【チューリップ賞2017予想】ソウルスターリング連勝街道ばく進!

      2017/07/03

3/4(土)阪神競馬場で行われますチューリップ賞2017の予想をお届けします。

さて、今年もお花畑が満開になる季節がやってきましたね!

3月は昔からお祝いごとが多い時期ですし、競馬とは無縁なイメージさえある全国の花束愛好会の皆様も唯一注目するのが桜花賞トライアルのG3チューリップ賞だと思っています。

その心は、毎年といって言いほど牝馬のスターホースが実力を競い合うことで有名な舞台でありまして、2017クラシック候補のソウルスターリングリスグラシューの再戦に全米が首ったけ。

つまり、上位3頭に 桜花賞 への切符が与えられる3歳牝馬の重賞競走。ぶっちゃけ上で挙げた2頭によるマッチレースが濃厚でもあり、残りの1枠を誰が手に入れるのかが今回のテーマとなるのです。

先週は強烈な六甲おろしが吹き荒れましたが、今週も1頭ビックリするようなお馬さんの雪崩れ込み注意報が発令中です。

果たして不運のヒーローとして伝説になりつつある私が下すチューリップ賞2017の予想とはいったい!?

攻略ポイント

阪神芝1600m(外)

舞台は阪神芝1600メートル外回り。Aコース(内柵を最内に設置)を使用します。

向正面の中央からのスタートでございまして3コーナー目指して坂を上り、4コーナーにかけて下っていきます。

最後の直線はおよそ474メートルありまして、その間に高低差約2メートルの坂を駆け上がってゴールインするコースとなっております。

基本は序盤から坂を駆け上がるのでペースは緩め。下り坂の4コーナー手前辺りから加速が増して終いの瞬発力勝負となることが多いです。

そのため後ろで脚を温存しながら運んだ馬が有利になるわけですけれども、この時期の阪神の馬場は野芝と洋芝をミックスさせた仕様ですから時計がかかる舞台設定なのでございます。

そのぶん持ち時計のない馬でも好走できちゃうので、マイペースで行けた逃げ先行馬やダートを使われてきた伏兵馬には警戒しておきたいところ。

このレースに限ったことではございませんが、阪神のマイル戦は過去にこういった馬たちが人気馬の一角を崩して割って入ってきたりしますからね。盲目的にならないように気をつけたいです。

チューリップ賞を攻略するポイントとして、最強好きなボクが考えた注意書きは以下の4点

  • 直線の上がり勝負
  • 逃げた馬も残ったりする
  • 勝つ馬は優秀な決め手がある
  • ダートを使われてきた初芝の馬にも注意

この4点を肝に銘じながら予想をしてみたいと思います。

おわり

 

予想確定

それではよろしくお願いいたします。小さなリスクで大きく儲ける私の予想はこうなりました!

◎ソウルスターリング

本命は2歳女王を信じてソウルスターリングにしました。やっぱ前に行けて終いもまとめる決め手が使えますので底を見せる姿が想像つきません。

先週アーリントンカップを勝利したペルシアンナイトですか?あの馬は強かったですよね。

ま、去年の秋の話になりますけどアイビーステークスで負かした相手ですからね。ぶっちゃけ力はどっこいどっこいの可能性もありますけれども、ソウルスターリングも更なる成長を期待したいところであります。

相手筆頭のリスグラシューは前回ハマった可能性もありますし、未知の魅力で怖いのは札幌で唸るような末脚みせたミスパンテールぐらいでしょう。

まぁ今回のチューリップ賞のメンバーというか同世代が相手ならいつでもどこでも一気に突き進むだろうなと見ておりますので素直にソウルスターリング本命でいいでしょ。

勝負事の幸運は初心者に引き寄せられやすいビギナーズラックという言葉があります。競馬歴21年の僕ちんはもう一度初心に帰って競馬を楽しみたいです。

軸馬は1番人気濃厚のソウルスターリングなので高配当は望めませんけども、ささやかなプレゼントくらいなら可能性がありますのでね。

ここらで流れを変えて春のクラシック戦線をばく進したいと思います

 

☆は一瞬の隙を突きそうなアノ馬!

ささやかな好配当をアシストする穴馬です → D. 人気ブログランキングへ(レッドリボン)

当ブログの紹介文に馬名を記入しましたので、どうしても気になる方は確認してみてください。

馬力と上がりの速さを求められるコースなので、人気の盲点となっているDの末脚に私は恐怖さえ感じます。

これまで水準以上の相手と互角に渡り歩いてますから力はそれなりにあると思いますけど、しかし現時点2ケタ人気は舐められすぎのような。

ま、ちょっと気難しいところでもあるのでしょうか?

それでも終いの脚はいいモノを持っているんでね。

勝ち負けまではどうかなと思いますけども、桜花賞への片道切符ぐらいは手に入れても不思議ありません。

チューリップ賞はソウルスターリングとリスグラシューが圧倒的な人気を集めるぶん、ノーガードからのクロスカウンターに注意でしょう。

 

相手はリスグラシューなど

他にも相手には、去年のチューリップ賞勝ち馬シンハライトに続く姉妹制覇に注目のミリッサ。現実的には3着までの可能性が高いか!?

ここまで4戦すべて連対中で武豊騎乗のリスグラシュー。本質的にはもう少し距離が欲しいが、終いの脚がドリームファンタジーなスレンダー美女!

前走はラスト600メートルだけの競馬も絶品な脚は見せたダノンディーヴァ。ソフトな馬場より硬い馬場の方が合いそうだが、鞍上はお調子者なミルコ・デムーロ。重賞は5週連続Vが懸かってるだけに勝ちにいく競馬で返り討ちに遭う可能性も!?

キャリア1戦の身で7ヶ月ぶりの実戦。普通なら敬遠したいところだけど、デビュー戦の内容から怪物級かもしれないミスパンテールまで抑えておきます。

 

印と買い目

◎10 ソウルスターリング
○ 3 リスグラシュー
▲ 7 ミスパンテール
☆D.人気ブログランキングへ(レッドリボン)
△ 1 ミリッサ
△ 6 ダノンディーヴァ

【三連複】 10 → ☆,01,03,06,07(合計10点)

というわけで馬券は3連複の軸1頭ながしで勝負します。本命ソウルスターリングから、穴馬☆など印を打った5頭への流し馬券です。

祝・連敗街道脱出への発走時刻は15時35分です!

以上、チューリップ賞2017の予想でした。
どうもありがとうございました。

 

追記:レース結果と予想結果

着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着7枠10番ソウルスターリング(牝3)54kgルメール1:33.21番人気
2着6枠7番ミスパンテール(牝3)54kg四位1:33.527番人気
3着3枠3番リスグラシュー(牝3)54kg武豊1:33.61/22番人気
4着1枠1番ミリッサ(牝3)54kg福永1:33.73/43番人気
5着2枠2番カワキタエンカ(牝3)54kg和田1:33.81/28番人気
天候:晴 芝:良

 

◎10 ソウルスターリング 1着(1人気)
○ 3 リスグラシュー 3着(2人気)
▲ 7 ミスパンテール 2着(7人気)
☆ 9 レッドリボン 8着(10人気)
△ 1 ミリッサ 4着(3人気)
△ 6 ダノンディーヴァ 6着(4人気)

3連複 3‐7‐10 1,630円

いや~長かったです…涙
自信あったので予告どおり久々の的中が来ました!
みなさんのおかげです。ありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1
競馬回収率120%超の買い方

競馬回収率120%超えは難しくみえて案外簡単にできちゃうもんです。 なぜかという ...

 - 競馬予想, 重賞予想
 -