
△②⑥⑦⑪

【3連複フォーメーション】
1・5・10 ⇒ 1・5・10 ⇒ 1・2・5・6・7・10・11
(合計13点)

というわけで馬券は的中と回収のバランスを重視した3連複フォーメーションで勝負します。

本命穴馬ミッキーロケット、対抗って言っちゃ失礼ですが国内の現役最強馬キタサンブラック。そして単穴シュヴァルグランを1~2頭目に配置したフォーメーション攻撃で、シャケトラなど△で抑えた馬たちに流してみたいと思います。

少数精鋭にこだわった今年の上半期の総決算!注目の発走時刻は15時40分の予定です!

以上、宝塚記念2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着8枠11番サトノクラウン(牡5)58kgMデムーロ2:11.43番人気
2着2枠2番ゴールドアクター(牡6)58kg横山典2:11.53/45番人気
3着7枠8番ミッキークイーン(牝4)56kg浜中2:11.71 1/24番人気
4着6枠6番シャケトラ(牡4)58kgルメール2:12.01 3/42番人気
5着6枠7番レインボーライン(牡4)58kg岩田2:12.31 3/47番人気
天候:曇 芝:稍重

 

◎①ミッキーロケット 6着(8人気)
○⑩キタサンブラック 9着(1人気)
▲⑤シュヴァルグラン 8着(6人気)
△②ゴールドアクター 2着(5人気)
△⑪サトノクラウン 1着(3人気)

≪三連複フォーメーション13点≫
1頭目:①⑤⑩
2頭目:①⑤⑩
3頭目:①②⑤⑥⑦⑩⑪

ハズレ

 - 競馬予想, 重賞
 -