【米子ステークス2016予想】ダイシンサンダーの雷鳴がとどろく末脚!

      2017/06/26

6/19(日)阪神競馬場のメインレース(11R)、米子ステークスの予想をお届けします。

このレースは3歳以上のオープン特別でWIN5対象レースでございます。もともとハンデ戦で行われていたのですが2013年から別定戦に変更されました。

現在(18日午前1時)まだ枠順が決まっていないのですが出走馬は確定していますので、阪神のマイル戦で9頭立てのレースなら枠順は神経質になるほど気にしなくてもいいでしょ。

レースのポイントは上がりの脚だと思います。外回りコースで少頭数の一戦に加え、逃げ馬もおりませんのでスローペースからの直線勝負になりそうです。そういったことからも終いの脚が使えるお馬さんが中心になるでしょうね。

ちなみにオレの中で米子ステークスと言えばサワノパンサーが印象的でした。

12,13年と2年連続で2着にきたお馬さんですけれど人気は18,10人気と低評価でした。とくにハンデ戦で行われていた2012年が圧巻のレースでした。1着フラガラッハ(11人気)、2着サワノパンサー(18人気)、3着ミッキードリーム(12人気)の決着で3連単は1200万馬券、3連複でも170万円も付くまさにドリーム馬券の立役者となったわけです!

そして翌年のレースは長期休み明け約1年ぶりのレースだったにも関わらず外からしっかりと伸びて再び穴をあけたのです。阪神コースはそこまで光輝くような成績でもなかったのですが、とにかくこの馬は休み明け初戦のレースで頑張る個性的なお馬さんだったのです。

その証拠に3ヶ月以上の休み明けが【3-3-0-1】という素晴らしい成績を残しております(唯一の馬券外は2015年引退レースとなった六甲ステークスの11着)

もちろん2年連続米子Sで穴をあけたときも休み明けでした。

当時、穴馬探しが絶望的にヘタクソで苦しみもがいていたオレに「穴馬の見つけ方はこう言った狙い方もアリなんだよ」とサワノパンサーがそっと教えてくれたのでした。

さて、鳥取県と言えばゲゲゲの鬼太郎でおなじみの漫画家水木しげるの出身地として有名でありますが、じつは鳥取県米子市はどら焼きの生産量が日本一いや世界一のまちなのでございます。

こんなことを知ってしまった以上『歌って踊れる競馬予想師』の異名を持つオレにとって米子ステークスの予想は、どら焼き大量発注に人生を賭けるしかありませんね!

ちょっとカロリーが高めなのでこんな真夜中にというか就寝前に食べることはお勧めできませんけれども、皆さんとココでお会いできたのも何かの縁があるからこそです。さあ一緒にぶっちゃけ競馬でドラえもんになりましょう!

スポンサーリンク


コース解説

まずは阪神芝1600メートル外回りを簡単にしておきますね。ちなみに今週からBコース使用となります(Aコースから直線部3.0m、曲線部4.0m外側に内柵を設置)
 
阪神芝1600m(外)
スタートしてから最初のコーナーまで距離があるので枠順の有利不利はないです。

展開としては最後の直線が内回りコースよりも約100メートル長く、おまけにラストは急坂も待ち構えているためスローの瞬発力勝負になりやすいです。

脚質は差し追い込みが有利。なぜかと言うと、4コーナー途中から下り坂になるので勝負所で加速をつけられます。そして直線入口では下り坂で勢いを付けた各馬が外に膨れやすく馬群がバラけるのも特徴的で、直線も長く急坂が待ち構えているので並みの先行馬なら失速しスムーズに上がって来られる差し追い込み勢がゴール前でドドーン!と押し寄せてくるのです。

血統的にいえば瞬発力が優れるディープインパクト産駒が圧倒的に好走していますので、軸馬としては人気どころのディープ産から入れば馬券も当てやすくなると思います。

予想確定

それではお待ちかね!小さなリスクで大きく儲ける米子ステークス2016の予想はこうなりましたけど。

◎ケントオー

本命は終いの決め手があるケントオー。この馬は京都のイメージが強いが阪神でも十分やれる。

前走の安土城Sは1400mのレースだが8着に敗れた。テンの速い馬がそろっていたメンバーで序盤から後方に置かれ、道中は外を回り4コーナーも外を回っていた。そのぶん脚を溜めるところがなかったので直線はピリッとした脚を使えなかった。

ただ、こういった敗戦は疲れが残らない敗戦だとオレは思っているので、今回のベスト距離ともいえるマイル戦こそが勝負ではないかと推理した。

まだ重賞なら末脚に磨きをかける必要があるが、それでもこのメンバーなら能力的にも上位だと思うので格好をつけていいだろう。

当面の相手は切れ味が鋭いクイーンズリングだが、男馬の中でのメス馬なのでレースに行って何が起こるかわからない。まだ4歳と若いからね。

今回は9頭立てで道中は脚も溜めやすい。ケントオーの直線一気の末脚に期待したいところだ。

☆ダイシンサンダー

過去に2度オープン特別に出走した経験があるが、両レースとも人気を集めながらも苦杯を喫していた。果たしてみたびの挑戦となる今回はどうか。

ただ、前走の錦S(1着)で見せた雷鳴が轟くような直線の切れ味は侮れない。距離もマイルがベストのようにも思えるし、この手薄なメンバー構成なら上位食い込みも可能ではないか。

印と買い目

◎ 1 ケントオー
○ 3 クイーンズリング
▲ 7 ガリバルディ
☆ 5 ダイシンサンダー

【三連複】01 - 03,05,07(合計3点)

というわけで馬券は、◎ケントオーから印を打った馬に、三連複の軸1頭流しで攻めます!発走は15時35分です!

以上、米子ステークスの予想でした。
どうもありがとうございました。

 

予想結果

◎ 1 ケントオー 4人気1着
○ 3 クイーンズリング 1人気2着
▲ 7 ガリバルディ 2人気5着
☆ 5 ダイシンサンダー 3人気3着

3連複 880円

 

スポンサーリンク


 

 - 特別戦の予想, 競馬予想
 -