【ヴィクトリアマイル2018予想】本命レッツゴードンキ!

ハートとリボン

ヴィクトリアマイル2018の予想をお伝えします。東京芝1600mを舞台に争われるこのレースはムンムンとした妖艶さを漂わせる牝馬の祭典でございます。本命はレッツゴードンキにしました。

なかなか勝ち切れない馬で折り合いがカギになりますけれども、立ち回りの巧さがあってどんな競馬もできる万能娘!

今回に関しましては陣営もある対策を打ってきたのでね。母マルトクに感謝のプレゼントがあるかもしれませんよ。果たしてG1レース48連敗中の予想とは!?

ヴィクトリアマイルの予想

東京芝1600mのコース  

このレースは4歳以上の牝馬による春のマイル女王決定戦。ズバリ狙いどころはG1級のどんでん返しでしょう!

レッツゴードンキ

早速ヤッちゃいましょうかね。本命はド根性娘レッツゴードンキで仕方なし。なんせG1に限れば1勝2着5回のスペシャリストなのですから人気でもケチつける理由ナッシング。ま、ヴィクトリアマイルに関して過去2年連続で出走しており、それぞれ10着・11着といいところなし。ぶっちゃけ苦手な分野なのかもしれません。距離も若干長そうですし…。

ただ、2戦ともまともな競馬ができていませんでしたからね。まだ完全な力負けとは思えません。なぜかというと馬が行きたがっちゃって鞍上の岩田騎手も立ち上がるような、何か不自然な態勢で乗ってたでしょ?

つまり、人馬の折り合いがまったくついていませんでした。そりゃあスプリント戦を走ったあとなので速く走らなきゃという健気なところが最高に可愛い馬ですけども。まあ、直線を迎える前から余計なエネルギーを消費しちゃったぶん、ここからというところでガス欠みたいな。過去2戦はそんなレース内容だったと思います。

その敗戦から如何にリラックスして臨めるか。今回のテーマはまさにそれで、陣営は必要以上にテンションが上がらないように折り合い重視のソフトな調整を施してきましたからね。

これが3度目の正直。結果は吉と出るのか凶と出るのか分かりませんけど、中団~後方のポジションで経済コースを立ち回りながらジッと我慢。ほんで最後の直線は馬郡を捌きながら上がってくるような。そんなレースプランを描いていると思います。

アドマイヤリード

対抗はアドマイヤリードで仕方ないでしょ。ま、前走の阪神牝馬ステークスは4着に敗れてしまいましたが前が詰まって追えなかったぶんもありましたからね。それにこの馬としては珍しく好位からの競馬でしたので。おそらく本番を見据えた試し乗りだったと思います。そのためガツンとくる脚が見られませんでしたけども。

やっぱ何だかんだ言っても去年の当レース勝ち馬ですからね。最後の直線で2頭の狭い間を強引にこじ開けてきた勝負根性がハンパなかったです。今年も馬券圏内に突っ込んでくると思います。

そして、今回も手綱を握るのはミルコ・デムーロ。言わずもがな2頭軸の相手に最適なジョッキーですからね。そろそろ長い連敗街道から脱出できるんじゃないかとドキドキしております…

印と買い目

◎ 01 レッツゴードンキ
○ 11 アドマイヤリード

馬券は◎○の3連複2頭軸。相手は全通りながしです。

01 - 11 - 全馬(計16点)

以上、ヴィクトリアマイル2018の予想でした。
どうもありがとうございました。

レース結果

天候:雨 芝:稍重 3連複:8,850円
着順馬名(性齢)斤量騎手タイム着差人気
1着2枠4番ジュールポレール(牝5)55kg1:32.38番人気
2着8枠16番リスグラシュー(牝4)55kg武豊1:32.3ハナ1番人気
3着3枠6番レッドアヴァンセ(牝5)55kg北村友1:32.3クビ7番人気
4着5枠10番アエロリット(牝4)55kg戸崎1:32.41/23番人気
5着1枠2番ミスパンテール(牝4)55kg横山典1:32.61 1/44番人気

予想結果

◎ 01 レッツゴードンキ 6着(6人気)
○ 11 アドマイヤリード 8着(2人気)

-1600円