【東海ステークス2018予想】穴馬はシャイニービーム

2018年1月22日

1/21(日)中京競馬場で行われます東海ステークス2018の予想をお届けします。

1番人気が絶大な信頼を寄せるフェブラリーSの前哨戦ですけど、去年は2着3着に二桁人気が仲良く入って超高配当決着となりました。

年明け早々のダート重賞ということで気の緩みでもあったのでしょうか、今年も伏兵の予期せぬ激走には注意を払っておきたいところでございます。

その為にもワタスクリニックはUFJ資料館にて東海道五十三次をじっくり鑑賞してまいりました。ここぞというときの有松絞りのネクタイをキュッと締めて、どえりゃーうまい穴馬を導き出してみましょうか。

らったった~♪尾張と三河の境目で争われるお江戸日本橋への優先出走権!果たして私が下した東海Sの予想とはいったい!?

予想確定!!

中京ダート1800メートルを舞台にして繰り広げられるのは、中央競馬ダート重賞の開幕を飾るG2東海ステークス。

それでは早速ヤッちゃいますよ。小さなリスクで大きく儲ける私の本命・対抗はこの2頭です!

シャイニービーム

「精神面が成長して、馬混みでも競馬ができるようになった」と調教師が言うように、以前の揉まれ弱い姿が影を潜めて安定して走れるようになったのが大きい。

前走ベテルギウスSは好位のインから直線もしっかり踏ん張っての3着だった。3~4コーナーでは早くもジョッキーの手が動いていたけれども、最後までへこたれないのがシャイニービームの強みでもある。

結果的に先行馬が崩れる展開も、しぶとく馬券圏内を確保した内容を私は評価した。

今回は重賞ということで強力な先行馬がいる。そうなると付いていけるのか心配になっちゃうが、スタミナ勝負には打ってつけのタイプだと思うし、持ち前のしぶとさを発揮して中京の長い直線どこまで食い下がれるかになるんじゃないかな。

ま、決め手こそ平凡に映るけど前目で競馬ができるぶん展開ひとつで奇跡があっても不思議はない。

今回初タッグを組むYナカタニといえば矢作厩舎の馬がピンとくるのだけど、2月いっぱいで定年する福島調教師に花を添えるような結果でファンを熱狂させてほしい。

テイエムジンソク

今回は断然人気となりそうで、もしもこの馬が4着以下に敗れるようなことがあればスゴイ配当になっちゃいそうでコワイ…汗

とはいえ、外国人ジョッキー不在のメンバーならファンキー☆フルカワ騎乗馬で何ら不安なし。

同舞台で行われた前走チャンピオンズC(2着)は、初めての大舞台でも臆せず道中2番手から直線ゴール前で粘り込んだコパノリッキーをしっかり交わしてみせた。

ま、勝った馬は除くとして先行した馬がそのまんま残る展開でしたよね。ただし、ぺースうんぬん最後は能力の高い馬しか残れなかったことを忘れてはならない。

幸いにもG1にしてはダメージが残らない競馬だったし、今回のメンバー構成もずいぶん楽になるのだからね。

まあ、アクシデントがない限り4着以下に沈むことは考えられない。だがしかし、こうした雰囲気の中で超高配当が飛び出したりするのが競馬の恐ろしさなのでもあります…

買い目!!

ということで本命穴馬は②シャイニービームで、そして超本命級の馬に対抗と言っちゃファンに怒られるかもしれないですけれども⑧テイエムジンソクが相手の3連複2頭軸で勝負します!

連下は超大穴が来ても構わないように全通り流しでイッちゃいます!

【3連複2頭軸総ながし】
2 – 8 – 全馬
(合計14点)

波乱必至の前哨戦。今年もデラウマ馬券となるのでしょうか!?注目の発走時刻は15時25分です。

以上、東海ステークス2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

追記:結果と敗因

天候:晴 ダート:良
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着4枠8番テイエムジンソク(牡6)56kg古川1:51.81番人気
2着3枠6番コスモカナディアン(牡5)56kg丹内1:51.93/413番人気
3着2枠3番モルトベーネ(牡6)56kg秋山1:52.966番人気

本命シャイニービーム15着(11番人気)
出ムチを入れながらのスタートとなりましたが、最初のコーナーでジョッキーが立ち上がる様子が一瞬チラッと映りました。揉まれ弱さが解消してきたとはいえ、こりゃあ厳しくなるぞと。

私の場合いやな予感の方が当たることが多いのですけれど、やはり勝負どころは手応えが悪く直線坂下でいっぱいに…

敗因はジョッキーもコメントしておりましたが、1コーナーの不利で気持の整理がつかず追走で力んじゃいましたかね。いつものしぶとさを発揮できずに終わりました。

最近はメンタルの成長もあって前に行けるし面白いかもと思って本命にしたわけですが、それ以前に重賞では力の差も感じられました。

それでもまだ6歳ですし、まずオープン特別で揉まれながら力をつけていってね。どこかで勝利して、また重賞にチャレンジしてもらいたいです。

いやあ、今年はのっけから自分の◎がブービーばかりでマジきっついなぁ…苦笑

対抗テイエムジンソク1着(1番人気)
力通りのレースを見せてくれてひと安心です。

逃げ切り勝ちでしたけど、フェブラリーSまで無事に行ってくれるなら軸にして問題ないでしょう。

あとは先行力がしっくり合うので、内枠にぶち込まれたときの対策だけだと思います。